婚活でLINE(ライン)交換したけど、どんな内容や頻度?の疑問を解決。

婚活でLINE(ライン)交換したけど、どんな内容や頻度?の疑問を解決。 婚活初心者ガイド

お見合いや婚活パーティーで出会った人とLINE交換したけれど、どんな風に連絡すればいいかわからないという人はいませんか。
LINE(ライン)交換後のやり取りは、今後の二人の仲を発展させるチャンス。だからこそ、相手の気を惹く内容でタイミングよく送りたいものです。
そこで今回は、異性とのLINEでのやり取りが不慣れな人に向けて、自分の存在をうまくアピールするためのコツや心がけたいことについてアドバイスします。

【初心者向け】基本的マナーQ&A

【初心者向け】基本的マナーQ&A
異性とのLINEのやり取りに不安がいっぱいという人は多いですよね。
ここでは、メッセージの内容やタイミングなど基本的なことについて、Q&A方式でご紹介します。

Q.初めて送るなら内容は?

A.お礼や挨拶、楽しかったことの振り返りが◎

婚活パーティーやお見合いでLINEを交換した後、初めてメッセージを送るのであれば、「この前はありがとうございました」のようにお礼から始めましょう。
「この前は楽しかったです」とか「この間の●●、美味しかったですね」とか、LINE交換した当時を振り返る内容もおすすめです。
当たり障りのないメッセージからスタートさせ、会話の糸口をつかみましょう。

画像添付もおすすめ

メッセージだけではなく、「この前撮影した写真をシェアしますね」といって画像を送るのもおすすめ。相手に自分の存在を印象付けることができます。
ただしそのためには、事前に写真を撮っておく必要があります。後日画像を送ることを見越して、計画的に準備しましょう。
写真があれば、メッセージの内容をあれこれ考えなくてもいいことに加え、連絡先もスムーズに聞くことができるので一石二鳥です。

Q.時間帯やタイミングは?

A.平日は20時~22時頃、休日はブランチタイム以降がおすすめ

平日にLINEを送るなら、仕事の終わる20時~22時頃の時間帯がおすすめ。
ほっと一息つくことのできるタイミングでのメッセージは、ほかの時間帯に送られてくるものよりも相手の心に残ります。
夕方など仕事中の時間帯では、未読スルーのまま放置されたり、既読後に返信を忘れられたり、思うように返事がこない場合があります。
また、忙しい時に送られてきたメッセージは印象に残りづらく、せっかく時間をかけて考えて入力したメッセージも、サラッと流し読みされてしまいがちです。
夜中など遅い時間に送ることも迷惑になるのでやめましょう。
休日であれば、ブランチタイムより後、午前11時ごろからが◎。ゆっくり起きて身支度を整えて落ち着いたくらいの時間帯がおすすめです。

Q.頻度はどのくらい?

A.3日~4日に一度が◎

婚活で出会った人にLINEをする頻度は、3日~4日に一度程度がおすすめです。
初めのうちはどうしても頻繁にLINE送りたくなってしまうかもしれませんが、毎日だと「鬱陶しい」とか「面倒な人」など、よくない印象を与えてしまいます。
しかし、連絡を渋って1週間や10日など期間を空けると、相手の中であなたの存在が薄れてしまい、婚活イベントで盛り上がった気持ちも冷めてしまうでしょう。
3日~4日に一度というのは、あなたの存在をさりげなく匂わせ続けることのできる、最適な頻度です。

相手のペースに合わせることも大切

LINEでメッセージを送る頻度は、相手に合わせることも大切です。
たとえば、相手から毎日のようにメッセージが届く場合は、あなたからも毎日送ってOK。逆に、週末にしか連絡がつかないような忙しい人には、こちらからも週1くらい頻度で返しましょう。
婚活パーティーやお見合いで会話する際、あらかじめ相手の普段のスケジュールなどに探りを入れておくといいですよ。

参考:婚活パーティー後に思わず返事がしたくなるマル秘LINE術!

LINEやり取りで気をつけたいNG事項7つ

LINEやり取りで気をつけたいNG事項7つ
せっかくLINEをやり取りがうまくいっていても、地雷を踏んでしまえば二人の関係はあっさり終わってしまいます。
そこで、婚活で出会った人とのやり取りでしてはいけないNG事項について7つご紹介します。

1.タメ口や呼び捨てなど馴れ馴れしいメッセージ

LINEでの連絡先を交換するということは、お互いに少なからず好意や親近感を持っているもの。しかしだからといって、いきなり馴れ慣れしいメッセージを送ることはNGです。
やり取りを始めたことで「自分は相手にとって特別な存在だ」と勘違いしてしまいがちですが、実際はたった1度や2度しか会ったことのない、単なる知人です。初めからいきなりタメ口や呼び捨てでは相手を不快にさせるでしょう。
ただし、会話が弾んでいるなら「そうかも!」とか「~と思って!」など、ところどころタメ口風でもOK。敬語と混ぜて使うと無難です。

2.若者ことばの使用

「マジで」、「ピエンなんですけどぉ」、「それって草w」など、いい年をした大人が若者のようなメッセージを送ると、誰もが引いてしまいます。
無理して若作りしているようで見苦しく、品もないため、結婚の対象としては考えてもらえなくなるでしょう。
年上や年下に関係なく、婚活で出会った相手にLINEメッセージを送る時は、ナチュラルな敬語が最適です。

