婚活パーティー どこがいい

周りからの結婚報告を聞いたり、友人の結婚式に参加したりすると、自然と結婚願望が強くなるのではないでしょうか。 そこで、現在気になるお相手がいらっしゃらない方 には婚活パーティーに参加されることをお勧めします 。ただ、初めての婚活パーティーに参加するとなると緊張してしまいますよね。 そこで、婚活初心者の方に向けて基本的な婚活パーティーの選び方をご紹介いたします。

万人に刺さる婚活パーティーはないことを理解しよう

初めて婚活パーティーに参加するからといって、“とりあえずこれに行っておけ”というものはありません。なぜなら結婚相手を探す基準は人それぞれですし、異性とのコミュニケーション方法も人それぞれ違うからです。

まずは婚活パーティーの雰囲気だけを味わってみたいというのなら、そこまで厳しく選ぶ必要はありませんが、本気で結婚前提でお付き合いしたいお相手を探すなら『自分の目的と社交スタイルに合ったパーティーを選ぶこと』が大切です。

1. 年齢重視なら、参加者の年代を限定したパーティーに

年上や年下、同年代など結婚相手の年齢を重視したい方には年代限定パーティーはいかがでしょうか。もちろん相手に求めるだけではなく、自分の年齢が気になる場合も年代限定パーティーに参加すれば不安が和らぐことでしょう。

 

  • 参加者の声

「前に参加した婚活パーティーはオジサンばっかり。年代と出会いたくて、20代限定パーティーに参加しました。話も弾んで、なんと次の約束もしちゃいました」
(28歳女性・広報)

「私は年下の可愛いタイプが好みなので、年上女性限定パーティーに参加しています。自分の年齢を隠さなくて良いので、自然体で話しやすいです」(32歳女性・Webデザイナー)

2. 趣味や共通点重視なら、趣味コン

結婚するなら趣味や特技が合う人と…!と考えている方なら『趣味コン』がおすすめです。映画好きやアニメ好きなど趣味ごとに集まった婚活は、通常の婚活パーティーよりも盛り上がること間違いなし。「まずは友達から」という軽い雰囲気で仲良くなったり、特に好みが合う男女が集まって、グループ交際のようになったりするケースも多いようですよ。映画・アニメ・ゲーム・スポーツなど、これぞと言う趣味を持っているなら、是非参加してみてください。

 

  • 参加者の声

「やっぱり趣味が合う人の方が良いですね。僕はアニメ好きなのですが、同じ趣味を持つ彼女であればお盆や年末にコミケに行くことや趣味にかけるお金についても理解してもらいやすいと思うので安心です」(26歳男性・エンジニア)

3. ハイスペック狙いなら、エグゼクティブ限定パーティー

生涯を共にするお相手について、収入や職業を軽視することはできません。特に、高収入の方や安定した職業に就いた人と出会いたいと考えるなら、エグゼクティブ限定パーティーが良いでしょう。

『年収600万円以上』や『公務員限定』、『上場企業勤務男性』『経営者限定』など、条件が細分化されたパーティーが数多く開催されています。もちろん男性だけでなく『女性客室乗務員×航空業界男性』『弁護士男女限定』と男女ともに制限を設けているものもあります。また、ハイスペック男性が集まる人気のパーティーの場合、女性の参加費用の方が高額となる場合もあります。

 

  • 参加者の声

「私の夢は専業主婦になることです。そして、子どもは絶対に産みたい。母親になるなら、働きながら子育てをすることは考えていません。だから、収入が高くて安定した男性に出会いたくて、エグゼクティブ限定パーティーに参加しています。年収や職業は条件の揃った方ばかりなので、効率的な出会いだと思います!」(29歳女性・受付嬢)

「私は外資系企業に勤めており、年収は高いと思います。周りの友人は男女ともに年収の高いパワーカップルばかりで、私もそのようなパートナーに憧れがありました。しかし、日常ではハイスペックな女性との出会いは少なく、思い切って条件に合う婚活パーティーに参加しました。年収ばかりで人を判断することはできませんが、ゴルフや日本酒、読んでいる本など話の合う方が多い印象でした」(31歳男性・外資系コンサルタント)

4. 一度に沢山の出会いが欲しいなら、大規模パーティー

婚活パーティーには、10人以下の小規模なものから、100人を超える大規模なものまであります。とにかくたくさんの人と出会いたいなら、大規模のパーティーに参加してみましょう。人数が多ければ、希望に合うお相手と出会う確率も高いはずです。大規模パーティーの場合、広い会場でビュッフェ形式を取っていたり、街コンとして複数のお店を会場に設定していたりします。美味しい食事やお酒を楽しみながら、たくさんの人と出会えるのも大規模パーティーの醍醐味です。

