今回のオミカレ婚活実態調査では、婚活パーティーに参加するきっかけを調査するため、オミカレ会員を対象に元恋人が忘れられないことが理由で婚活パーティーを予約したことがあるかアンケート調査を実施し、345人より回答を得ました。元恋人忘れない
アンケートの結果、345人中113人(3人に1人)が元恋人を忘れられないことが理由で婚活パーティーを予約したことがある、という調査結果となりました。

皆さんは将来のパートナーとなる方との出会いを期待して婚活パーティーに参加していますよね。以前お付き合いしていた方がいた場合、過去の恋人と現在の想い人を無意識に比較してしまう…なんてこともあるのではないでしょうか。

調査結果から、婚活パーティー参加者が必ずしも新たな恋に切り替えられている人ばかりではないということがわかりました。この記事をご覧の方の中にも、未練があるままで婚活をしてしまっていいのか、相手に失礼ではないか等、お悩みの方もいるのではないでしょうか。

婚活パーティーに参加する理由は人それぞれで全く問題ないのです。元恋人を忘れるには新たな恋人を作ることがやはり一番の方法です。未練があったとしても、次の恋で新たに幸せを感じることができれば「なんで過去を引きずっていたのかな」と自分の気持ちを整理するきっかけにもなります。

あなたのまわりの幸せなカップルや夫婦のほとんども、過去に失恋を乗り越えてきていますよね。別れがあれば、新しい出会いがあります。運命の人との出会いがあると信じて、1人で思い悩むよりも新しい出会いを探してみませんか?

引き続き、オミカレでは婚活に関する実態調査を行ってまいります。

婚活コンサルタント 澤口珠子(さわぐち たまこ)さんからのコメント

 

婚活コンサルタントを始めて約10年、これまで多くの方が私の元に相談にいらっしゃいましたが、ほとんどの方が“前の恋愛体験”を引きずっています。逆に、引きずっていない方は、すでに新しい恋人を作っているとも言えるでしょう。

ですので、「約3人に1人が、元恋人が忘れられないことが理由で婚活パーティーを予約したことがある」という調査結果については、特に驚くような数字の大きさではありませんでした。「新しい恋愛」に踏み出せない相談者さんの話を深掘ってヒアリングすると、忘れられないのは「楽しかった時の思い出」や「恋人がいた頃の自分自身」であって、実は「お相手そのもの」ではないケースが多いです。

人間、何事も“美化”して記憶します。頭の中の元恋人も、時間が経つにつれてどんどんと美化されていきます。そんな状態で新しい人と出会っても、「頭の中の美化された元恋人」を超えることがなく、結果としてどんどんと恋愛から遠ざかってしまいます。妄想の男性の方が、良いに決まってますから。

ですので、元恋人が忘れられないという方は、まずはその方を美化していることを自覚しましょう。その上でぜひ、生身の人間と積極的に会うようにしましょう。新しい恋人ができて、二人で楽しい体験をしていけば、元恋人で悩んでいたことなんてすっかり忘れるでしょう。

生身の異性と一気にたくさん出会える場の一つとして、婚活パーティーは最適な場。気が進まないなと思う人も、恋愛へのリハビリだと思って、参加してみることをオススメします。

調査概要

調査時期
2019/12/14~2019/12/15

調査対象者
(18歳以上の独身男女)※オミカレ利用資格より

回答人数
345人