飲み会というと居酒屋などに集まり、対面(オフライン)でお酒や食事を楽しむことをイメージするのが一般的ですが、近ごろは「オンライン飲み会」というスタイルが流行り始めています。

しかし、少し前まではオンラインで飲み会を開催することはほぼなかったので、初めて参加する人はどのような雰囲気で、メリットは何があるのかわからないはずです。

そこで今回はオンライン飲み会のメリットやデメリット、参加方法などを詳しくご紹介するので、オンライン飲み会に参加してみたい人はぜひ参考にしてください。

オンライン飲み会のメリット

GOODと書いてあるオブジェオンライン飲み会のメリットには、

  • 飲食店で集まるよりもコスパが良い
  • 生活空間が映るので友人宅へお邪魔した気分になれる
  • 参加者の手作り料理を見るのも楽しみ
  • ビデオをOFFにしておけば話は聞いたまま片付けしても大丈夫
  • 自宅なので終わった直後に寝落ちしてもOK

などのメリットがあります。

飲食店で飲み会を開催するとおしゃれな食事が楽しめる反面、飲食代がかかるのがデメリットです。

オンライン飲み会なら食事は自作なのでコスパが良いですし、参加者がどのような料理を作っているのかも見て楽しめます。

それぞれの自宅で開催されるオンライン飲み会は、参加者の自宅の様子が映し出されるのが特徴です。

プライベート空間が見られるので、友達の家にお邪魔したような、アットホームな雰囲気でお酒が楽しめるのもメリットの一つと言えます。

そのほか、ビデオ通話はビデオ機能をオフにして声だけ参加することも可能なので、食事の片付けなどちょっとした家事をしながらでも参加できるので気楽です。

自宅ですから終わった直後に寝落ちをしても構いません。

自宅で気軽に参加できるところが、オンライン飲み会最大のメリットかもしれません。

初心者でもハードルが低い飲み会ですから、興味がある人は積極的に参加してみるとよいでしょう。

オンライン飲み会のデメリット

BADと書いてあるオブジェオンライン飲み会のデメリットとしては、

  • ネットに不慣れな参加者がいると設定ができず喧嘩になることもある
  • ネット接続やデバイスの充電が追い付かず途中で離脱する可能性もある
  • 発言が被ると聞こえづらいこともある
  • 準備~片付けまで自分でやらないといけない
  • 参加者の手料理を見る事はできてもシェアして食べられない

などがあります。

オンライン飲み会はビデオ通話を使いますが、ネットに不慣れな人だと、カメラや音声の設定がうまくできないこともあります。

ほかの参加者がやり方を教えてもうまくできないと、喧嘩になり、気まずい雰囲気が漂ってしまうこともあるのです。

ネット環境が不安定だと接続が切れてしまったり、飲み会終了まで充電が持たなかったりと、途中で離脱してしまう場合もあります。

そのほか、ビデオ通話は音声が相手に伝わるまでに多少のタイムラグがあるので、発言が被り、相手の声がきちんと聞こえないなどのデメリットも。

食事の準備から片付けまで自分でおこなわないといけないので、食べるだけで済む飲食店でのオフライン飲み会と比べると、そのあたりは面倒に感じる人もいるでしょう。

ホームパーティーのように参加者の手料理をシェアすることができないなどのデメリットもありますから、そこも踏まえて、自分に合うスタイルか一度考えてみるとよいです。

オフライン飲み会との違い

PCでビデオ通話しながらお酒を飲んでいる女性オンライン飲み会とオフライン飲み会(居酒屋などに集まり対面での飲み会)の違いは、参加者が自宅から参加することだけと思っている人もいるかもしれませんが、実は他にもたくさんあります。

まずは「遠方の人も参加できる」という点です。当然ですがオフライン飲み会は開催場所まで足を運ばないといけないので、片道数時間もかかる場所にいる人は基本的に参加しません。

