婚活パーティーに行ってみたいけれど、なんとなく尻込みしてしまう……。
この気持ち、よくわかります。

職場でもプライベートでも出会いがないままでは、幸せな結婚には程遠いままです。
勇気を出さなければ何も変わりません。

今回は、婚活パーティーに参加した女性の体験談をご紹介します。
参加した方ならではのリアルな体験談なので、婚活パーティーへの参加を迷っている方はぜひ読んでみてください。

婚活パーティー参加者のプロフィール

婚活パーティー_プロフィール

基本情報

年齢:29歳
職種:事務
住所:都内(1人暮らし)
年収: 400万円
学歴:短大卒(文系)

出身は群馬県、短大で東京に出てきて、そのまま都内の流通系の会社に就職しました。
恋愛経験は高校生の頃に初めての彼氏ができ、短大を卒業するまでに3人の方とお付き合いをしてきました。

就職をしてからは友人からの誘いで合コンなどにも参加していたのですが、周りがどんどん結婚していく中でそのような機会もどんどん減っていきました。

会社でも内勤が中心なので、新しい人に出会うことがありません。

婚活パーティーに参加したきっかけ

もともと「30歳までには結婚したい」という願望があったのですが、28歳の誕生日を迎えた時点で彼氏はいませんでした。
確か彼氏いない歴は2年になっていたと思います。そこで「婚活しよう」と思い立ちました。

最初の頃は手軽さからとりあえずマッチングアプリに登録しました。マッチングアプリに登録すると、たくさんの男性から「いいね」をもらえたものの、なかなか気になる人はできません。

「とりあえず会ってみるか」と思って会った人が遊び目的だったり、プロフィール写真と全く違う人が現れたりと、あまりいい思い出はありません。

やはり手軽な分、男性側にも真剣さが足りないように感じました。

もっと真剣に交際できる人に出会いたいと思い、マッチングアプリではなく婚活パーティーに参加してみることにしました。

参加した婚活パーティー

参加した婚活パーティー

参加の決め手

どの婚活パーティーに参加するか迷ったのですが、「年代が近い」「オーソドックスなタイプ」「スタッフのサポートがある」を基準に選びました。

参加したのは、新宿のイタリアンバルで男女8対8の婚活パーティーでした。
お店を貸し切って、軽食とお酒も楽しめるとのことで、話しやすい雰囲気だろうなと思ったのが決め手です。

参加者の年代も、男女比も、自分の探していたものにぴったりでした。

最初は自分の趣味である「映画」好きが集まる婚活パーティーや、今話題の「婚活バスツアー」も考えたのですが、初めて参加するにはハードルが高いかなと思い断念しました。

参加した婚活パーティーの形式は乾杯からはじまり、フリートークやシャッフルタイムなどを経て、最後に気になる人をスタッフに伝え結果がわかるというものです。
王道のパターンです。

ちなみに19時からスタートしたのですが、この時間帯であればメイクやファッションもしっかり準備できるので安心でした。

婚活パーティーの持ち物

婚活パーティー_持ち物

少し余談になりますが、初めて婚活パーティーに参加しようと思っている方のために、必要な持ち物についてもお伝えしておきます。

婚活パーティーには普段お出かけの際に持ち歩いているものに加え、保険証や免許証などの身分証明書、ペンなどの筆記用具を持っていくと良いです。
身分証がないと婚活パーティーに参加できない場合もあるので、普段持ち歩かない人は注意してください。

気になるお相手と連絡先を交換する際に充電が切れていた…なんて悲しいことにならないように、モバイルバッテリーも持っていると安心です。
ペンなどの筆記用具は、会場でプロフィールカードを記入する際に使います。

女性が持っておくと便利なもの

スプレーやタブレットなどの口臭ケアグッズ、メイク直し用のコスメと手鏡、ヘアケア用品、毛抜きなども持っておくと安心です。
婚活パーティーはやはり第一印象が大切なので、直前まで鏡を見て身だしなみをチェックしておきましょう。

特に女性にとってムダ毛は見た目のイメージをダウンさせてしまうものなので、処理忘れを発見したときのために毛抜きがあると便利です。
私も毛抜きに助けられました。

口臭ケアグッズやヘアケア用品などは、お相手に不快感を与えないためにも大切なアイテムだと思います。

男性が持っておくと便利なもの

男性も身だしなみをチェックできるよう手鏡を持っておくと良いでしょう。
また、ヘアワックスや唇の乾燥を防ぐためのリップクリームなどもあるとベストです。

体臭が気になって香水を振りかけてきてしまう方もいらっしゃいますが、香りの強すぎる香水はNGです。

意外とメガネが汚れている方も多いので、メガネをかけている方はメガネ拭きを持っておくことも忘れずに。

いざ会場入り!まずはプロフィールカードを記入

プロフィールカード
ほとんどの婚活パーティーでは、会場入りして最初にプロフィールカードが配られます。
このプロフィールカードには簡単な仕事内容や趣味などを記入します。

これを使ってお相手に自分のことをアピールします。

ただし書き慣れていないと、お相手の興味を引くことのできないプロフィールカードになってしまいます。
最悪の場合は空欄のまま婚活パーティーがスタートしてしまうなんてこともあります。

