こんにちは。
オミカレ編集部のやましたです。

久しぶりにオミカレ編集部がパーティー参加させて頂いたので、
体験レポ書いちゃいます!

「毎日マンネリ化して刺激がないな・・。」

とか

「同じ人とばかりと一緒にいるから彼氏彼女が出来る気しない・・。」

と嘆いているみなさま。

合コンや相席居酒屋なども良いですけど、
街コン・恋活パーティーという選択肢を考えたことはありますか?

最近は街コンや恋活パーティー、婚活パーティーという言葉も一般化してきて、
イベントきっかけでお付き合いを始める人も増えてきています。

とはいえ初めて参加される方にとっては
「実際のところあまり良い人と出会えないんじゃないの?」

「イケメン・美女はいる?笑」

「出会い系と何が違うの?」

などなど不安な事も多いかと思います。

そこで今回はオミカレ編集部からガチンコでRooters主催のパーティーへ突撃してみました!
恋活パーティーの実態についてありのままをお伝えしていきます。

Rootersのパーティーってどんなパーティー?

今回私が参加してきたRootersのパーティーは20代限定の恋活パーティーでした!

恋活パーティーは婚活パーティーと比較するとカジュアルなパーティーで、
まずは友達、恋人探しをされる方が多く、結婚を意識する方はそれほど多くないです。

Rooters主催のイベントはもちろん30代向けのものもありますが、20代向けパーティーが非常に多いです。

婚活パーティー企業であれば30代向けが中心になりますが、
Rootersでは20代の男女でも気軽に参加することが出来ますので、
「婚活パーティーはちょっとハードルが高くて・・・」と
思っている方へはオススメです!

今回私が参加してきたパーティーも婚活パーティーではなく、恋活パーティーと呼ばれるイベントでした。

とはいえ値段が男性7,900円、女性2,500円とそれなりの金額帯に設定されており、
ただ遊び目的で参加する方は少なく、「お付き合いできるお相手を探すぞ!」
という真剣な目的を持った方が多かったです。

会場の雰囲気は?

会場はシャルール表参道という場所で、表参道の駅から徒歩10分ほどにあるカフェラウンジのような場所で開催されました。
Rooters会場

内装もハロウィーン仕様で非常に可愛くなっておりますが、
屋内スペースだけだと少し狭いかな・・・という印象でしたが、
実はこの会場、屋上も使用可能で、
とても開放的な気分でお酒とおしゃべりを楽しむことが出来ます!
Rootersイベント

Rootersのパーティーに参加する人はどんな人?

Rootersのイベントに参加している人は皆、
爽やかで好印象の方が多かったです!

「婚活パーティーとか恋活パーティーってモテない人が参加するんでしょ?」
と思われがちですが、
いやいや!全然そんな事はなかったです!

参加している方はみな彼氏彼女がいてもおかしくないなーという印象でした!

ちなみに皆さんの参加動機としては、
「学生から社会人になって出会いの幅が一気に減ってしまった」とか、
「社会人になったタイミングで上京してきて出会いがなくなった」、
「つい最近彼氏彼女と別れたばかりで・・・」などの
動機が多かったです。

年齢幅は男女ともに22歳〜28歳くらいが中心でした。

若干女性の方が若い方(23-24歳)が多く参加していた印象で、年齢のバランスとしては良かったかなと思います。

参加者は男女合計で50-60名ほどで、若干男性の方が多く、
各テーブル男性が3名に対して女性が2-3名という構図が多かったです。

参加者の服装は土曜日ということでカジュアルな格好の人が多く、
お仕事が休みの方からお仕事帰りという人まで様々でした。

みなさんのご職業は、
男性は会社員・公務員の方が圧倒的に多く、
土曜日はお仕事がお休みの方がほとんどでした。

女性は会社員の方が6割程度、その他は栄養士さんや、保育士さん、看護師さんなど
土日でもお仕事の方の割合が多かったです。

Rootersのパーティーって一人参加でも良いの?

Rootersのパーティーでは一人参加限定というものがあり、
非常に人気なイベントの一つですが、今回参加したものは

『一人参加歓迎』

とのこと・・・・。

一人参加限定とはニュアンスが異なるので、
人見知りをしてしまう私が参戦しても
「果たして生きて帰ってくることは出来るのか・・?」と参加前はドキドキでした。

しかし私と同じように一人参加している人が全体の3~4割と多く、
そこまで浮いた感じもなかったです!