 

  • 参加者の声

「まだ結婚願望はありませんが、社会人になって出会いが減ってしまったので友人と参加しました。男女ともに100人ほどと盛大なイベントで楽しかったです。盛り上がったグループで二次会にも行きました。これから恋愛にはつながったらいいな」(23歳女性・事務)

「会社の先輩が街コンで可愛い彼女をみつけていたので、同僚と街コンに参加しました。最初はあまりの人数に圧倒されましたが、慣れてくると会話も弾むようになりました。短い時間だったので、盛り上がればすぐに連絡先を交換できるのも良かったです」(26歳男性・人材派遣業)

5. コンプレックスのある方限定のパーティーも

結婚を考えているけれど、年齢や離婚歴、不規則な仕事などコンプレックスがあって、婚活にはなかなか踏み出せない…という方も少なくありません。しかし、最近の婚活では<バツイチ再婚応援>や<アラフォー限定><50代、60代限定>などのコンセプトパーティーも珍しくありません。勤務時間が不規則な仕事の方でも<シフト制のお仕事限定>であれば、次のデートに繋がりやすいかもしれません。また、<家事が得意な男性><頑張る彼を支えたい女性><ノンスモーカー限定>なども人気です。

 

  • 参加者の声

「保育士の仕事をしているのですが、土日に運動会などのイベントが入ったり、早番だと早朝から勤務したりすることもあります。また、家でもピアノの練習をしなくてはいけないので、パートナーの理解は大切だと思いました。今回、職業限定パーティーに参加して、皆さん保育士の仕事に興味を持ってくださり、安心してたくさんお話しできました。素敵な方との出会いが多かったので、翌日すぐに同僚にも勧めちゃいました」(28歳女性・保育士)

「私はバツイチで保育園に通う子どもがいます。平日夜や土日は身動きが取れないので、平日昼間に開催されるバツイチ限定パーティーに参加しました。年齢の近いお子さんをお持ちのシングルファーザーの方と仲良くなり、今度は子どもたちも連れて遊びに行く約束をしました。同じような経験をしていたこともわかり、他の婚活パーティーで出会った方よりも信頼して話せる気がしました」(41歳女性・出版社)

よりパーティーを楽しむために形式も重視して

婚活パーティーにはさまざまありますが、それはコンセプトの違いだけではありません。パーティーの形式にも種類があります。自分の社交性や性格によって、参加パーティーを選ぶと良いでしょう。

1. 人見知りする人は“1対1形式”で

1対1のお見合い形式のパーティーは、女性が決まった席に座り、向かいの男性がグルグルと席を移動していくスタイルです。一人当たり5分程度と話す時間は短いですが、参加者全員と話すことができます。また、事前にプロフィールカードを記入して、効率良く自己紹介をすることができるため、人見知りをしやすく、自分から異性に話し掛けるのが苦手な方にはお勧めです。

 

  • 参加者の声

「以前、大人数の大規模パーティーに参加したことがありましたが、ほとんど話せずに終わってしまいました。友人から1対1形式を勧められ参加したところ、時間になると男性がやってきて自己紹介をしてくれたので、とても話しやすかったです。なかなか自分から話し掛けられない私にとって、とても話しやすいイベントでした」(30歳女性・図書館司書)

2. 社交的なら“フリーの大規模パーティー形式”で

もし、あなたが人見知りをしないなら、フリーの大規模パーティーがお勧めです。軽食やドリンク、お菓子などが用意されることもあるようです。長めのフリータイムを設けていることが多いので、社交性が高いなら、気になる人にピンポイントで話しかけても良いですね。

 

  • 参加者の声

「婚活パーティーに参加するとしても、お見合いみたいな雰囲気が苦手でした。できれば、興味のない人とも話したくないので、フリースタイルが自分には合ってると思いました」(28歳女性・営業)

婚活パーティーを有意義な時間に

婚活パーティーでは自分の魅力をどう伝えるかが大切です。自分のことを有利に見せるためには、どの条件のパーティーに参加するのが良いかという視点で参加するパーティーを選ぶのも1つの方法かもしれません。せっかくあなたの時間とお金をかけて参加する婚活パーティーですから、有意義な時間を過ごしましょう。