しかし、オンライン飲み会は自宅からの参加ですから、どんなに遠くに離れていても、ネット環境があって「参加したい」という意思があれば遠方の人でも参加できます。

次に「参加者全員の顔を見ることができる」という点です。

オンライン飲み会はパソコンまたはスマホの画面に参加者全員の顔が表示されます。

オフライン飲み会だと一度に全員の顔を見ることは難しいので、誰がどのような反応をしているのか把握しきれないこともあるでしょう。

その点、オンライン飲み会なら常に参加者全員の表情を読み取れるので、自分の話をより楽しそうに聞いてくれる人を見つけることが簡単です。

次は「全員がひとつの話題で会話をしないといけない」という点。

オンライン飲み会での会話は全員に聞こえていますから、特定の人と2人きりで話をすることはできません。

そのため、仲を深めたい人がいたら、2人だけのオンライン飲み会に誘い直さないといけないのです。

最後は「席の移動ができない」という点がありますが、オンライン飲み会の場合は誰かと隣り合わせという概念はありませんので、席の移動ができなくても不便ではないでしょう。

オ ンライン飲み会で良く使われるZoomのビデオ通話と操作方法

ビデオ通話画面が映し出されたPCオンライン飲み会ではビデオ通話を使用しますが、いくつかあるなかでよく使われるのが「Zoom」です。

今回はZoomを使ったオンライン飲み会への参加方法を詳しく説明しましょう。

まず、Zoomを利用するにはアカウントが必要なので、お持ちでないなら公式サイトでアカウントを作成しないといけません。

Zoom公式サイト
https://zoom.us/

Zoomの公式サイトへパソコンからアクセスし、画面右上にある「サインアップは無料です」という文字をクリックしてください。

ちなみにZoomはスマホからも使えますが、パソコンのほうが操作しやすいので今回はパソコン版で説明させていただきます。

生年月日等を入力するとアカウントが作成できるので、パスワードなど必要な情報を忘れないようメモしておきましょう。

次に、オンライン飲み会の幹事から、Zoomミーティングに参加するためのURLを教えてもらえるはずなので、飲み会の開催時間の少し前になったら、パソコンからそのURLをクリックします。

するとZoomアプリ使用許可の確認メッセージが表示されるので「Zoom Meetingを開く」をクリックしてください。

最後に「コンピューターでオーディオに参加」をクリックすれば、オンライン飲み会に参加できます。

オンライン飲み会でのコミュニケーションには参加者への配慮が必要

スマホをもってポイントを表現する人差し指を立てている女性オンライン飲み会で参加者とコミュニケーションを上手に取るには、参加者への配慮が必要ですので順番に説明します。

もしあなたがオンライン飲み会を主催する立場になったら、終電を気にしなくてもよいからと言って、明け方まで飲まないように注意してください。

参加者のなかには翌日の朝から予定がある人もいますから、2時間だけ、長くても3時間以内には終了するなど、開催時間をきちんと決めておきましょう。

会話をするときは声のボリュームにも注意が必要です。

早くに就寝する子供がいる参加者もいますし、大きな声で喋ったり笑ったりすると、近所迷惑になるかもしれません。

酔うと声が大きくなりがちな人は、声のボリュームには十分気を付けましょう。

そのほか、同居人がいる人は、同居人から離れた部屋からオンライン飲み会にアクセスするのも大切です。

参加者以外に会話を聞かれたくない人もいますし、あなた以外の人が部屋をウロウロしていると飲み会に集中できないと感じる人もいます。

最後に、映っている生活空間は相手のプライベートな情報ですから、あれこれ詮索したり、何が映っているのか根掘り葉掘り聞き過ぎたりしないように注意しましょう。

なかには「監視されている」と感じる人もいるので要注意です。

節度を守って楽しく飲むことが大切

PC前に座って笑っている女性オンライン飲み会を楽しい時間にするには、参加者に対してある程度の気遣いが重要です。

「気楽に参加できるから」「終電がないから」と言ってハメを外しすぎないよう、節度を守ってオンライン飲み会に参加しましょう。

オンライン婚活パーティーを探す

合わせて読みたい!オンライン婚活初心者におすすめするノウハウ記事