自分にとって、しっくりくる人と出会いたいなら、婚活パーティー選びから慎重になり、自分に合うものをじっくり探すことです。

しかし、特に婚活を始めたばかりの人にとって、どんなパーティーが自分にマッチしているのかということは、なかなか分からないでしょう。

実は、自分に合う婚活パーティーを見つけるには、たった6つのポイントをチェックすればOKです。

そこで、希望に合うパーティー選びができるよう、特に注目したい点をご紹介しましょう。

ポイント①:婚活パーティーの種類

婚活パーティーの種類まずは種類を知ろう

「パーティータイプ」

男女合わせて十数人程度で集まり、個室やプライベートスペースを貸し切って過ごすものです。

飲み会のように明るく盛り上がることが多く、パーティーによっては100名近い参加者がいるケースも。

一気にたくさんの男性と交流したい人におすすめです。

また、参加者が100名近いものはイベントスペースを貸し切ったスタンディングタイプのパーティーが多いです。

十数名程度であれば着席タイプのパーティーが多く、席に座りながらゆったり会話が楽しめるのもメリットです。

どちらかと言えば友達と参加することをおすすめしますが、一人参加でも友達と参加しても、どちらでも楽しめるパーティーと言えます。

「お見合いタイプ」

参加者が数人程度で、着席して相手の人とじっくり話しをすることができます。

参加男性の全員と1対1で話すことができ、スピーディーな展開が苦手な女性にいいでしょう。

着席しながら落ち着いて会話ができますが、出会える人数がそこまで多くないので、一度にたくさんの男性と出会えないのがデメリット。

また、会場全体でワイワイ楽しむタイプではないため、友達と参加するより 一人参加がおすすめです。

「合コンタイプ」

男女3対3から5対5くらいまでの比較的少人数のもの。

状況が把握しやすく、まんべんなく話せて、口下手な人もそうでない人も参加しやすいことがメリットです。

こちらも着席スタイルが多く、腰を据えて会話が楽しめますが、たくさんの男性の中から自分に合う人を探したい人には向かないかもしれません。

人見知りの人は友達と、そうでなければ一人参加でもOK。

「イベントタイプ」

イベントタイプの婚活パーティーは、料理や、フットサル・テニス・山登りなどのスポーツを参加者同士でおこない、親睦を深められるのがメリットです。

参加人数はアクティビティによって変わりますが、少人数より10人以上でおこなう場合が多いでしょう。

開催場所も人数によって個室か会場かが違います。

アクティビティをおこなうので、スタンディングの場合がほとんどです。

自然に仲が深まり、楽しみながら婚活したい人におすすめですが、趣味につながるイベントがないと参加しにくいのがデメリット。

イベントタイプの婚活パーティーは友達と参加したほうが盛り上がれるでしょう。

「ツアータイプ」

婚活バスツアーや婚活クルーズなど、ツアータイプの婚活も人気があります。

20人前後のメンバーで良縁スポットや夜景スポットなどへ出かけることで、旅行気分を楽しみながら婚活ができるのがメリット。

どのイベントもカップルで楽しめるようなスポットを厳選しているので、「いいな」と感じた人と恋人気分を味わえるでしょう。

『通常の旅行ツアー+婚活イベント』という形式なので、旅行好きでない人はあまり楽しめないかもしれませんね。

1人旅が好きで人見知りタイプでなければ、1人参加でもツアーと婚活の両方を満喫できるでしょう。

1人参加が不安なら友達を誘っても構いません。

ツアー内容によってはカップルデートのような楽しみ方もできます。

規模で決めるのもアリ

婚活パーティーの参加人数は、数人程度の小規模なものから、数十人集まる規模の大きなものまでさまざまです。

ひとりの人とじっくり話したいのか、その日のうちにたくさんの人と出会ってにぎやかに楽しみたいのかで決めるのもいいでしょう。

婚活パーティーのイベント詳細に「少人数制」とか「大規模」などの記載があるので、気にかけてみてください。

開かれる規模によって、同じ婚活パーティーと銘打ったイベントでも、参加したときの感じ方や過ごし方が全く違います。

ポイント②:参加条件

参加条件チェックしたい参加条件

開催日時
開催場所
参加人数
年齢
学歴

etc……

あくまでも自分のスケジュールを優先して

開催日や開催場所などは、自分のスケジュールを優先して選ぶようにしましょう。

自宅からあまりにも行きづらい場所や土地勘のないところは、会場に到着するまでに疲れてしまい、ベストコンディションでなくなり楽しめません。

特に初めて参加するのであれば、自分の行きやすいところやよく知っている場所を選ぶようにすることで心に余裕ができ、安心です。

パーティーのスタート時間もチェックしておきたい点です。

午前中にしっかり用意をしてから行きたいなら夜、明るいうちに済ませる方が楽だというなら昼にするなど、行きやすい時間をチョイスしましょう。

参加者の条件も大切

婚活パーティーは、自分の望む条件と合う人が来るかどうか、参加する人たちの条件に焦点をあてて選びましょう。

たとえば、30代の人と出会いたいと思っているのに、男性の参加年齢上限が29歳のパーティーに参加すれば、自分の希望は叶いません。

婚活パーティーにどんな人が集まるかに着目せず、目についたものを片っ端から拾うような方法では、時間の無駄です。

効率よく理想の人を見つけるためには、パーティーの条件をしっかりチェックしてから申し込むようにすることがポイントです。

ですから、事前に自分の理想とするイメージを定めておくことも大切です。

ポイント③:婚活パーティーのテーマ

婚活パーティーのテーマ婚活パーティーのテーマ

ハイステータス
公務員限定
高身長
ノンスモーカー限定
