「バリバリ仕事をこなして毎日は充実してる。経済的にも余裕がある方だし、特に今の生活に不満はないのだけれども、彼氏できない!」とお悩みの30代女性は増えているようです。「死ぬまで独身で孤独死するのだろうか」と考えて暗澹たる思いになることもあるかもしれません。自分の理想の幸せ像を実現するために一生独身なのか結婚に向けて行動するのか、一緒に考えてみましょう。

一生独身でいることのメリット、デメリットを把握しておくことが大切です。

生涯独身の方は増加の一途

読書中の女性
国立社会保障・人口問題研究所のデータを見ると、2010〜2015年の間で50歳時点での未婚率の上昇が顕著です。2015年時点では男性の23%、女性の14%が未婚であるというデータが出ています。
人口統計資料
出典 国立社会保障・人口問題研究所

男性は2000年の時点で既に12.57%の未婚率に達しており、これはバブル崩壊により将来への見通しが立てられなくなった世相を表していると言えます。女性は2010年に10%台に達し、15年で3倍程度の未婚率上昇となりました。いい言い方をすれば生き方が多様化した、悪い言い方をすると結婚のメリットが感じづらくなったということでしょう。もちろん離婚する夫婦が増えたことも、50歳時点の未婚率の増加の大きな原因です。

50歳を超えて結婚する人もいますし、彼氏や彼女はいるが「前の配偶者との間の子供が成人するまでは結婚しない」という方も多いです。むしろ熟年であっても結婚するための選択肢は増えていると言えます。

生涯独身でもいいと感じたきっかけ

女性友だちとの会話
女性が「もう、独身でいいや…」と思ったきっかけは、周囲の結婚したカップルの話を聞いてということが多いようです。

「大学時代の女友達が結婚して1年で離婚。話を聞くと旦那のDVがあり精神的にも肉体的にもボロボロになったそう。すごく綺麗な子だったのに何だかやつれてしまったのをみて、無理に結婚相手を探すのはやめようって思った」

「姉夫婦は結婚した後に夫が無職になってヒモ状態。夫と子供を養うために必死で姉が働いている間に、夫は他の女と浮気をしていた。姉は結局離婚。今はシンママで苦労しています。結婚ってリスクが大きすぎ」

「弁護士事務所で働いていますが、離婚調停の相談が多いです。離婚の理由は金銭問題や浮気、DVが大半。結婚という形に縛られなければ不幸にならなかったカップルが多い気がするので、私は結婚は特別望みません。」

「女友達が地方の旧家の御曹司と結婚した。かなりしきたり等が古臭い田舎だったので、親戚づきあいが大変そう。友達はバリバリ働くキャリアウーマンタイプで、田舎の中高年の親戚からはウケが悪いみたい。家庭に入れ、早く子作りしろなど言われてかわいそう。私はああいう結婚するくらいなら独身でいいです!」

生涯独身を貫くメリットとデメリット

海辺の鳥
独身でいることのメリットは自由を満喫できること。デメリットは孤独を感じることが増えていくことです。自由と孤独が実際にどのような形で現れるのか考えていきます。

メリットその1 お金や時間は全て自分に投資できる

女性の化粧姿
独身でいることの最も大きいメリットは仕事で稼いだお金を美容や買い物、趣味、娯楽、投資、旅行など全て自分のために使うことができる点です。経済的に余裕があり、若々しい見た目と感性を中高年になっても保ち続けている独身女性も多いです。

また時間も自分のため、仕事のために集中して投資することができます。それがまたお金の余裕を産むという循環になります。

メリットその2 自由な恋愛を楽しめる

男女カップル
結婚をしていなければ、その時々に惹かれた男性と自由な恋愛を謳歌することができます。年齢に応じた彼氏というのは作り方が必ずあります。気のあった恋人がいればその時々で恋愛を楽しむというのは、現代では比較的容易になっています。

