今回レポートするのは、西日本を中心に23,000人の会員数(提携会員含む)を誇る結婚相談所「フィオーレ」が主催する婚活パーティー。

今日はそのなかから、
大阪心斎橋会場 / 土曜昼開催 / 30代限定 / 個室スタイル /
プロフィールカードやインプレッションタイムにタブレット端末を利用

タイプのパーティーについてレポートします。

ざっくりまとめると、下記のような特徴のあるパーティーでした。

  • 男女各10名に満たない小規模なパーティーなので疲れすぎない
  • 各参加者とのトークタイムは5分程度なので、「もう少し話してみたい」という感覚でマッチングがしやすい
  • 立地もよく、空間の雰囲気や個室制も安心できる

その詳細を、お伝えしていきたいと思います。

参加者の人数と傾向

窓の外を眺めているサラリーマン

参加者は男性8人、女性8人。5人以下だと合う人が見つかる可能性が少なくなってしまうし、10人を超えると話すのに疲れてしまうので、この人数はちょうど良いと感じました。

年代を限定したパーティーだったので、年頃の近い参加者が多いのは良かったです。30代前半と後半の人がほどよくバラけて参加しており、年齢の偏りも見られませんでした。感じのいい人が多く、なかには「なんでこの人が?」と思うようなモテそうな方もいらっしゃいました。

フィオーレのパーティーは、「フィオーレ」に登録している会員さんも参加することができるので、比較的、すでに会員になっている方の参加が多めです。この日は約3/4が会員の方でした。

パーティーの特徴

安心できる空間

会場は落ち着いた照明で上品な雰囲気。受付が済んだらすぐに半個室のブースに通されるので、待ち時間の気まずさもありません。

フィオーレ様会場1

ほかの参加者が見えていると、自分と比較して焦ったり、まだ話していない相手を見た目だけで判断したり・されたりしてしまうので、個室スタイルは嬉しいですね。

フィオーレ様会場2

隣の個室との壁は薄いですが、いざパーティーが始まると全体がザワザワするので、隣の会話は気になりません。

タブレット

タブレット画像1各参加者のプロフィールが常に手元で見られる状態なので、見直して会話を思い出せるメリットがありました。マッチングのフローが手元の端末上で完結するのは、かなり便利だと思います。

あんまり疲れないので気軽に行ける

5人以上10人以下という参加者数は、「疲れたくない、でも、ある程度選択肢はほしい」という人にとって嬉しい人数だと感じました。それぞれの持ち時間も5分ずつなので、パーティー全体の時間も短く、話すぎて喉がガラガラになることもありません。

マッチングしやすい

各参加者との会話時間は5分ほど。相手のことを知るには短いですが、興味が持てるかどうかを判断するにはちょうどいい時間設定です。

さらにマッチングはいいねが複数押せるので、「好き」「付き合いたい」というよりも、「もっと話してみたい」という温度感で行われる印象。そのため、カップルも成立しやすいのかなと思いました。この場でじっくり相手を見極めてひとりに決めるというよりは、まずは出会いを増やすイメージですね。

残念ながら私はマッチングに至らなかったのですが、実際、この日は男女8人ずつの参加で、3組のカップルが成立していました!

カップル成立しなくても、自分にいいねを押してくれていた人を見ることができるので「今回はご縁が無かったけど次回はマッチング出来るかもしれない!」という自信にも繋がりました。

また、アフターアプローチというサービスを通じてあとから連絡をとることも可能なので、チャンスにつなげやすい仕組みになっていると感じました!

パーティーの流れ

目覚まし時計とTIMEパーティーの時間は、開始から終了まで1時間半ほど。
大きく分けて、プロフィールの入力、各参加者とのトークタイム、インプレッションタイム、クロージングという流れで進行していきます。

(1)プロフィール入力

会場に到着したら受付で名前を告げます。参加登録が確認できたら、スタッフの人の案内で、電話ボックスほどの広さの個室に通されます。

今回はタブレット端末を使用したパーティーだったので、このタイミングで端末を配布され、待機するように言われました。時間になるとスタッフが「プロフィールの入力を始めてください」とアナウンスをするので、入力を開始します。

プロフィールは会話のきっかけとしてかなり重要になるので、できれば時間をかけて入力したく、事前入力ができるようになるといいなと思いました。

(2)各参加者とのトークタイム

パーティー開始の時間になると、スタッフのアナウンスで、トークタイムがスタートします。女性がいる各ブースに、男性参加者が順番に回ってきてくれるスタイルでした。

パーティー開始と共に、異性の参加者全員のプロフィールを見ることができるようになるので、お互いに自分のタブレットで相手のプロフィールを見ながら話をします。

ひとりにつき、話せる時間は5分ほど。自己紹介だけで持ち時間いっぱい使い切るイメージなので、会話が続かない心配はしなくても大丈夫そうです。

(3)インプレッションタイム

全参加者と話し終わると、「インプレッションタイム」がスタートします。気になった異性の番号を申告し、お互いがマッチングすればカップル成立です。

まず、スタッフがインプレッションタイムの開始をアナウンスします。すると、タブレット画面の下部にある「インプレッション」メニューが押せるようになります。メニューを押すと異性の参加者の一覧が出るので、気になった人に「いいね」をつけます(複数選択可)。

タブレット画像2

すると、「インプレッション結果」メニューに、自分と相手のいいねが表示され、マッチングできそうな相手が分かるようになります。

タブレット画像4

続いて1回目のマッチングタイム。「マッチング」メニューを開き、いいねがない方を含めマッチングしたい相手を選びます(優先順位を付けて5名まで)。

タブレット画像3

2回目のマッチングタイムは1回目のマッチングでカップル成立した方は選べず、残った方の中から再度優先順位を付けて5名までマッチングしたい相手を選びます。

(4)クロージング

見事マッチングしてカップルが成立したら、お相手と一緒に別室に呼ばれるので、そこで連絡先の交換などを行います。多くのカップルはこの場でしばらく会話をしていくそうです。

マッチングしなかった人は、女性→男性の順で退場します。

こんな人に向いている

ひとりひとりと会話する時間が短いので、この場で運命の相手を決めるというよりは、「まずは出会いを増やしたい」という人にオススメのパーティーです。

マッチングアプリをすでに試していて、「雰囲気や空気感がつかめず、無駄打ちになりやすい」「写真やテキストだけでは自分の魅力は伝わらないから、まずは会って話してみたい」と感じている人にはピッタリのパーティーなのではないかと思いました。

リアルレポートを読んで少しでも興味がわいた場合は、ぜひ一度参加してみてください!