婚活パーティー どこがいい
全国で毎日のように開催されている婚活パーティー。インターネットで検索すれば情報はたくさんあるので、手軽だけど真剣に結婚相手を探すツールとして便利です。しかし、婚活パーティーで知らない男性と出会って、連絡先を交換して大丈夫なのかと安全性を気にする人も多いでしょう。
参加する婚活パーティーを選ぶときは、主催者が信頼できるか見極めて、参加条件などをよく確認することが大切です。この記事では、安心して参加できる婚活パーティーの特徴を紹介します。5つのポイントを押さえて、婚活パーティーですてきな出会いを見つけましょう!

婚活パーティーの主催者を見極める5つのポイント

婚活パーティー開催の実績が豊富

婚活パーティーが出会いの場として世間に広まってきたこともあり、開催する業者は大手から個人に至るまで数えきれないほどあります。

そんな中から、安心して参加できる婚活パーティーを選ばなければいけません。大切なことは、主催者が信頼できるかどうかです。会社の規模や婚活事業の実績の有無などを確認して、信頼性を判断する基準にしましょう。

婚活パーティーの主催者が上場企業の場合は社会的信用がありますし、婚活事業を行っている結婚相談所であれば運営のノウハウがあると判断できます。イベント数の開催実績にも注目してみましょう。イベント数が多ければ、過去の参加者からの企画の評価が高く、繰り返し開催されていると考えられ、さらにスタッフの経験値も高いと判断できるので、スムーズな進行が期待できます。

運営スタッフの対応の良し悪しなどは、インターネットで過去の参加者の口コミや体験談を参考にしてみてください。

本人確認を徹底している

婚活パーティーには、名前や年齢を偽って参加しようとする人がいます。

初めて会う人に個人情報を明かしたくない、実年齢より若く見せたいなど理由はさまざまですが、真剣な婚活の場でウソをつく人は信用できませんし、結婚も考えられません。名前や年齢を偽る人に出会わないために、運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提示が必須になっている婚活パーティーに参加しましょう。

身分証明書が必要なパーティーは、当日の受付で、スタッフが申し込み情報と名前や情報が一致しているか確認します。申し込み情報と一致しない、身分証明書の提示がない場合は、参加が認められないので、セキュリティ面で安全といえます。

・源泉徴収票や社員証を提示する場合もある
年収や職業などで条件が決まっている場合、源泉徴収票や納税証明、社員証や資格証明書などの提示を求める婚活パーティーもあります。確実に条件を満たしている婚活パーティーに参加するなら本人確認以外の書類の提出を義務づけているか確認するといいでしょう。

年齢条件が守られている

婚活パーティーに参加したとき、年齢制限より大幅に年上もしくは年下の参加者がいたなんて話をよく聞きます。

基本的には条件を満たしていないと、参加できないようになっていますが、人数不足などを理由に条件を緩和しているケースもあります。このような運営会社の婚活パーティーは信用できないので、事前に口コミなどを確認して参加しないように気を付けてください。

婚活パーティーの年齢情報をよく見ると、年齢条件が「25~34歳位」などあいまいな表現で書かれている場合があります。これは運営会社によって基準は異なりますが、「年齢のプラスマイナス3歳」程度が参加可能ラインとなっているようです。公式サイトに年齢制限に関する条件が掲載されているのでチェックしてみてください。

男女のバランスが調整されている

婚活パーティーの参加者の男女比に偏りがあると、出会いのチャンスが減ってしまうので、男女比はできるだけ同じ人数に調整してくれる運営会社がおすすめです。

男女の人数調整については、婚活パーティーの運営会社のホームページに記載しているところが多いので確認してみましょう。

例えば、婚活パーティーを運営する「ホワイトキー」は男女比率最大「男性10:女性8」あるいは男女人数バランスをプラスマイナス3人以内を厳守としています。「PARTY☆PARTY」は参加者の男女比はプラスマイナス2~3人差、さらに8対8で募集した婚活パーティーの最小開催人数は5対5など、開催水準が決められています。
このように人数調整のポリシーを明確にしている運営会社のパーティーであれば、会場に到着した後に異性が少ないことを知ってがっかりする事態は避けられます。

女性の参加費が安すぎない

婚活パーティーの参加費の相場は、男性が3000~7000円、女性は1000~5000円程度です。運営会社やパーティーの種類によって異なりますが、女性の参加費のほうが安く設定されているのが一般的です。

ただし、女性の参加費が無料や500円程度など極端に安い場合、結婚の本気度が低い女性が参加することもあるので、男性は注意が必要です。安ければ安いほど参加するハードルが下がるため、興味本位で参加する女性もいる可能性が高まります。

真面目な出会いを求めるなら、最低でも女性の参加費が1000円以上の婚活パーティーを選びましょう。

まとめ

安心して婚活パーティーに参加するために、まず下調べが大切です。婚活パーティーを主催する企業や団体に目星をつけたら、そこから年収や職業、パーティーの規模や形式など好みの条件を絞って参加するパーティーを決めましょう。

ただし、いくら安全だと思っていても婚活パーティーは初めて会う人ばかりです。好みの人に出会っても、気を許しすぎないように注意してください。自分の身を守るために、最後はあなた自身で異性をしっかりと見定める必要があります。そのためには日頃から、異性を見る目を養っておくこともとっても重要ですね。