見た目はそれほど悪くないし、年収も平均的。

結婚相手としての条件は悪くないはずなのに、なぜかモテないという人はいませんか。

もちろん、女性にとって結婚相手にする男性の容姿や収入は大切なポイントですが、それだけがよくても他がイマイチで、女性があなたに幻滅してしまっているのかもしれません。

婚活を成功させるには、自分が知らないうちにしてしまっている「モテない」言動をどうにかすることが先決です。

そこで、婚活でモテない人の特徴をピックアップし、モテるためのアドバイスと合わせてご紹介します。

自分ばかり話をしている

人差しで数字の1を示しながらこちらを見る男性
女性と会話をする時自分が話す時間と相手が話す時間、どちらが多いですか。

自分が話す時間が多いと自覚のある人は、要注意。

女性が会話を楽しめていない可能性が高いので、もっと相手の話に耳を傾けた方がいいでしょう。

「いいな」と思っている女性にいい印象を持ってもらうために、今の仕事や学生時代、家族の話など、さまざまなことを話すことでアピールをする男性は多いと思います。

しかし、この行動こそが女性にモテないポイント。

自分は単にアピールしているつもりでも、女性にとっては自慢に聞こえているということもあるので注意が必要です。

また、男性の中には、女性に対して「自分がリードしなければいけない」とある種の責任感から会話を盛り上げようと頑張ってしまう人がいます。

何の会話もなくシーンとしている状況に耐えきれず、その状況を突破するために自分のことばかりをネタにするうちに、気づけば自分ばかりが話してしまうのです。

これは女性を気遣って起こしている行動なので心がけとしてはいいのですが、男性自身のことばかりを話題に挙げていては女性をうんざりさせてしまいます。

女性があなたといる時間を「楽しい」とか「充実しているな」などと思うためには、女性が自分のことを話し、それに共感してもらえる瞬間が必要です。

男性から一方的に話しかけられてばかりいれば、会話を楽しめないどころかずっと聞き役でいることに疲れてしまい、しまいにはあなたといる時間はつまらないものだと感じるようになります。これではモテないはずです。

会話を盛り上げるためには、自分のことを発信してばかりいるのではなく、二人が共通で楽しむことができる話題を提供することがポイント。

「会話を楽しむ」とは、言葉のキャッチボールを楽しむことなのであって、あなたの話題で相手を笑わせるということではありません。

よく女性の「面白い男性が好き」という言葉を鵜呑みにして、お笑い芸人かのように弾丸トークをする男性がいますが、これは最も悪いケースなので気を付けましょう。

会話中に笑顔がない

手鏡で表情を確認する男性
スムーズなコミュニケーションには笑顔が大切です。

あなたが無表情でいると、女性はどのようにあなたと会話していいかわからず、「とっつきにくい人」という印象を与えてしまいます。

人見知りで初対面の人と話すことが苦手だから無愛想になってしまう、という人もいるでしょう。

愛想の良さはその人の生まれ持った性格の特徴の一つ。

社交的な性格で誰に対してもフレンドリーに話しかけることができる人は、婚活において大きな強みになります。

反対に、幼い頃からシャイなのであれば、初対面の人と会話をするどころか数回会ってもなかなか緊張がほぐれず、自然な表情で話すことができるまでに数か月かかってしまう人もいます。

つまり、誰もが初対面の人に愛想よく笑顔を振りまくことができるわけではありません。

しかし、大人なのであれば、相手を不快にさせないために多少の笑顔を心がけることはマナーの一環。

男性の中には「自分は恥ずかしがり屋な性格だから、初対面の女性に愛想よくすることなんてできない」とはじめから諦めてしまっている人がいますが、これは単なるわがままです。

自分に自信を持つことができないとか、笑顔の作り方がわからないなど、愛想よく振る舞いたくてもできないというケースもあります。

幼い頃「男はへらへらするな」と育てられたが故に、日ごろから人に笑顔を振り向くようなことをしてこなかった人はたくさんおり、このような男性は作り笑顔が極端に不自然な人が多いです。

