出会いがないと悩んでいるなら街コンへ参加してみよう!

恋人が欲しいけど出会いがないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?社会人になると職場と家の往復ばかりで、出会いの場が減ってしまい恋人を作るチャンスが少なくなってしまいますよね。

そんな出会いの少なさに悩んでいる方は、街コンに参加してみてはいかがでしょうか?街ぐるみで行われる街コンは大規模な合コンで、婚活パーティーや結婚相談所に比べ気軽に参加できると人気を集めています。

しかし、合コンと聞くと本当に出会えるのか?年齢層が若すぎるのではないか?と不安になる方も多いはず。ここでは街コン参加者のデータや出会える確率、参加時の心得などを詳しく紹介します。

街コン参加者の年齢層

全国で街コンを開催している株式会社リンクバルが行ったアンケートによると、街コンに参加した男性の割合は25歳から29歳が38.8%、30歳から34歳が34.5%という結果になっています。

一方、女性は25歳から29歳が46.3%で30歳から34歳が32.1%という結果に。参加者の平均年齢は男性が30.3歳、女性は28.8歳という結果になっています。

街コンで出会える確率は3%

日本経済新聞が成功率についてのアンケートをとったところ街コンで出会った人と後日デートをした人が35.2%、付き合った人が9.2%、婚約や結婚をした人が3.4%という結果になりました。

この数字を見て分かるように、街コンに参加している人の多くは恋愛対象になる異性を探しており、積極的に結婚相手を探している人ばかりが集まっているわけではないということが分かります。

そのため、参加の敷居が低く現実的に結婚相手を探しているわけではないけれど恋人が欲しい人や、婚活を始めたばかりという人でも気軽に参加しやすくなっています。婚活パーティーや結婚相談所は気後れしてしまい参加する勇気が出ないという方にもおすすめです。

できるだけ連絡先を交換しよう

街コンは1人の異性と30分から1時間程度話をしたら違うお店に移動し別の異性と話をするのが一般的です。そのため、1店舗目で気になる異性がいても連絡先を交換していなければ出会いにつなげることができません。

少しでもいいなと思った異性がいた場合には、必ず連絡先を交換しておきましょう。連絡先交換をいつ切り出せばいいか分からないという方には席を立つタイミングがおすすめ。

初対面の異性に電話番号を教えるのは不安という方はメールアドレスやLINEのIDを教えるようにしましょう。中でもLINEのIDは比較的簡単に交換できるので、LINEをやっていない人やIDを作成していない人は街コンの参加前に作っておくようにしましょう。

できるだけ2人で参加する

最近では1人参加限定の街コンも増えていますが、2人組での参加が一般的です。友達と一緒に参加することで、初対面の異性に話しかけやすく会話が盛り上がりやすくなるという大きなメリットがあります。

また、万が一失言などの失敗をしてしまっても、フォローをしてもらうことですぐに回復することも可能です。会話が盛り上がらず無言になってしまっても友達と会話をすることで場をつなぎ気まずくなってしまうのを防いだりすることもできます。

街コンに友達を誘うのが気まずいという方も多いと思いますが、出会いだけでなくお酒や食事という楽しみもあるので気軽に誘ってみましょう。恋人を探している友達なら、喜んで一緒に参加してくれるかもしれませんよ。

どうしても一緒に参加する友達が見つからないという場合は、1人参加限定の街コンへの参加がおすすめ。周りも1人で参加している人ばかりなので、浮いてしまう心配もありません。

2次会もおすすめ

街コンは17時くらいの比較的早めの時間から開催されるのが一般的なので、終了後仲良くなった人と2次会へ繰り出すのもおすすめです。

街コンは居酒屋などの飲食店が多い地域で開催されているので、2次会へ誘いやすくお店選びで困ることもありません。2次会でお互いの距離を縮めておくと、2回目のデートや交際に結びつけやすくなりますよ。

(画像は写真ACより)