「婚活パーティーに参加しても、なぜか中々出会いに結びつかない……」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

婚活パーティーはただやみくもに参加するだけでは、気になる相手をゲットすることは難しいのです。

出会いを掴むコツを知り実践することで、結婚相手の候補になる素敵な相手とお付き合いができるようになります。

今回は婚活パーティーでの素敵な出会いに憧れる方、参加してもなかなか出会いに結びつかない方に向けて、婚活パーティーで出会いを掴む5つの方法をご紹介します。
婚活パーティーで出会いを掴む方法5つ
イラスト作成:BUSON

出会いを掴む方法①:第一印象の重要性を理解し改善する

左耳にピアスをつけようとしている女性

婚活パーティーで出会いを掴む方法の一つ目は『第一印象の重要性を理解し改善する』という内容ですが、具体的にどのような行動を取ればよいのでしょうか?

第一印象で仲が深まるかが決まる

第一印象が悪いと、どんなにあなたが魅力のある女性だったとしても、なかなかお目当ての相手とは仲が深まりません。

たとえば本当は几帳面できれい好きなのに、強風で髪が乱れたまま会話をしていたり、おしゃべりをするのが得意なのに、緊張しすぎてうまく話せないでいたりすると「ちょっとイマイチかも……?」と相手に思われてしまう場合もあるということです。

第一印象を良くするには?

では第一印象をよくするには具体的に何を改善すればよいのでしょうか。

最低限注意すべきなのは、
●婚活パーティーが終了するまで清潔感をキープする
●会話をするときは常に笑顔で
●派手で気合いを入れすぎた見た目にしない
この3つです。

こまめにお手洗いで身だしなみをチェックする、緊張していても笑顔を心がける、メイクや服装は控えめなものにするなど注意をすれば、あなたの第一印象は今より更によいものとなるでしょう。

「3つの項目はすでにクリアしているはず」と思っている方でも、気が付かずに見落としている可能性があります。

完璧と思っていても、一度は自分の第一印象に問題がないかどうか振り返っておきましょう。

出会いを掴む方法②:ポジティブで偏りのない会話を心がける

イベントで乾杯する男女

では次に、『ポジティブで偏りのない会話を心がける』という方法について詳しく説明します。

話題が少ない、ネガティブなことばかりでは出会いにつながらない

何か一つのことに熱中するのは決して悪いことではありませんが、出会いを見つけるとなるとまた話は別です。

たとえば、映画鑑賞があなたの趣味だとして、映画についての話には詳しいけど他の話題についていけなかったとします。

相手も映画好きなら話は盛り上がるでしょうが、そうでないと「すこし反応が悪いな」「この人は映画以外には興味がないのかな?」と思われて、せっかくの出会いを逃してしまいかねません。

自分に自信がなく「私なんて」というネガティブな発言が多い方も「暗そう」「お付き合いしても楽しくなさそう」と思われてしまうのでマイナスです。

話題の幅は広く浅く、ポジティブな発言を心がけて

話題を増やそうと思って色々なことに深く入り込もうとし、だんだんとそれに疲れてしまい、途中で投げ出してしまう方もいます。

しかし深く入り込む必要はありません。
『広く浅く』を心がけて、色々なことに興味があるという気持ちを伝えることが大切です。

たとえば好きな本を聞かれたときに「本のことはわかりません」と答えるのではなく「あまり読まないけれどミステリーなら興味があります!」と答えるということ。

そのほか、相手から褒められたときは謙遜しすぎず「嬉しい」「ありがとう」など、素直でポジティブな発言をするのがおすすめです。

出会いを掴む方法③:プロフィールカードを最大限に有効活用する

ソファで歓談する男女婚活パーティーで『プロフィールカード』は、使い方次第で出会いを掴めるかどうかが変わってくる重要アイテムとなるので詳しく説明しましょう。

適当に記入していると本気度が伝わらない

プロフィールカードは名前以外に、趣味や好みのタイプなどを記入する項目があるはずです。

その内容が極端に少なかったり「喋ればいいや」と思い、適当に記入をしていたりすると相手に本気度が伝わりません。

その結果「この人は遊びで参加しているのかな」「本当はすでに付き合っている人がいるのでは」と思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