また女性の1人参加も結構多かったのが意外でした!
女性でも7~8人くらいは一人参加の方で
「みんな若いのに行動力あってすごいなーと感心してしまいました。笑」

Rootersのパーティーの流れは?

それでは実際に当日はどんな流れでパーティーが進行していったのかをご紹介していこうと思います!

受付

私は結構時間ギリギリに到着をして開始5分前に受付を行いました!
会場が路地の奥まったところにあり、到着するまでに少し迷ってしまいました。

受付で名前を伝えて、料金支払いを会場にて支払いにしている人はそこで参加料金を支払います。

身分証の提示を行い、ファーストドリンクを選んでテーブルへ案内されました。
最初はスタッフの方がテーブルへのアテンドをしてくれるので、
自由度こそないものの、「どこのテーブルに行ったら良いのかな・・?」と最初から一人でさまようことはなく、一人参加には非常にありがたい段取りになっていました!

恋活パーティーの流れについて説明

20:00になるとイベントスタッフのお兄さんからの説明が始まりました。
女性の参加者が遅れているので開始時間を少し後ろ倒しにするとのこと。
確かに周りを見渡してみると確かに男性の方が多め。

スタッフのお兄さんの説明によると
予約では男女比が30:26であるとのこと。

それは致し方ないと、女性の到着を心待ちにしながら、
結局スタートしたのは20:15頃でした。

会場にはテーブルが10個ほど配置されており、席替えの時間が30分ごとに3回あります。
合計すると女性と話ができるチャンスは4回!

結局男性約30名に対して女性25名前後の参加だったので、
いかに席替えのタイミングで女性とスムーズに合流することが出来るかが勝負になりそうです。
すでにグループになっているところに後から一人で入っていくのはなかなか勇気が要りますからね・・・。

1回目のフリートーク!

1回目はパーティー開始が遅れたこともあり、少し長めのトークタイムになりました。
私を含めて男性3名女性2名という構図です。

男性は海上保安庁で働いている2人と、女性は不動産関係の会社で働いている女性とシステム会社で働いているSEさんでした!
私以外の4名はそれぞれ友達だったのですが、
ここでのフリートークが全くハマらない・・。笑

「お仕事は何されているんですか?」とか
「おやすみの日は何してますかー?」など
若干上辺の会話に終始してしまい、色んな切り口で話を振ってみるもイマイチ反応を得られず。。
おそらく第一印象的にダメだったのでしょう。
現実は時に非情であります。
結局連絡先を交換するも、その後連絡をすることはありませんでした。笑

2回目のフリートーク!

1回目の席替えコールがあり、男性だけが移動するように案内がありました。
私はとりあえず端っこの席に行きたいなーと思って、一人で会場の隅のテーブルへ向かいました。

ここでの男女比は3:3でした!
男性陣は私以外は会社勤めの方2名と、
女性陣も金融系の企業で働いている方や栄養士をされているという方でした。

ここはみんな比較的に明るい性格の方が多く、とても話が盛り上がりました!

食事もこのタイミングで解禁になり、私たちは食事とドリンクを持って屋上へ移動することにしました!
ルーターズ食事

ここでは互いの自己紹介を軽く済ませて、互いの仕事のことについてや、
周りで最近増えてきている結婚式の話などをすることが出来ました!
気まずい沈黙などもなく、30分があっという間に過ぎてしまいました!
スタッフの方からも「早めに下に降りてきてくださいねー」と催促されるほど・・・。

スタッフのお兄さんすいません。。

最後まで話題が途切れることなく会話を楽しむことが出来ました。

3回目のフリートーク!

ここで2回目の席替えです。
ここでは男女ともにテーブル移動をしていいとのこと。
私は直前までテーブルを一緒にしていた28歳の男性と共に再度別の女性グループと話をすることにしました!

我々は屋上の開放感がとても気に入ってしまったので、
彼女たちとも屋上で話をすることになりました。
ルーターズ会場

ここでは男女比2:2だったので、先ほどよりも少人数でゆっくりと話をすることが出来ました。

私以外は出身地がみんな関西圏で近いこともあり、地元トークで盛り上がっていました!
営業職の女の子とイベント関係の仕事をしている女の子だったので、
先ほどのテーブル同様みなさん明るい性格で終始笑いに包まれたテーブルでした。

途中でなぜか屋上で女子会をしていた女性2名も合流し、
合計6名でとても楽しく会話をすることが出来ました!

4回目のフリートーク!