実際に私が婚活パーティーでプロフィールカードを記入した体験をもとに、記入にあたってのポイントもお伝えしておきます。

情報はたくさん書いておく

婚活パーティーでは、1人1人と会話する時間はそんなに多くはありません。
短時間で自分のことを知ってもらうためには、会話にプラスしてプロフィールカードの情報が必須になります。

ですから、できるだけたくさんの情報を書いておくことをオススメします。

内容は具体的に

プロフィールカードに書く情報は具体的に記入しましょう。
例えば趣味の欄に「読書」と書くのではなく、「ミステリー小説をよく読みます」と書いた方が、会話が弾みやすいのです。

プロフィールカードはお相手との共通点を見つけるためのものでもあるので、成功率をアップさせるためには具体的な事柄を書くようにしましょう。

嘘を書かない

自分をよく見せるために、嘘を書いてはいけません。
そんなに料理が好きでもないのに好感度アップのために「料理が得意」と書いたりする方も多いようです。
いざ、お付き合いする段階になってその嘘がバレると、お相手の信用を失ってしまいます。

見栄を張った自分ではなく自然体の姿を見せ、それを受け入れてくれるお相手の方が、交際相手としてふさわしいでしょう。

好きなタイプは細かく書きすぎない

「内容は具体的に」と言いましたが、「好みのタイプ」を書く欄だけは具体的すぎない情報を書きましょう。
本当は身長180cm以上の人が好きであったとしても、それをそのまま書いてしまうと当てはまる人が少なくなってしまいます。

お相手も「僕ではダメだ」と萎縮してしまいます。
この場合は「自分より背の高い人」など、厳しすぎない条件を記入するようにしておくと安心です。

婚活パーティー開始! 説明からトークタイムまで

婚活パーティー_開始

婚活パーティーの説明

婚活パーティー開始前には、婚活パーティー事業者から会の説明があります。
進行の仕方や注意事項などがアナウンスされるので、しっかり聞いておきましょう。
この時、進行に関して分からないことがあれば質問してください。

進行を把握しておかないと、気になる人との連絡先交換のタイミングを逃してしまうこともあります。
人が多くて聞きづらい場合は、後で会場のスタッフにこっそり質問してみてください。

トークタイムについて

私の参加した婚活パーティーでは、まずは近くの席に座った男性と話し、スタッフの「シャッフルタイムです!」の合図で席替えをするというスタイルでした。
シャッフルタイムは何度か設けられているので、結果的に参加者全員と話すことができました。

1対1で話しかけられることもあれば、周辺にいた複数人でトークをすることもあり、シャッフルするたびにメンバーや雰囲気が変わるのも新鮮でした。

なお、お互いに胸には番号札をつけており、これが後のマッチングに必要になってくるので、気になった方の番号は控えておきましょう。

何番がどの人だったかわからなくなってしまうこともあるので、話してみた印象などをメモしておくとベストです。婚活パーティーによっては印象を記入するシートも渡してもらえます。

この時の婚活パーティーでは、30歳の商社マンの方が気になりました。
会話の中にさりげなく気遣いを感じることができたので、話していてとても心地よかったのです。

他の参加メンバーともすぐに打ち解けていた様子だったので、その気さくな性格にも惹かれました。

ドキドキのマッチング発表タイム!

婚活パーティー_マッチング

マッチング結果発表

婚活パーティーの終盤、スタッフから紙を渡され、気になったお相手の番号を1番から3番まで記入するように言われました。
スタッフがそれを集計し、お互いが「いいな」と思っていた場合にマッチング成立となります。

もちろん私は商社マンに投票しました。
「きっと他の人にも人気だっただろうな」と不安になりながらも結果発表を待ちます。
そしてスタッフの方から、結果発表が。「○番の方と○番の方、カップル成立です。おめでとうございます!」と伝えられるのですが、なんと私は商社マンとカップルになることができたのです。

「初めての婚活パーティーでカップルになれちゃった」と驚きながらも、いいなと思っていた人とマッチングできたことにとても嬉しかったです。

今は冷静に書いていますが、当日は心臓がばくばくしていたのを覚えています。

2人きりで2次会へ

婚活パーティーはここで終了です。

これからはマッチングしたカップル同士次第です。
私の場合は、商社マンの方から「この後、予定が空いていたら2次会しませんか?」と誘ってくれたので、そのまま近くの飲食店に行きました。

他のカップルは連絡先を交換したり、次に会う日を相談していたりしました。

飲食店に入っても私のドキドキは収まらなかったのですが、商社マンの方もこれが初めての婚活パーティーだったそうで、お互い「緊張したよね」という会話から打ち解けることができました。

その日は楽しくお酒を飲み、一週間後にランチをする約束をしました。

初めて参加した婚活パーティーでしたが、素敵な人とマッチングできてとても嬉しかったです。
これから商社マンと仲良くなれたらいいなと思っています。

一歩踏み出せば何かが変わるかも!?

婚活パーティーはあなたが思っているよりも、気軽に楽しめるものかもしれません。
私も1度参加してみたことで、婚活パーティーに対するイメージが変わりました。

そして1度目の婚活パーティーで、今まで自分の周りにはいなかったタイプの素敵な男性に出会えるとも思っていませんでした。

「婚活パーティーなんて」と尻込みしているあなた、もしかするといい出会いを逃しているかもしれません。
百聞は一見に如かず、躊躇している時間があるのなら、参加してみたほうが良いと思います。

東京の婚活パーティーはこちらへ
全国から婚活パーティーを絞り込む