婚活 23歳
こんにちは、オミカレ編集部の佐々木です。

皆さんの中に「婚活パーティーに興味はあるけれど、
あれっておじさんやおばさんが行くところでしょ?」と思っている方はいませんか?

確かに昔は年齢層が高めでしたが、それはもう過去の話。

最近では20代での婚活も当たり前になっており、2018年の株式会社シャンクレールの調査によれば、
男女ともに25~35歳の婚活パーティー参加者は全体の4割前後を占めています。

さらに、20~24歳の婚活パーティーへの参加者は、男性の場合で15%、女性の場合で19%と、
5人に1人が24歳以下という結果が出ています。

つまり24歳以下で婚活パーティーに参加するのは珍しいことではないのです。

かく言う私も23歳のときに婚活パーティーに参加したことがありますが、
23歳だったからこそのメリットをいくつも感じました。

この記事では、

「23歳で婚活パーティーに行くメリット」
「23歳で婚活する様々な方法」
「23歳で婚活パーティーに行くときの注意点」

を私自身の体験談をベースにご紹介していきます。

23歳で婚活を始める最大のメリットは「理想の相手に出会いやすい」こと

「23歳では婚活をし始めても相手にされず、時間の無駄なのでは?」
と思っている方も多いかと思いますが、実際に若くして婚活を始めてみて、
たくさんのメリットがあることに気づきました。

私が感じた、23歳で婚活を始めるメリットは下記のとおりです。

・23歳前後で婚活を始めるとライバルが少ない
・焦る必要がないからじっくりと理想の相手を探せる
・出会いの数が増え、異性を見る目が養われる
・婚活市場での価値が高いので、自分に自信がつく

23歳前後から婚活を始める最大のメリットは、
良い相手に巡り合いやすいことにあります。

25歳未満で婚活する人の数は少なくないものの、
婚活パーティーに参加する人の8割以上は25歳以上であるため、
婚活市場において一気に価値が上がるのです。

また、価値が高いうちに婚活を始めることは、ライバルに対して有利になるというだけでなく、
出会いの数を増やすことで異性を見る目が養われることにもつながります。

結婚適齢期になってから婚活を始めると、
焦る気持ちが先行してそれほどマッチしない相性の合わない男性に
飛びついてしまうケースも珍しくありません。

心のゆとりを持ちながら、
たくさんの男性の中から自分に合った男性をゆっくりと見定められるので、
結果的に理想の男性に出会いやすくなるというわけです。

実際に私が23歳で婚活パーティーに行ったときは
「ちょっとしたモテ期かな!?」と思ってしまうほどアプローチがあり、
自己肯定感が上がりました。

異性や恋愛に苦手意識が強い方ほど、
若いうちから婚活を始めておくと自信がついて良いかもしれません。

23歳の婚活は金額的に手ごろなものを オススメは婚活パーティー

婚活パーティー 友人の紹介 結婚相談所 合コン・街コン
金額の手ごろさ ×
結婚の本気度 ?(人による)
出会いの数

婚活とひとくちに言っても、
その方法は「合コン・街コン」や「友人の紹介」、「結婚相談所」などさまざまです。

私も23歳で婚活を始める際に一通り検討してみましたが、
友人の紹介は無料ですし、もしかすると良い人に出会えるかもしれないのですが、
出会いの数を増やすという意味では効率が悪いかもしれません。

結婚相談所は入会金が10万円前後かかるなど金銭的な負担が大きいですし、
合コンや街コンは結婚への本気度が人によってまちまちで、
マッチしても結婚を前提にお付き合いできる人に出会える確率は低いなと個人的に感じました。

