狙い目は?平日の仕事終わり・帰りの婚活パーティーと土日休日の婚活パーティーはどっちがいい?

狙い目は?平日の仕事終わり・帰りの婚活パーティーと土日休日の婚活パーティーはどっちがいい? 婚活のコツ

婚活パーティーは、平日や土日休日を問わずたくさん開催されています。
特に都市部では、昼夜を問わずフル回転!
ランチとディナーで1日に2つ以上の婚活パーティーをはしごするという強者もいます。

平日と土日休日の婚活パーティーには、それぞれに曜日ならではの特徴があります。
婚活パーティーに参加するなら平日と土日休日どっちが狙い目なのか、それぞれのメリット・デメリットを挙げながらご紹介していきましょう。

平日仕事帰りのメリット・デメリット

平日仕事帰りのメリット・デメリット
まずは、平日仕事帰りに行われる婚活パーティーのメリットと特徴、デメリットについてご紹介します。

メリットと特徴

少人数だからじっくり話せる

平日仕事帰りの婚活パーティーは、土日休日に比べると参加人数は少なめ。
ということは、裏を返せば、ゆっくり話ができるということです。
パーティーの開催時間は決まっているので、人数が少なければ一人当たりの持ち時間が多くなるというのは当然です。
相手のことをよく知ってからマッチング希望を出せるので安心です。

定時退勤や時間に融通の利く職種の人が多い

平日仕事帰りの時間帯に開催される婚活パーティーは、18時前後からスタートすることがほとんど。
となると、17時くらいには仕事を終えて会社を出なくてはいけませんよね。
定時で帰ることができるか、あるいは、早退や有休を認めてもらえたり自営業だったり時間に融通の利く仕事をしている男性が集まりやすくなります。
その他、営業職やサービス業、シフト制の製造業も多いです。

土日休日にわざわざ出なくていい

平日仕事帰りだと、会社からそのまま会場に直行できるので、効率よく時間を使うことができます。
土日休日にわざわざ婚活パーティーのために出かけることが億劫だという人には最適です。

土日休日よりも若干料金がお得

土日休日に開催される婚活パーティーよりも、平日仕事終わりのものの方が少しだけ料金が安く設定されています。
平日限定割引などが適用されることもあり、リーズナブルに済ませたいという人におすすめです。

デメリット

婚活パーティーの開催数が少ない

平日仕事終わりの婚活パーティーは、土日休日に比べると数が限られます。
ですから、自分の希望する条件のパーティーが開催されていないこともあるでしょう。
人数集めのために年齢や職業などの条件が付けられていないこともあるので、せっかく参加しても理想の人がいない可能性もあります。

参加者が少ないので出会いの確率が下がる

平日仕事帰りの婚活パーティーは、参加者が少ない分、出会いの確率は下がります。
さらに、急な残業で急遽欠席になる男性もいます。
一度に多くの男性と出会いたいという人にとっては、少し残念かもしれません。

人が集まらないと開催が中止になることも

せっかく婚活パーティーに申し込みをしても、開催のための最低限の人数が集まらなければ中止になってしまうことがあります。
早退や有休などでわざわざ予定を空ける人にとっては、ショックが大きいかもしれません。

おしゃれをして臨めない

平日仕事帰りだと、ヘアメイクやファッションに十分な準備時間をかけられません。
もしかすると、ぼさぼさ髪のまま・・・ということもあり得ます。
自分の納得のいかない身だしなみだと、テンションが下がってしまうかもしれません。

土日休日のメリット・デメリット

土日休日の婚活パーティーのメリット・デメリット
土日休日に行われる婚活パーティーには、平日仕事帰りのものとはまた違ったメリットやデメリットがあります。

メリット

婚活パーティーの開催数が多い

土日休日のメリットは、パーティーの開催数が多いということです。
実際に、婚活パーティー参加者に人気のある曜日・時間帯が「土曜の夕方」で、この時間に開催されるものが多くなります。
土日休日はほとんどの場合、昼も夜も行われているので、うまくいけば違うパーティーをはしごすることもできます。
自分の参加したい条件のパーティーが見つけやすいので、理想の相手探しには最適でしょう。