アラフォー
バツイチ
飲み放題
一人参加限定
ぽっちゃり女性限定
保育士限定

etc……

テーマを絞って探すと見つかりやすい

経歴や仕事、趣味などを制限して参加者を募るものは、自分が巡りあいたいと思う条件をもった人ばかりなので、理想的な相手を見つけやすいのがメリットです。

よく「いいな」と思う人を見つけたものの、求めていた条件ではなかったために納得いかず、真剣交際に至らなかったという人がいます。

しかし、はじめからテーマを絞ったパーティーに参加すれば「理想と違った」ということにはなりづらいでしょう。

スムーズにいい出会いを見つけたいなら、どんな人と巡りあいたいのかを明らかにしてからパーティーを選ぶようにしましょう。

心が高鳴るテーマで選ぶとGOOD

最近では、「お酒を楽しむ」「イタリアングルメを食す」などとテーマを決めた、イベントのような婚活パーティーが豊富。

「趣味コン」といって、共通の趣味を持った人たちが集まるパーティーも人気です。

「ぽっちゃり女性限定」も根強い人気。

自分ではコンプレックスに感じているかもしれないぽっちゃり体型ですが、実は男性からとても人気のあるテーマです。

「一人参加限定」も人気が出ています。

一人だと参加する勇気がでないな……と思っていても、みんなが一人参加なので気後れしなくて大丈夫です!

ポイント④:参加費用

参加費用の相場2,000円前後が女性の費用相場

婚活パーティーにおける女性の参加費用は2,000円前後が最も多く、5,000円くらいまでというのが相場です。

男性は5,000円以上というケースが多く、女性に比べると高額です。

飲食付きの場合も2,000円前後が費用相場

飲食付きの婚活パーティーの場合でも、女性の費用は2,000円前後となっています。

飲食といっても軽食と飲み放題付きのことが多いので、食事を本格的に楽しみながらという雰囲気ではない婚活パーティーが多いのです。

男性も5,000円前後ですから、食事やドリンクを軽く楽しみながらのほうが会話もスムーズに進むという人は、飲食付きの婚活パーティーを選ぶとお得に感じるかもしれませんね。

バスツアーの場合は7,000円前後が女性の費用相場

バスツアーの場合は飲食代がついているだけでなく、観光スポットへ行ったりもするので、女性の費用相場は7,000円前後が最も多く、10,000円くらいまでというのが相場となっています。

男性の場合は15,000円前後が相場なのでやや高めですが、通常のバスツアーと婚活パーティーが合体していると考えればそこまで高額ではないでしょう。

ただしこれはあくまでも目安の参加費用です。

ツアー先までの距離が遠かったり、立ち寄る観光スポットの入場料が高かったりすると、相場より高いこともあるので、参加費用の上限をあらかじめ考えておきましょう。

ポイント⑤:主催会社

主催会社のチェックポイントチェックしたい点

パーティーの開催実績

過去に参加した人たちの口コミ

パーティー実施方法(身分証提示の有無、パーティーの特徴など)

見逃しやすい実績は必ずチェック

婚活パーティーの主催会社は多種多様で年々増加傾向にあります。

ですから、似たような名前のついた婚活パーティーでも主催会社が違えば、内容や実施の方法にさまざまな差があるのです。

まずは、婚活パーティーに申し込む前に、どんな会社が主催しているのかを確認してみてください。

これまでどのくらい数のパーティーを実施してきたかということや、どのような強みがあるのかなど、特徴をリサーチしてみましょう。

主催会社のパーティーに参加した人たちの口コミを参考にするのも大切なポイント。

パーティー内容へのイメージがわきやすくなり、本当に参加するかどうかの判断材料として役立つでしょう。

実施内容も気にかけたいポイントの1つ

気軽な出会いを提供するためにあえて身分証の提示を必要としなかったり、逆に身分証の提示が必須だったりなど、細かなポイントにも違いがあります。

真剣な交際を見据えた出会いを希望するなら、運転免許証などの身分証提示が必須の主催会社を選ぶことをおすすめします。

パーティー前に記入するプロフィールカードの中身や進め方などにも各社の個性があるので、ホームページや口コミから詳しく探ってみましょう。

ポイント⑥:キャンセル規約

キャンセル規約

パーティーに参加申し込みをしたあとに、急な予定が入ってしまってキャンセルをしないといけなくなるときもあるでしょう。

キャンセル規約についてはパーティー主催会社ごとに違っているので、申し込みの前に必ずチェックして、選ぶときのポイントとするのがおすすめ。

一度申し込みをしたらいつキャンセルしてもキャンセル料金が発生する会社もあれば、当日でもキャンセル料なしのところもあります。

『キャンセル料がかからない=お得』と思いがちですが、キャンセル料が無料だからこそキャンセルしやすく、中止や人数比率が悪くなる可能性も……。

反対にキャンセル料が発生する場合、そのようなリスクは低いですが、体調不良や仕事などで参加できなくなった場合はキャンセル料が発生します。

そのため、キャンセル規約については申し込みの前に必ずチェックし、自分に合っているか、きちんと考えることが大事。

「キャンセル料は無料のほうがいいでしょう!」

「どうせキャンセルしないからどちらでもOK」

と簡単に決めてしまうと、思わぬ費用がかかってしまったり、イメージしていた人数・雰囲気の婚活パーティーが楽しめなかったりすることもあるので注意しましょう。

自分に合った婚活パーティーを選んでハッピーな婚活をしよう

希望にぴったりフィットするパーティーに出れば、ハッピーなテンションで楽しく過ごすことができるでしょう。

そのためにも、紹介した内容を参考に、自分の理想や望みを最優先したパーティー選びをしてください。