いろいろと検討してみた結果、
最もバランスがとれていてオススメできると感じたのは、婚活パーティーです。

婚活パーティーの参加費は1回につき2,000~3,000円。

飲み会1回分程度のお金で参加できるのです。

また、結婚への意欲が高い人が集まっているので、
理想の結婚相手を探しやすい環境が整っているとも言えます。

先ほど「23歳での婚活は早すぎない」とは言ったものの、
実際に参加してみると、男性から「冷やかしなの?」「まだ焦ることないでしょ」と言われたこともありました。

それでも、結婚を真剣に考えているということを伝え続ければ、
きちんと取り合ってくれる方がほとんどだったように思います。

むしろ「若いのにしっかりしてるね」と好印象を持ってくださった方もいましたし、
子どもが欲しいと考えている男性にとっては年齢が若いことは魅力的に映るようでした。

ひとくちに婚活パーティーと言っても年齢別、収入別、趣味別などコンセプトの違うパーティーがたくさんあります。

自分にあった婚活パーティーの見つけ方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

23歳で婚活パーティーに参加する場合の注意点

婚活 注意点

23歳で婚活を始めるのは基本的に良いことづくめですが、
若くして参加する方の場合は特に注意してほしいこともあります。

以下では、私の経験を交えながら、2つほど注意点をお伝えします。

H目的の既婚者も混じっているのでガードは崩さず、注意深く観察して

婚活パーティーに参加しているのは、基本的に結婚を真剣に考えている方ですが、
中にはH目的の既婚者が混じっていることがあります。

ガードを崩さず、注意深く観察することはもちろんですが、
以下のような態度や行動が垣間見られたら警戒し、
関係に進展がなさそうな場合は別れる覚悟も必要です。

・彼からの連絡がマメ
・連絡がつきにくい
・左手の薬指に指輪の日焼け跡がある、もしくは指が細くなっている
・決まった場所でしかデートしない、もしくは極端に遠出の旅行ばかり
・写真を撮るのを極端に嫌がる
・土日やイベント時に会えない

この注意点の中で意外なのは、彼からの連絡がマメなこと。

「たくさん連絡してくれるなら安心なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
不倫をしている後ろめたさから積極的に連絡していることもあるのです。

実は、私自身も婚活パーティーで既婚者に遭遇してしまったことがあります。

親しくなった男性と何度かメッセージを交わしていましたが「この時間は連絡しないで」などとやたら制約が多いことを不審に思い、
問い詰めたところ既婚者だと判明しました。

私の場合はメッセージの段階だったので大きなダメージにはなりませんでしたし、
問い詰めて白状してくれるならまだいいほうです。

中には、何度も会う回数を重ねても、問いただしても白状しない悪質なケースもあります。

これらは婚活パーティーに限らず、街コンをはじめとした他の種類の婚活や日常的な出会いにも言えることですが、
こうした被害に遭わないよう、簡単にガードを崩さないようにしましょう。

また、注意点を見直して彼が既婚者の可能性はないか、定期的な確認も怠ってはいけません。

相手に求める条件をしっかり洗い出して無駄な時間を過ごさないように

婚活パーティーに参加するうえで気を付けてほしいことの二つ目は、
相手に求める条件を洗い出してブレないようにすることです。

結婚への意欲が高い異性との出会いの数を増やせるのが婚活パーティーのメリットですが、
出会いがたくさんありすぎると、かえって誰を選べば良いのかわからなくなってしまう人も少なくありません。

私も目移りしてしまった時期がありますが、
そうしたときは事前に書いておいた「理想の相手に求める条件」を見返して、
それに合う人だけに絞ってコミュニケーションをとるようにしていました。

相手に求める条件は、人によって千差万別ですが、
スペックを重視する方は「年収」や「年齢」、「職業」、「学歴」などの条件で絞る方が多いです。

性格などのパーソナリティを重視される方は、ニュースや映画について話し合ったり、
一緒にお酒を飲んだりして、お互いの内面を深く知る機会をつくってみても良いでしょう。

相手に求める条件の一例
「年収」、「年齢」、「職業」、「学歴」、「金銭感覚」、「食事の好み」、
「仕事や趣味、家庭などあらゆることの中で何を最も大切にしているか」など

まとめ「23歳前後での婚活はメリットがいっぱい」

この記事では、23歳前後で婚活を始める魅力についてお話してきました。

若いうちに婚活を始めておけば、ライバルが少なく、焦らずに相手を選べるので、最終的に理想の相手に巡り合う確率が高くなるのです。

若い女性は婚活市場では引く手あまたなので、
高額な婚活をしなくても、出会いの数を増やすことができます。

中でも、1回2,000~3,000円で参加できる婚活パーティーはオススメの方法の1つです。

もちろんH目的の既婚者に遭遇しない可能性がゼロとは言えませんし、
出会いがたくさんある分、目移りしてしまうこともあります。

しかし、きちんと自分の求める条件に立ち戻り、
異性を注意深く観察しさえすれば、デメリットはほぼないと言っていいでしょう。

最後になりますが、若さ以外にもアピールできることを増やしておくのも理想の相手と結婚するために大切なことです。

たとえば、結婚生活において料理をはじめとした家事ができることはやはり有利になります。

まだ結婚適齢期に突入していない若い方だからこそ、自分磨きにじっくりと時間を使えるというのも、
若いうちに婚活を始めるメリットのひとつかもしれませんね。