「バリバリ仕事をこなして毎日は充実してる。経済的にも余裕がある方だし、特に今の生活に不満はないのだけれども、彼氏できない!」とお悩みの30代女性は増えているようです。「死ぬまで独身で孤独死するのだろうか」と考えて暗澹たる思いになることもあるかもしれません。自分の理想の幸せ像を実現するために一生独身なのか結婚に向けて行動するのか、一緒に考えてみましょう。

一生独身でいることのメリット、デメリットを把握しておくことが大切です。

生涯独身の方は増加の一途

読書中の女性
国立社会保障・人口問題研究所のデータを見ると、2010〜2015年の間で50歳時点での未婚率の上昇が顕著です。2015年時点では男性の23%、女性の14%が未婚であるというデータが出ています。
人口統計資料
出典 国立社会保障・人口問題研究所

男性は2000年の時点で既に12.57%の未婚率に達しており、これはバブル崩壊により将来への見通しが立てられなくなった世相を表していると言えます。女性は2010年に10%台に達し、15年で3倍程度の未婚率上昇となりました。いい言い方をすれば生き方が多様化した、悪い言い方をすると結婚のメリットが感じづらくなったということでしょう。もちろん離婚する夫婦が増えたことも、50歳時点の未婚率の増加の大きな原因です。

50歳を超えて結婚する人もいますし、彼氏や彼女はいるが「前の配偶者との間の子供が成人するまでは結婚しない」という方も多いです。むしろ熟年であっても結婚するための選択肢は増えていると言えます。

生涯独身でもいいと感じたきっかけ

女性友だちとの会話
女性が「もう、独身でいいや…」と思ったきっかけは、周囲の結婚したカップルの話を聞いてということが多いようです。

「大学時代の女友達が結婚して1年で離婚。話を聞くと旦那のDVがあり精神的にも肉体的にもボロボロになったそう。すごく綺麗な子だったのに何だかやつれてしまったのをみて、無理に結婚相手を探すのはやめようって思った」

「姉夫婦は結婚した後に夫が無職になってヒモ状態。夫と子供を養うために必死で姉が働いている間に、夫は他の女と浮気をしていた。姉は結局離婚。今はシンママで苦労しています。結婚ってリスクが大きすぎ」

「弁護士事務所で働いていますが、離婚調停の相談が多いです。離婚の理由は金銭問題や浮気、DVが大半。結婚という形に縛られなければ不幸にならなかったカップルが多い気がするので、私は結婚は特別望みません。」

「女友達が地方の旧家の御曹司と結婚した。かなりしきたり等が古臭い田舎だったので、親戚づきあいが大変そう。友達はバリバリ働くキャリアウーマンタイプで、田舎の中高年の親戚からはウケが悪いみたい。家庭に入れ、早く子作りしろなど言われてかわいそう。私はああいう結婚するくらいなら独身でいいです!」

【体験談あり】現実問題……女性が独身で生きていくのは厳しい!?:孤独編

足を抱えて床に座る女性

いざ女性が「独身で生きていこう!」と決めても、寂しさや孤独を感じる時はきっとこの先、何度もやってきます。

実際の独身女性たちの体験談をご覧ください。

「嬉しいことがあっても分かち合える人がいないと、ふと寂しいなと思います。友達はいるけど、友達に共感してもらうのはなんか違うんですよね。結婚を諦めたはずなのに愛してくれる人が欲しいなと思う時が増えました。」(40歳・医療事務)

「職場の同僚3人中、2人が子持ち。一緒にショッピングに行った時『これ、うちの子好きなんだよね』と家族の話をしているのを聞くと、忘れようとしていた『子供が欲しい』という思いがよみがえり、何とも言えない気持ちになってしまいます。」(37歳・コンサルタント)