3.長文

LINEでの長文は、読むのが面倒だという人が多いです。また、長文で送られてきたら返信に悩んでしまうと嫌がる人もいます。そもそも、SNSでのメッセージは、気軽にやり取りができるということを前提にしたもの。ですから、短い文言でもそれほど素っ気ない感じはなく、むしろその方がマッチします。
相手の重荷になることのないよう、短く簡潔にまとめるのが一番です。

4.質問攻め

自分ばかり連続で質問を送り付けるのはNGです。
初めは丁寧に答えてくれていたとしても、どんどん質問が増えるにつれて相手は壁際に追い込まれたような気持ちになり、あなたとのやり取りが億劫になるでしょう。
しまいには返信が途絶え、音信不通となるかもしれません。
しかしだからといって、まったく質問がなければ会話はすぐに終了してしまいます。
そこで、やり取りを始めたばかりの時は、話を引き出すような質問をしてみましょう。
相手の会話に対して「その後どうなったんですか?」、「それってどんな物なんですか?」など、話を広げられるような内容がおすすめです。

5.いきなりスタンプを送る

相手の反応を伺うためにいきなりスタンプだけを送る人がいますが、これはNG。なぜなら、あなたがどんな答えを期待しているのかがわからず、相手を困らせてしまうからです。
いきなりスタンプを送る人は、「子どもっぽい」とか「承認欲求強そう」などマイナスイメージを与えてしまい、最悪の場合、やり取りが途絶えてしまう可能性もあります。
もともとスタンプはスルーされやすく、わざわざ返信しないという人も多くいます。はじめにスタンプを送りたいなら、一言でもメッセージを付けるようにしましょう

6.愚痴や悪口

仕事や周囲の人に対する愚痴、悪口はNG。
「ほんっと、仕事面倒なんだよね」というような、一見すると誰もが口にするような冗談めいた言葉も、相手に与える印象は最悪です。
メッセージは文字として残ってしまう分、愚痴や悪口のような嫌な意味の言葉が強調されて見えます。
口で言うよりもさらにキツイ印象となってしまうため、幻滅されてしまうでしょう。

7.誤字、脱字

「楽しかたです!」のように、LINEメッセージの誤字や脱字はよくあること。
たまになら笑って受け流すことができますが、あまりに頻発するとSNSを使い慣れていないようで、老けた印象を与えてします。
特に、初めてメッセージを送る時には誤字脱字に気を付けましょう。
一度自分で読み返してから送信するといいですよ。

婚活でのLINEやり取りによくある悩み

婚活でのLINEやり取りによくある悩み
婚活でのLINEやり取りに悩みはつきもの。特に異性とLINEに慣れていない人にとっては右往左往の毎日でしょう。
ここでは、初心者にありがちな悩みをピックアップし、それぞれの簡単な対処法についてアドバイスします。

盛り上がらないけど大丈夫?

LINEでのやり取りが盛り上がらないというのは、よくあることです。むしろ、初めから盛り上がるという人の方が珍しいでしょう。なので、それほど落ち込まなくて大丈夫です。
その後、関係が進展して共通の話題が増えれば話が弾むようになるし、相手との相性が良ければはじめから自然と盛り上がります。
ですから、話が盛り上がるかどうかで、相手との相性や今後について見極めるのもアリです。

話題が続かない、途切れる時は?

LINEやり取りで話題が続かないのは、会話のテーマを決めていないからです。
話の方向性が決まらないとオチもなく、次第にお互いがつまらなくなって会話が終わってしまいます。
はっきりと話題を決めなくとも、なんとなくテーマを決めて会話を始めるだけで、やり取りが長続きするようになります。
趣味、好きな映画や食べ物の話など、誰もが楽しめる内容を選びましょう。
幼い頃の話や家族の話は、慎重になった方がいいでしょう。育ってきた家庭環境は人それぞれ。中には、トラウマを抱えている人もいます。相手が会話を始めてきたのならOKですが、自分からは話題を振らない方が無難です。

会話を終わらせたい時はどうすればいい?

LINEやり取りをスマートに終わらせたい時は、相手が終わらせようとするのと待つのではなく、自分から発信することが大切です。
スムーズなのは、「そろそろ○○しなきゃいけないから」と次の予定を伝える方法です。たとえば「そろそろお風呂に入るね」とか「明日早いからそろそろ寝るね」など、相手が「あ、そうなんだ!」と嫌な気持にならない理由が◎。
「ありがとう」、「お疲れ様」など、相手への感謝やねぎらいも、うまく会話を終わらせるためのフレーズとして効果的です。
「うん!」、「わかった!」など、短い返事のみの場合も、相手に悟ってもらいやすいでしょう。

女性から連絡でも大丈夫?

男性は、女性からの連絡は大歓迎という人が大半です。
受け身の女性より、自分から積極的に動く女性の方が好感度が高いので、思い立った時にはぜひメッセージを送りましょう。

まとめ

婚活でLINE交換したら、できるだけ早いタイミングで初めてのメールを送りましょう。
話題は誰もが楽しく話せる趣味などの話からはじめ、タイミングを図りながら徐々にパーソナルな話にもっていくのがいいでしょう。初めからグイグイ行くことはやめましょう。
相手の反応を見て、合わせることも大切です。
LINEのやり取りは、相手との距離を縮める絶好のチャンス。面白さやインパクトよりも、丁寧で思いやりのあるメッセージを心がけてくださいね。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました