アラサー以上の独身女性の中には、「『結婚しよう』と言ってくれた彼氏に結婚願望がないことがわかってガッカリ」「年齢的に出産を急ぎたいので、婚活を早く進めたい」といった悩みを抱える方が少なくありません。

これからの出会いを結婚に直結させる方法として、最初から結婚願望の高い男性を探すことと男性が出す「結婚したいサイン」を見逃さないよう的確にキャッチすることが重要です。

同様に、多くの男性が結婚相手に求める条件を知って自分自身を振り返ることも大切です。

【男性心理を徹底解剖】男性が結婚したいと思うタイミング7つ

テーブルで向かい合って座る男女

女性から無理に結婚を迫ると、かえって男性の結婚願望を下げてしまう恐れがあります。

男性の結婚願望が高まるきっかけをうまく利用することが、結婚への近道と言えるでしょう。

周りの友人や同僚が結婚した

それまで結婚について実感を持てなかった男性が、結婚式に呼ばれたり結婚報告はがきを受け取ったりしたことがきっかけで結婚を現実的に捉えはじめることがあります。

親や親戚から結婚のプレッシャーを受けた

20代後半を過ぎると、親や親戚から「そろそろ孫の顔が見たい」「同級生の〇〇君はもう結婚して子どもがいるよ」などと言われることもしばしばです。

男性に結婚願望がない、あるいは婚活がうまくいっていない場合は、こうしたプレッシャーにうんざりしてしまうこともあります。

しかし結婚をポジティブに捉えている男性にとっては、結婚を本格的に考えるよいきっかけとなるでしょう。

幸せそうな家族や子供と触れ合った

外出先などで仲のよさそうな家族連れを見かけたり、すっかりパパの顔になった既婚子持ちの友人と交流したりすることで、結婚願望が高まるケースもあります。

仕事で転機が訪れた

「昇給・昇進してお金に余裕ができたので、家族を養う自信がついた」「転職・転勤で引っ越しが決まったが彼女と離れたくない」などといった仕事上の理由も、男性が結婚を決意する大きなきっかけのひとつです。

住居の契約更新が近づいた

カップルのどちらかが賃貸物件に住んでいる場合、住居の契約更新がプロポーズのきっかけとなることがあります。

また、更新のために不動産屋に行ったことで結婚後の人生をイメージしやすくなる場合もあります。

彼女以上の女性には出会えないと思った

「彼女の家庭的な一面を見た」「一緒にいてリラックスできた」「気持ちが弱っているときに支えてもらった」などの理由で彼女の魅力を再認識したとき、結婚へのモチベーションが上がりやすくなります。

彼女が妊娠した

いずれは彼女と結婚したいが結婚のきっかけがなかなかつかめない男性の場合、彼女の妊娠によって結婚の意思が固まることがあります。

【男性心理を徹底解剖】自分でも気づいてない? 結婚したいと考えている男性が出しているサイン

yesとnoが印字されていてyesに赤でチェックを付けた紙

男性が本気で結婚を考えている場合、彼女に対して以下のようなサインを出すことがあります。

あてはまる項目が多いほど、彼の結婚願望が高いと考えられます。

将来設計について熱心に話す

結婚を考えている男性は、自身の将来設計(将来住みたい場所、子どもの人数、貯金額など)や結婚式への希望、そしてそれらの希望を叶えるためにどんな手段を取りたいかを具体的に話そうとします。

また、彼女の結婚観について質問してくることもあります。

過去の恋愛・家族など、自分の全てを知ってもらおうとする

基本的に、男性はあまり好きでない女性に対して自己開示することはありません。

男性から過去の恋愛や家族などに関するプライベートな話をされた場合、「(短所も含めて)自分を丸ごと理解して受け入れてほしい」というサインと考えてよいでしょう。

自分の家族・友人に会わせようとする

男性が彼女を自分の家族・友人に会わせようとする場合、「将来自分の家族に加わる彼女が、両親や友人とうまくやっていけそうか確認したい」「自分の結婚について家族・友人にも肯定的に捉えてほしい」といった本音が隠れているかもしれません。