「体調不良で数日入院して、1人暮らしの家に帰ってきた時。ぽつんとベッドが一つあるだけの殺風景な部屋を見て、泣けてきました。『また一人で毎日を戦わなきゃいけないのかな』って、ものすごいむなしさが心を襲ってきたんですよね。」(35歳・塾講師)

「周りの結婚ラッシュで遊び相手が少なくなった頃からアイドルの追っかけにドはまり。握手会に向けて頑張っている時や当日はものすごいハイテンションで心から楽しいのですが、イベントが終わると急激に気持ちがしぼみ、ものすごい孤独感に襲われます。お金も時間も無駄だってわかっているのに、疑似恋愛に依存してやめられない自分に嫌気がさしています。」(34歳・旅行代理店勤務)

現実問題……女性が独身で生きていくのは厳しい!?:老後編

ランニングマシーンを利用している人の足

・不調から不安、不安から不調を繰り返してしまう

1人暮らしをしていると、年を重ねるごとに寂しさが募るといいます。

いざという時に寄りかかることのできる存在がないと、孤独や寂しさをより強く感じやすくなるのです。

さらに、老いることで体のあちこちに不調が起きやすくなり、症状が辛いほどそれに伴って心まで元気をなくしてしまうようになります。

プレッシャーや不安を抱えると、そこからまた体の不調を起こして悪循環に。

気力や体力がみなぎっていた若い頃とは違い、不安から立ち直るための気力も少なくなるため、不安と不調を繰り返す負のスパイラルにはまると、なかなか抜け出せなくなるのです。

・心と体の健康のための準備を

この負のスパイラルにはまらないためには、気持ちがポジティブになるような生活を心がけることがポイントです。

老いることで抱えやすくなる孤独感を紛らわすには、友達とのおしゃべりが効果的です。

男女問わず心許せる友人を多く作り、たくさんコミュニケーションを取って日頃のストレスをうまく発散することで、気持ちが明るく元気になります。

また、年を取ると自分でお金を稼ぐのは難しいので、早いうちから十分にお金を貯めて余裕のある生活の基盤を作ることで、心の不安に打ち勝つことができるでしょう。

若いうちから運動を日課にして体力作りをしておくことも大切ですよ。

【体験談あり】現実問題……女性が独身で生きていくのは厳しい!?:貯金編

ガマグチ財布を逆さにもつ女性「年収は350万円。平均的だと思うのに全然貯金できず、今やっと60万円。家賃に食費に通信費や交際費・・・どれも削れず、みんなどうやって貯めてるのか知りたいです。結婚した方が生活や収入が安定するんでしょうけど、出会いもなければ相手もいないし、途方に暮れています。」(32歳・ハウスメーカー)

どんなにきれいごとを言っても、やはり女性が独身で生きていくために頼りになるのは「貯金」です。

金融広報中央委員会の調査によると、2018年度の単身世帯の預貯金額の中央値は約350万円。

しかし実際は、貯蓄額が100万円に満たない人も多く、1人暮らしをしている人では、ほとんどが生活費に消え、月々1万円から3万円貯金できればいい方。

実家暮らしであっても何かと散財してしまって手元に残らないという人が多く、収支が赤字だという人もたくさんいます。

女性1人で生きていくために必要な月額は、およそ15万円だといわれています。

平均寿命は年々延びているので、60歳でリタイアして90歳くらいまで不自由なく暮らすことのできる生活費を貯めておくとなると、老後資金として最低でも約2000万円の貯蓄が必要となるでしょう。

女性1人の稼ぎでは、ここまで貯めることはなかなか難しいと感じる人が多いかもしれませんね。

【体験談あり】現実問題……女性が独身で生きていくのは厳しい!?:マンション購入編

女性が片手にマンションを乗せてお札が羽をつけて飛んでいるイラスト

「38歳で2500万円の中古マンションを買いました。物件は気に入っています。しかし、予算内に収めるために妥協した結果、立地があまり良くなく、不便さが不満。『住めば都』とは言うもののそうは思えず、1人で高額ローンを背負いながら生きていくしかないのかなと後悔しています。結婚して共働きだったなら、もっと条件のいい物件を買えたのかも。」(39歳・建設会社事務)