内容はしっかり、自分と相手のカードを有効活用して

『しっかり書く』と言っても、どの程度が手を抜かずに書くということなのかには、個人差があります。
気合いを入れすぎて、文字を読むのが大変な量を書いてしまうと、めんどうに思われて逆効果です。

そのため、一つの項目につき、文章は短めにして2〜3つほどにまとめて書くと読みやすく、伝わりやすいプロフィールカードになるのでおすすめです。

自己アピールをするときはカードに書いた内容を話題にして、上手に自分をアピールしましょう。

相手のプロフィールカードもしっかり確認をして、共通点や気になることがあればぜひ話題の一つにしてください。

『相手のカードを見る=相手に興味がある』ということを示すと覚えておきましょう。

出会いを掴む方法④:「今日、絶対相手をゲットする!」と思わない

男女が隣に座って話しをしている

婚活パーティーや日常生活でなかなか相手が見つからないと「今日こそは必ず相手をゲットする!」と意気込んでしまいがちですが、実はこれ逆効果なのです。

気合いが伝わりすぎると相手は引いてしまう

婚活パーティーに参加している方は、もちろん本気の出会いを探していて「良い相手を今日見つけられたらな」と思っています。

しかし「絶対に相手を見つける!」「今日こそは失敗しない!」と強く思いすぎるあまり、相手が引いてしまうくらいの気迫やオーラが出てしまうことがあります。

グイグイ攻める肉食系女子が好みの男性も中にはいるでしょうが、どちらかと言えば、おしとやかで奥ゆかしい雰囲気の女性を好む男性が多いと覚えておきましょう。

一歩引いて、間違っても「今日必ず」というワードは出さない

相手に引かれてしまうのを避けるには、常に一歩引いた態度を心がけ、自分の話ばかりするのではなく『聞く姿勢』を大事にすることです。

自分の話をしたあとに「あなたはどうですか?」と相手の話を引き出すような会話を心がけるとよいでしょう。

そして「今日は必ずカップルになりたいと思っています」「惨敗続きなので今日こそは成功したいです」などのワードを出すのは危険です。

気合いを入れすぎると相手が引くだけでなく、喋りすぎたりあなたの魅力がうまく引き出せなかったりと、婚活失敗につながる可能性があります。

「今日良い人と出会えたらな」くらいの気持ちでいるほうが、自然体のあなたを見てもらえます。

出会いを掴む方法⑤:一人の相手だけに絞らない

笑顔で乾杯している女性

「素敵!」と思った相手に積極的にアピールするのは良いことですが、たった一人だけに絞るのは出会いの幅を狭めてしまう可能性があるのです。

一人だけにロックオンするのはもったいない

良いなと思った人に積極的にアピールするのはもちろん悪いことではありません。

しかし、もしその人とうまくいかなかったときに、一人だけしか連絡先を交換していなければ、また振り出しに戻ってしまいます。

他にもあなたに合う男性がいるかもしれないのに、一人だけとしか交流しないのは出会いの幅を狭めてしまうのでもったいないことです。

二〜三人くらいと連絡が取れるように心がける

婚活パーティーは一対一のお見合いではないので、複数の男性と仲良くなるチャンスに溢れています。

そのため、気に入った一人の男性とだけ交流するのではなく、できるだけ多くの男性と交流するのがおすすめです。

そうすればあなたに合う男性が何人か見つかるでしょうし、はじめに素敵と思った男性よりさらに良い方が見つかるかもしれません。

婚活パーティーで出会いを掴むには『たくさんの人と交流して二〜三人と連絡先を交換する』という気持ちで挑むのがベスト。

視野を狭めてせっかくの出会いを逃さないよう注意してください。

出会いがあるか否かはあなた次第

左手にハートを乗せている女性

前向きに結婚を考える人が集まる婚活パーティーは、友人の紹介や職場恋愛などの一般的な出会いよりも、結婚の可能性が高いといえるでしょう。

しかしそこでチャンスをものにできるかは、あなたの心掛けや言動にかかっています。

参加する婚活パーティーを見極め、男性に良い印象を与えるように心がけるなど、出会いのチャンスを引き寄せるための努力を怠らないでください。

アプローチを待っているだけでなく、自分から前向きに行動することが、結婚への近道となります。

合わせて読みたいおすすめ記事!

プロが添削! 婚活パーティーのプロフィールシートの書き方のコツ~ホワイトキー編~