参加者が多い分出会いの確率も高まる

土日休日は、どの婚活パーティーも定員が満たされています。
たくさんの参加男性の中から自分に合う人を探すことができるので、いい出会いの確率が高まります。

土日休日休みの職種の人が多い

土日休日に参加する男性は、仕事が休みであることが多いです。
自身が週末に休みなのであれば、もし結婚した場合、同じようなサイクルで生活することができます。
金融系や商社など、比較的大きな企業で働いている人が集まりやすい傾向にあります。

パーティー後のデートに誘いやすい

特に土曜の婚活パーティーの場合、日曜日も休みという人が多いので、マッチング当日の2次会や次の日の日中デートに誘いやすいことがメリットです。
「鉄は熱いうちに打て」というように、マッチング直後が一番気持ちが盛り上がっているものです。
この機会に一気に2人の距離を縮められるチャンスなので、短期間で相手を見つけたいという人に向いています。

デメリット

慌ただしい

土日休日の婚活パーティーでは、参加者が多い分、慌ただしさを感じやすくなります。
あらかじめ定員は決められているので、参加者の男性と話す時間はあります。
ただ、ゆっくり話すことができるかというと、そうではありません。
短時間で相手を見極めなければならず、じっくり考える間もないまま終了・・・ということにもなりかねません。

休日の予定が婚活パーティーメインになってしまう

平日仕事終わりが「ついで」という感じで参加できることに対し、土日休日の場合、婚活パーティーがメインになってしまいがちです。
パーティー自体は2時間ほどですが、仕事などで気を紛らわす時間がない分、それにばかり意識がいってしまい、かえって疲れてしまうこともあるでしょう。

平日仕事終わりor土日休日、狙い目はどっち?

「平日仕事終わり・帰り」と「土日休日」が狙い目なのでしょうか。

相手をじっくり見極めたいなら「平日仕事終わり・帰り」が狙い目

休日土日に比べて比較的参加者の少ない平日は、じっくりお相手探しをしたいという人に◎。
定員に満たない場合も開催時間は決まっているので、人数が少ない分ひとりの人とゆっくり話すことができます。
初めての人と打ち解けるまでに時間がかかという人見知りの人にもおすすめです。

平日開催なら金曜が狙い目!

平日に参加するのなら、金曜開催のものがおすすめです。
もしマッチングしたらその後に他のお店で軽く1杯・・・という時間をとりやすく、夜遅くなっても次の日が休みであれば気楽に楽しむことができます。

多くの異性と出会いたいなら「土日休日」が狙い目

休日開催の婚活パーティーは、平日に比べて多くの人と出会うことができます。
定員の多いパーティーでも埋まることが多いので、効率よくたくさんの男性と出会いたい人におすすめです。

遅い時間でもOKの「オンライン婚活」も狙い目

遅い時間でもOKの「オンライン婚活」も狙い目
仕事が不規則だったり出張が多かったりなど、なかなか決まった日時に婚活パーティーに足を運べないという人もいるでしょう。
それであれば「オンライン婚活」がおすすめです。
オンライン婚活は、インターネット環境さえあればどこからでも参加OK。
平日や休日問わず多く行なわれており、22時過ぎから開催するものもあるので、残業仕事の後でも気軽に参加することができます。
会場までの移動時間が不要なので、時間を有効活用したいという人にも向いています。

自分の生活スタイルに合わせて参加しよう

婚活パーティーは、平日仕事終わりにも土日休日にもそれぞれにメリットとデメリットがあります。
現代は、仕事や生活スタイルなどが人それぞれなので、自分の都合にあったパーティーを選ぶことがおすすめです。
それぞれの長所や短所を見極めて、婚活パーティー探しに役立ててくださいね。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました