好きな人に彼女がいるとモヤモヤしちゃう気持ち、わかります。そのモヤモヤはどうしたらいいのでしょうか。モヤモヤを解決する方法にはいろいろ考えられると思いますが、気持ちを伝えて解決できた人たちの体験談を今回集めてました。

「彼女がいる人にアプローチしていいの?」と思うかもしれませんが、相手はすでに立派な大人。無理やり誘拐したり、脅迫したりするわけではないのですから、気持ちを伝えたうえでどう判断するかを決めるのは彼なのです。

好きな人に彼女がいてアタックしたら「付き合えた」「フラれた」「大人の関係になった」

告白した後に相手が奇跡的に破局して付き合えた(Yさん・34歳女性)

「彼とは昔からの友人でしたが、何かのきっかけで会う機会が増えるうち、徐々に今までとは自分の気持ちが変わっていくことに気づき始めました。ただ、彼には長いこと付き合っている彼女がいるのを知っていたので、気持ちだけ伝えて諦めようと思ったんです。

実際に告白をしたときも一度はお断りされてしまったのですが、その後に彼女と彼の間でもめ事が起き、奇跡的に破局。その後、頻繁に会うようになって付き合う流れになりました。

破局した直接の原因は私にはないようなのですが、あのとき告白していなければ彼の気持ちがすぐに私に向くこともなかったかもしれないなと思います。元々付き合える可能性は低いわけですし、『彼女と別れてもらって絶対に付き合いたい』というほど強い気持ちがなくても、気持ちを素直に伝えておいて損はないと思います」

Yさんの場合は、告白した後に先方がたまたま破局する流れになりました。まさに棚ぼた的な展開。めでたしめでたし。ですが、告白してすぐに「考えてみる」と検討してくれた場合は注意が必要です。というのも、付き合っている彼女がいるのにすぐに「考えてみる」という男性は、その後も同じことを繰り返す可能性があるから。もちろん、その後円満に交際が続く可能性もありますが、二つ返事でOKを出されたり前向きな返事がすぐにもらえたりする場合は、ちょっとだけ慎重に構えておきましょう。

一度はフラれたが、その後の関係に変化が(Nさん・25歳女性)

「彼女のいた彼に告白してフラれました。ただ、彼自身は私に好感を持ってくれていたので、告白したことで以前よりも会う回数や映画を観るなどのデートらしい約束が増えて距離は縮まった気がします。今はまだ彼は彼女と付き合っていますが、こうしてデートを重ねるうちに『もしかしたら』ということもあるかもしれないなと思っています」

告白されて嫌な気持ちになる人はいないかと思いますが、恋人がいるにも関わらず告白してきてくれた女性についてはうれしく思う男性は私の周りにも多くいます。告白されるだけでもうれしいのに、1つハードルを越えて告白してきてくれるなんて「俺のことよほど好きなんだな」という感じでしょうか。しかも、今付き合っている彼女との付き合いが長ければ長いほどときめいてしまう男性もいるでしょう。

ただし、その「うれしい」が「彼女と別れて付き合いたい」になるかはまた別の話。デートの回数を増やして好きになってもらう作戦ももちろんOKですし、「一緒にいる時間が増えるだけでうれしい」という場合でも良いと思います。しかし「どうしても付き合いたい」と考えている場合は、長期戦に持ち込むのはNG。予めデッドラインを設定して、タイミングが来たら見切りをつけて次のターゲットに狙いを定めにいきましょう。

一人の友人として見れるようになった(Sさん・29歳女性)

「彼女がいる男性に酔った勢いで告白しましたが断られ、破れかぶれになっていたこともあり、そのままホテルに行って一夜をともにしてしまいました。付き合う前に関係を持つと彼女になれないと言いますし、ましてや相手は彼女がいたので当時はかなり後悔していました。でも、関係を続けるうちにお互いの悩みを打ち明け合うようになり、私も彼を恋愛というよりも一友人として見られるようになったので、これはこれでよかったかなと思っています」

相手と絶対に付き合いたい場合は、セックスに持ち込むのはおすすめできません。ただし、Sさんのように結果として良い方向に転じる可能性もあるので一概に言えない、というのが恋愛の面白いところ。また、ごく少数ではありますが、3年近くセフレ関係にあった人と付き合うことになった事例もあります。

まとめ「恋人がいる男性に告白するリスクはゼロ」

恋人がいる男性に告白して付き合える可能性は低くてもリスクはありません。うまくいけば儲けものですし、うまくいかなくても気持ちを切り替えるチャンスです。また、例にあったように、一度はフラれても彼の状況や心境が変わった際に付き合える可能性だってあります。

二つ返事で快諾された場合は、付き合う前に関係を持たないことなどには気を付けたほうが良いですが、告白自体はNOリスク。気持ちが固まっているなら、まずは思いの丈を伝えてみてもいいかもしれません。