あるデータによると、30代女性の平均年収は約380万円、40代で約410万円だといわれています。

住宅ローンの借入可能額は年収の約5倍程度だといわれているので、このくらいの年収だと、住宅ローンとして借入することのできる額は、2500万円代が限度。

返済年数によりますが、月々の返済額は7万円から9万円というのが最多です。

賃貸住宅で支払う家賃と同じくらいなので、一見無理なく支払いができるような気もしますが、マンションでは共益費や修繕費の積み立てがあったり、固定資産税が発生したりすることなど、住宅の維持には何かとお金がかかります。

入居の時には、家具や家電など100万円以上の出費になるし、男性に比べて平均年収の低い女性には厳しいと感じる人が多いかもしれません。

現実問題……女性が独身で生きていくのは厳しい!?:家族編

・家族からのプレシャーが重荷になる

「いつになったら結婚するの?」「いつまで家に居るつもり?」など、家族や親せきと顔を合わせるたびに聞かれ、だんだん気が重くなってしまうという独身女性は多いです。

特に結婚式や法事など、顔を出さなければいけない行事では、普段会わない人にも顔を合わせるため余計に大きなプレッシャーになってしまうでしょう。

・本当に「ひとり」になる覚悟がいる

両親や兄弟が元気なうちはいいのですが、年を重ねて周りがいなくなった時、本当にひとりぼっちになってしまうと、想像以上に強い孤独を感じます。

どんなに1人でいることが好きな人でも、人は誰かと触れ合わなければ心を病んでしまいやすくなると言われています。

生涯独身を貫くと決めたのなら、厳しい孤独と戦う覚悟が必要かもしれません。

・何事も自己責任になる

独身で生き抜くということは、生活費を稼ぎ続けるために生涯働き続けることが前提の人生になります。

また、親の介護、自分が年老いた時に入る施設探しや資金準備など、何事も自分1人ですべてをまかなう必要があります。

病気になった時でも身の回りのことは自分でしなくてはいけないし、入退院の手続きもそう。

どんな事情であれ、結局生きていくためには何事も自分が動かなくてはいけないのです。

「やっぱり……独身卒業してみようかなぁ」と思ったら

パーティーで男女が会話する様子
「自由気ままな独身はもうお腹いっぱい。幸せな家庭を築きたい」「これまで一生独身と思っていたけどやっぱり結婚したい」と思い立った時が婚活のスタート!本気で結婚相手を探すなら婚活パーティーへの参加がオススメです。

一般的なパーティー以外にも、バスツアー形式の婚活イベントもあります。川下りを楽しんだりワイナリーで美味しいワインに舌鼓を打ったりと、観光も充実!1日をバスツアーの参加者と一緒に過ごすことで、自分にあった男性を探すことができます。

アニメやゲームなどオタク趣味が共通している男性と出会いたいならジャンル特化型のパーティーがオススメです。あまり、リアルでのコミュニケーションが得意でない人が集まることを想定して、ゲームなどのイベント中心で進行するような工夫もされています。

警察官、自衛官、消防士は年収がよく、体力があり、しかも家にあまりいないということで、結婚して楽をしたいタイプの女性に人気です。競争率も毎回激しいことが予想されますが、良物件を掴むなら狙ってみてもいいのではないでしょうか。

独身か結婚か……。後悔の残らない選択をしよう!

おでかけ中のカップル
独身を貫くにしても結婚をするにしても、安易な選択は厳禁です。「自分に合う人がいないから独身でいいや」という方は、出会いに積極的になれば結婚を考えてもいい相手と巡り合うかもしれません。「とにかく結婚したい!」という方は、勢いで結婚しないように冷静になって相手のことを考える必要があります。後悔がない人生を送れるように、出会いを大切にしてくださいね!