作り笑顔が苦手なのなら無理をしてそれをする必要はありませんが、モテたいのなら日常で笑顔が自然と出せるようにトレーニングをするなど、少しの努力は必要です。

そこで、鏡に向かって笑いかけることから始めてみましょう。

鏡に映る自分の笑顔を見ながら笑うと自然な表情ができやすく、何度も繰り返して練習することで笑顔を作るための筋肉が引き締まり、口角が上がりやすくなりますよ。

発言がどこかネガティブで一緒にいるのがつらい

頭痛の種をもつ男性
発言がネガティブな男性は、はっきり言ってモテません。

せっかく女性があなたのことを褒めているのに、「でも・・・」とか「僕なんか・・・」と後ろ向きな発言ばかりしていては、女性は自分の意見を否定されたように思ってしまいます。

また、「あの店は料理がまずい」「あの観光地は面白くない」など、会話の中で何かにつけてマイナス意見や文句ばかりを言うことは、話をしぼませる原因に。

そこで一言「そうなんだ!」と相槌を打てばいいものの、男性が変に自己主張をしてしまったがために、盛り上がるはずの話の腰を折る結果になり、女性を不快にします。

こんなことばかりを繰り返していると、女性は次第にあなたと一緒にいることがつまらなくなり、「もう会いたくない」と距離を置いてしまうでしょう。

イイ感じだと思っていた女性がいつの間にか離れていってしまうと感じている人は、もしかするとこのことが原因かもしれません。

人を笑いものにしたり馬鹿にしたりしたような発言や、愚痴ばかりを言う男性もNG。

気の合う仲間同士で気楽に日ごろの不満を言い合ったりするならまだしも、初めて会った女性に向かって悪口や不平・不満をぶちまけることはふさわしくないし、相手を嫌な気持ちにさせるだけです。

それだけでなく、TPOをわきまえた話題選びや振る舞いができない男性だと思われ、女性に幻滅されてしまいます。

発言がいつもネガティブだったりデリカシーがなかったりする男性は、女性から「疲れる」「一緒にいるとこちらまで暗い気持ちになる」と敬遠されてしまいます。

女性が男性のことを素敵だと感じるのは、一緒に居て居心地がいいとか、この人といて楽しいと思ったときです。

その場を和ませ、明るい雰囲気づくりをすることは大人の振る舞いとして常識で、モテる男性にはその雰囲気作りが上手な人が多いです。

婚活では、結婚を前提にお付き合いすることを見据えて相手選びをするので、大人としてのマナーに欠ける人は恋愛対象にすらならず、たとえいくらイケメンであったとしても魅力的ではありません。

婚活でモテないと嘆く前に自分を見直そう

モテている男性のイラスト
容姿や年収が一般的なのに婚活でモテないことに「なぜ?」と頭を抱えている人は、一度、自分の女性に対する振る舞い方を見直してみてください。

自分が「モテない」となると、男性はファッションやヘアスタイルなどの「外見」をおしゃれにすることばかり考えてしまいがちですが、実はそれだけに気を遣っていてもモテるようにはなりません。

モテないのは容姿や年収のせいではなく、あなたの振る舞いが女性を遠ざけていることがほとんど。

自分の話ばかりを押し付けたり、いつも表情が暗かったり、さらにネガティブな発言を繰り返すなど、女性を戸惑わせるような言動ばかりをしていれば、誰も寄りついてきてくれるはずがありません。

モテるために大切なことは、女性が心地よく居られるためのコミュニケーションを心がけること。

相手の話に愛想よく耳を傾け、明るく前向きな話題を提案することがモテるためのコツです。

これを繰り返すことで、あなたといることが「楽しい」と思う女性が増え、一気にモテ男に変身することができますよ。