【男性心理を徹底解剖】結婚したい男性が女性に求めていること

料理をする女性

結婚願望が強い男性は、将来妻となる女性に何を求めているのでしょうか。

家庭的であること、家事スキルが高いこと

結婚後は妻に専業主婦になってほしいと望む男性はもちろん、共働き希望の男性もある程度家事スキルが高い女性を好む傾向があります。

もし家事スキルに自信がなくても、これから努力しようとする意思を見せれば印象アップにつながるでしょう。

男性が子どもを望む場合は、彼女にも子ども好きであることを望むでしょう。

相手といてリラックスできるか、価値観が合うか

別々の環境で育った2人が新しい家庭を築くためには、お互いに歩み寄り協力することが重要です。

たとえ見た目や収入などの条件がよくても、金銭感覚・食べ物の好み・笑いのツボなどが合わない相手や一緒にいてリラックスできない相手との結婚生活はストレスフルなものになるでしょう。

ただし、正反対の価値観を持つ夫婦がお互いの欠点を補いあってよい関係を築けるケースもあります。

「性格は正反対だけど一緒にいて落ち着ける」というふたりなら、幸せな結婚生活を送れる可能性が高いでしょう。

容姿が自分好みかどうか

もし容姿以外の条件がまったく同じ女性が複数いる場合、より容姿がよい(男性の好みに合う)女性が選ばれやすいでしょう。

「結婚は顔より中身が大事」という人は多いですが、一般的に男性は女性よりも視覚からの情報を重視する傾向があります。

また、子どもを望む男性は相手(母親)の容姿が良ければ自分の子どももイケメン・美人になるかもしれないと期待することがあります。

【体験談】私が彼氏からプロポーズされたきっかけ……!

男性が女性の左薬指に指輪をつけようとしている

世の既婚女性たちは、どのようなきっかけで夫(彼氏)からプロポーズされたのでしょうか?

彼が風邪でダウンした時(30歳・OL)

彼がひどい風邪をひいたので、私が仕事を休んでおかゆやのどに良い飲み物を作ったり病院まで車を出したりして看病しました。

後日プロポーズの際に「あの時のおかゆが決め手だった」と言われました。笑

「プロポーズはいつ?」と聞いてみたら…(33歳・主婦)

付き合って5年になる彼がなかなかプロポーズしてくれず、ひとりでヤキモキしていました。

ある日思い切って「プロポーズの言葉はいつ?」と尋ねてみたら、「長い間待たせてごめん、もし断られたらと思うと怖くて切り出せなかった」と恥ずかしそうに婚約指輪をはめてくれました。

彼に引かれたくなくてなるべく結婚の話題を口にしないよう気を付けていたのですが、それがかえって彼を不安にさせてしまっていたようです。

いとこの結婚がきっかけに!(27歳・販売)

ある日のデート中、いきなり彼から「そろそろ結婚したいんだけど、〇〇(私)はどう?」と切り出されました。

彼曰く、子どものころから仲良くしてきた新婚のいとこに「結婚生活っていいものだよ」と聞いたのがきっかけで結婚の意思が固まったとのこと。

来年のわたしたちの結婚式では、いとこにスピーチを頼むんだと張り切っているようです(笑)

「結婚願望が高い男性と恋愛したい」という女性におすすめのパーティー!

パーティーで男女が乾杯している

現在はお見合い結婚に比べて恋愛結婚が多いですが、すべての恋愛が結婚につながるわけではありません。

また、普通の恋愛結婚は出会いからプロポーズまでに数か月~年単位で時間がかかるものです。

結婚に直結する出会いを効率よく探したい方は、婚活イベントを利用しましょう。

オミカレを利用すれば、全国の婚活イベント情報を簡単に探すことができます。

スタンダードな婚活パーティーはもちろん趣味性の高いコンパ・バスツアーや1対1のお見合いができる結婚相談所、そして「30~35歳の男女限定」「男性は医師・弁護士のみ」といった条件付きイベントなどが多数紹介されています。

オミカレで紹介されているイベントは、きちんとした運営会社が主催しています。

参加者の身元確認やスタッフからのサポートなどに関するシステムがしっかり整っているので、安心して婚活を進められるでしょう。

参加者からの口コミ情報や婚活にまつわるコラム記事が多いのも、オミカレの大きな特徴です。

同じような条件のイベントでも、運営会社や参加者の属性によって当日の雰囲気が大きく変わることもあります。

できるだけ多くの口コミ情報を見ながらイベントを探すことで、婚活への不安を軽減できるでしょう。

結婚への近道は、本気度の高い相手と出会うこと

向かい合う新郎新婦

結婚に直結する出会いを探したいなら、「彼は結婚する気があるのかな?」と不安を抱えながら付き合い続けるのではなく最初から本気度の高い男性を探すことがコツです。

また、結婚したい男性は彼女に対して何らかのサインを出すことが多いです。

現在彼氏がいる方は、彼氏からの結婚サインを見逃さないよう日ごろからアンテナを張っておきましょう。