最後は完全にフリータイムです!2SでもOKですし、特に男女比は気にせず動いていいとのことです。
ここでは2Sで話をしている人や、男女でテーブルを囲んでいる人もいましたが、
同性同士で話をしている人や、少し気まずそうに一人で飲んでいる人の姿も目立ちました。

やはり好きにしていいですよと言われると動きにくくなってしまうものでしょうか。

私もその場では特に話したい女性の方がいなかったので、
近くにいる男性と軽く会話をして最後の30分は過ぎていきました。

やはり男女比で男性が多めだったので、最後のフリータイムでは男性が余っていて、1人で飲んでいる人もいました。

パーティー終了後

パーティー終了後はほとんどがバラバラに解散をしていました。
私自身も周りの様子などを見ていましたが、二次会などに出かけているグループはなかったように思います。

終了時間が少し遅かったことも関係しているのでしょうか。
もし二次会を期待するのであれば17:00や18:00スタートなど、早めの時間帯をチョイスされると良いでしょう。

しかしLINE交換は各フリータイム毎には行っていたので、
その後の展開に期待ですね。

計3回のシャッフルタイムがあり、男女とも多くの人と話すことになるので、一度の会話でいかに印象を残せるかが、
その後の展開に繋がるかのポイントになります。

最後のフリータイムで2Sまでいけたらかなり確率は高まりますね!

Rootersパーティーの良い面・悪い面

ここでは実際に参加してわかったRootersパーティーの良い面を解説していこうと思います!

自由度の高いパーティーであること

すべての時間がフリータイムとなっており、
席が固定されているのも1番最初だけです。

事前に会場を見渡しておき、ある程度狙いをつけておくなどすれば、
気になる異性と30分ゆっくりと話すことができます!

一人参加でも問題なし!

こうした恋活パーティーは友達と参加しようと思っても、
予定が合わないとか、友達の好みに引っ張られるなどして、
なかなか自由に動くことができませんよね。

Rootersのパーティーでは一人参加限定や、今回のパーティーのように一人参加歓迎を謳っているものも多いです。

実際に参加してみてわかった事は、一人参加している人も多く、一人でも問題なくパーティーを楽しめるということです!

オシャレな会場でパーティーを楽しむことができる!

今回の会場では屋上のテラスがあったり、
内装はハロウィン仕様になっていたりと細かいところでの演出がとても素敵だったなという印象です。

また立地も表参道ということで二次会などにはとてもアクセスが良いんじゃないかなとは思いました!

一方で良い面だけでなく当然ですが、注意しなくてはならない面もあります。その辺りも少し解説を行っていこうと思います。

なんだかんだコミュニケーション力は必要

メリットの一つとしてあげた自由度の高さですが、
これは逆に会話が苦手な男性にとっては辛いところです。

特に席替えのタイミングを逸してしまうと、30分間はやることに困ってしまいます。
ここは勢いが大事で乗り遅れてしまうとその後辛いことになるので、
頑張って女性へ話しかける姿勢が必要になります。

お相手の印象に残るのが難しい

これはRootersのパーティー云々ではなく、恋活パーティー全般に言えるかもしれませんが、
一度にたくさんの人と話すので、2ショットでお話をする、二次会へ行くなどがないとその後の展開を期待するのは難しいかもしれません。

婚活パーティーではカップリングという概念があるので、
非常ににわかりやすい構図になっていますが、恋活パーティーの多くはこのカップリングという概念がありません。

なのでひとしきり2時間ほど話した後解散となります。

その間に何人もの人と話をしているため、その後LINEが来ても
「この人とどんな話をしたっけ・・?」と
お相手のことを覚えていないことが往々にしてあります。

例えば会話の中で「今後○○のお店にみんなで行ってみましょう!」など
後でメッセージを送る時にネタとなるようなことを話して印象付けをすることが重要です。

こんな人はRootersパーティーに行くべし!

上記内容を踏まえてこんな人はRootersのパーティーに参加してみるべき!
というポイントをまとめてみました!

  • 人見知りせずに女性に積極的に話しかけることができる!
  • まずは恋人・友達を作りたい!
  • 普段、異性との出会いがほとんどない・・・。

やはりある程度女性へのアプローチをすることが必要ですが、
お相手も恋人探しに来ているので基本はウェルカムな姿勢でお話ししてくれます!
恋活パーティーでは頑張って積極的に話しかけたりなどして素敵な出会いを見つけてみてはいかがでしょうか?