不規則な時間の仕事やプレッシャーから「肉体的にも精神的にも恋をしている余裕なんてない・・・。」とため息をついているアラサー女性はいませんか。

自分でも「そろそろパートナー探しを始めなきゃ」とわかっているのに、そこにせっつくようにかけられる親からのプレッシャー。

「恋活」をするべきか、それとも「婚活」をするべきかわからずに悩み、一歩を踏み出せない人も多いでしょう。

そこで今回は、あなたにとって彼氏づくりのために「恋活」と「婚活」のどちらが合うのかについて考え、最適な選び方をご紹介します。

恋活と婚活の違い

天秤も持つ手と空

「恋活」と「婚活」には、最終到達目標やお付き合いに対する考え方、交際中のモチベーションの違いなどさまざまな違いがあります。

恋活とは?

恋活では、恋愛を楽しんだり、彼氏を作ったりと、恋を楽しむことが主な目的です。

自分が「あ、この人素敵だな」と思えば、職種や年収などの条件を気にすることなく、フィーリングでどんどん飛び込んでいくことができるので、恋愛を謳歌することができます。

男女ともに結婚への意思がなければ、将来のことを真剣に考えずにライトな感覚でお付き合いできるので束縛感がありません。恋活をしたい人は、合コンや街コン、恋活パーティー、恋活アプリなどを利用すれば、気軽に出会いを探すことができるでしょう。

婚活とは?

婚活は、結婚を見据えて相手選びをする活動のことで、お付き合いも結婚前提です。

ですから、お付き合いをするパートナー選びの段階から慎重&真剣モード。

自分の好みや容姿の良さなど外見的な魅力だけではなく、性格の良さや価値観が合うかどうか、生活力があるかなどの見極めも必要でしょう。

交際スタートのきっかけは、恋に落ちるというより、「いろいろと検討した上でようやく」というような計画的パターンが多いです。

お付き合いが結婚を見据えたものなので、結婚を強く望む女性にはもってこいの方法です。出会いの場としては、友人の紹介や合コンのほか、結婚への真剣度が高い男性がいる婚活パーティーへの参加や結婚相談所への入会がおすすめです。

恋活に向いている人の特徴

フェスで盛り上がるオーディエンスの後ろ姿フリーダムに恋を楽しみたい人

恋活の一番の利点は、自由に恋を楽しむことができることです。

婚活のように結婚を考えて交際をすると、男性選びから付き合い方、振る舞いまで何もかもががんじがらめになってしまいがち。

しかし恋活では、そういった縛りや結婚への責任を感じることなく「恋心」を純粋に味わうことができます。

まだ「さや」に納まりたくない人

まだまだ仕事関係に時間を使い頑張って出世を目指したいとか、自分磨きのために時間をかけたいなど、自分のための自由な時間を大切にしたい人は、恋活の方がいいでしょう。

結婚をすると、どんなに男女がお互いに独立した考えを持っていても、相手や相手の家のペースにすり寄ることが必要です。

自分を優先したいうちは、まだ結婚を考えるには早いのかもしれません。

気の合う友人や飲み仲間を探したい人

恋活は、いろいろな男性と知り合うので人脈を広げるためにもいい機会です。

ですから、友人探しのために参加し、「気が合う人がいればお付き合いできればいいな」という考えの人もいます。

仲のいい異性の知り合いを増やしたいという人にもおすすめです。

「結婚」自体に魅力を感じていない人

周りがいくら「結婚した方がいいよ」「子供を持つと幸せだよ」などとあなたに言い聞かせていても、あなた自身が結婚や子どもを持つことに魅力を感じていないのであれば、恋活が向いているでしょう。

最近では、一緒に暮らすものの入籍はしないという事実婚カップルも多く、夫婦のあり方が多様化しています。

結婚が必ずしも人生のゴールではないと考えている人は、恋活が向いています。

婚活に向いている人の特徴

新郎新婦がベンチに座っている将来に安定を望む人

どんなに「男女同権」が叫ばれていても、やはり平均収入は男性の方が上。

定職に就いた男性と結婚をすることで家庭の収入が安定し、将来の経済的な不安が取り除かれます。

また、「誰かが家で待っていてくれる」という精神的な安らぎを得られることも魅力です。

あなたのそばでいつも寄り添ってくれる存在が欲しいという人には、婚活が向いています。

決断力がありポジティブな人

婚活では、目の前に次々現れる男性に対し、絶えず「結婚」を考えてコミュニケーションを取らなくてはなりません。

ですから、「あの人も良かったけど、やっぱりこの人もいいし・・・」とくよくよ悩んでいては何も進みません。

結婚は縁だけではなく飛び込む勇気も必要なので、ある程度決断力がある人の方が向いているでしょう。

子供が欲しいと願う人

もし子供を望むのであれば、婚活が向いているでしょう。

婚活をしている男性の多くは、将来子供が生まれて家族が増えることを想定しています。
子供のいる生活に憧れのある人は、婚活が向いているでしょう。

1~2年以内に結婚したい人

婚活では、自由に恋愛をして交際が始まったカップルに比べ、お付き合いをしてから結婚するまでが早い傾向にあります。

約1年から2年以内で多くの人たちが結婚しているので、できるだけ早い時期にゴールインしたいという女性におすすめです。

恋活と婚活、あなたはどっちがイイ?

窓辺で手を握り見つめ合うカップル
恋活と婚活、自分にはどちらが合うのかなんとなくわかりましたか?

恋活は、結婚うんぬんよりも、今は恋愛を楽しみたいという人におすすめ。

婚活は、いち早く結婚したいとか、子どもが欲しいなど、結婚願望が高めの人に向いているでしょう。

この記事を読みながら、中には「恋活に向いているというのも、婚活に向いているというのもどっちも当てはまる」という人もいるでしょう。

そういった人は、出会いの場に足を向けることで自分の考えがはっきりするかもしれません。

声をかけてくる男性たちのテンションやモチベーション、周りの女性たちの考え方などに触れてみましょう。そうすれば、自分の本当の思いや目指したゴールが見えてきますよ。