デメリットその1 年齢を経ると孤独を感じることが増える

頭を抱える女性
家に帰っても一人。嬉しかったことを喜び合ったり、愚痴を言える相手がいないというのは年齢を重ねると辛くなってくるものです。周りの友人も結婚していれば、気軽に会ったりできないケースも多いですし、様々な場面で孤独を感じることが増えます。自分の本音を言える相手がおらず、社会との隔絶を感じ、うつ病や統合失調症などの精神的な不調を発症するケースもあります。

デメリットその2 老後が不安

悩むおばあちゃん
高齢で孤独だと倒れた時に助けてくれる人がいない可能性が高いです。「お婆ちゃんになっても独身だったら、一人部屋で冷たくなっても誰も気づいてくれない!」という恐怖があります。また、介護が必要になっても手助けをしてくれる、子供や親族もいませんので全てを自分の責任で行わなければなりません。

結婚するメリット・デメリット

結婚式で見つめ合う2人
結婚するメリットは一言で言うと安心、デメリットは一言で言うと義務です。結婚に発生する安心と義務とはどのようなものなのでしょうか。

メリットその1 家族がそばにおり幸福を実感できる

幼い子に高い高いをする夫婦
結婚すれば家には夫がいて子供ができて、さらに高齢になれば孫も遊びに来るかもしれません。子供や夫を介した人々とのつながりもあり、家族があっての人々との結びつきを感じることができます。愛する家族と一緒に居られると言うのは精神的安定を生みますし、孤独ではありません。高齢になっても家族がサポートをしてくれます。

メリットその2 金銭面で余裕ができる

家計のやりくりをする夫婦
結婚には貯蓄や節約のスケールメリットを生むでしょう。特に共働きであれば一人で稼ぐよりも多くの収入を得ることができますし、貯蓄に関しては子供の学費など明確な目標を持って取り組むことができます。モチベーションも高く保つことが可能です。

デメリットその1 家庭が優先で自分の事は後回し

子育てに頭を抱える女性
結婚をすると、家庭内のことに束縛され自分だけの時間を作ることは難しくなります。子供や夫のことが中心になり、独身の頃に楽しんだ海外旅行やショッピングを楽しむことはできなくなるかもしれません。

デメリットその2 他の男性との恋愛は×

離婚届
結婚してから夫以外の男性と肉体関係を持ったり付き合ったりすると、不倫となるのでダメ絶対!自由な恋愛は結婚をするとできなくなります。不倫のリスクは非常に大きいですが、一線を超えてしまいトラブルになるケースが後をたちません。

「独身卒業してみようかなぁ」と思ったら……。

パーティーで男女が会話する様子
「自由気ままな独身はもうお腹いっぱい。幸せな家庭を築きたい」「これまで一生独身と思っていたけどやっぱり結婚したい」と思い立った時が婚活のスタート!本気で結婚相手を探すなら婚活パーティーへの参加がオススメです。

一般的なパーティー以外にも、バスツアー形式の婚活イベントもあります。川下りを楽しんだりワイナリーで美味しいワインに舌鼓を打ったりと、観光も充実!1日をバスツアーの参加者と一緒に過ごすことで、自分にあった男性を探すことができます。

アニメやゲームなどオタク趣味が共通している男性と出会いたいならジャンル特化型のパーティーがオススメです。あまり、リアルでのコミュニケーションが得意でない人が集まることを想定して、ゲームなどのイベント中心で進行するような工夫もされています。

警察官、自衛官、消防士は年収がよく、体力があり、しかも家にあまりいないということで、結婚して楽をしたいタイプの女性に人気です。競争率も毎回激しいことが予想されますが、良物件を掴むなら狙ってみてもいいのではないでしょうか。

独身か結婚か……。後悔の残らない選択をしよう!

おでかけ中のカップル
独身を貫くにしても結婚をするにしても、安易な選択は厳禁です。「自分に合う人がいないから独身でいいや」という方は、出会いに積極的になれば結婚を考えてもいい相手と巡り合うかもしれません。「とにかく結婚したい!」という方は、勢いで結婚しないように冷静になって相手のことを考える必要があります。後悔がない人生を送れるように、出会いを大切にしてくださいね!