自分で婚活をしていても、中には上手くいかない人もいますよね。

そんな時は『結婚相談所』を利用するのも方法の一つですが、中には「トラブルを招いてしまった」という人もいます。

せっかく出会いに結びつけるために入会したのに、トラブルにあってしまっては元も子もありませんよね。

そこで今回は「結婚相談所で起きやすいトラブル」と「5つの解決方法」についてご紹介します。

結婚相談所に入会する時にトラブルが発生するのはなぜ?

両手を広げ怒っている女性

結婚相談所に入会する時にトラブルが発生するのは

・個人経営や小規模業者による結婚相談所がほとんどのために体制が整っていない
・悪徳業者がはびこりやすい

この2つが主なものです。

結婚相談所はまだ大手企業による運営が少なく、小規模事業者では、個人情報の管理や入会者に対して、十分にケアできる人数体制となっていない事がトラブル発生の大きな要因です。

また、結婚相談所は事業を始めるにあたって資格が必要ないため、法律を守らない悪徳業者が運営している場合も極わずかですが存在します。

【トラブル例】 紹介人数が少ない・紹介相手の質が悪い

男女がプラカードを一緒に持っている

まず、結婚相談所でのトラブルとして多い、「紹介人数が少ない」「紹介相手の質が悪い」について詳しく説明します。

紹介人数が入会の説明をされた時より少ない

結婚相談所に入会する時は、「月に5人前後の相手を紹介します」など、どのくらいの人数の相手を紹介してもらえるかの話をされるはずです。

しかし実際に入会してみると、容姿のいい人や若い人ははじめに言われた人数よりも多く紹介されるにも関わらず、中には「全くお見合い相手を紹介されない」という話も。

相手を紹介してもらえなければ出会いに発展しないため、これではせっかく入会しても意味がなくなってしまいますね。

紹介された相手が希望の条件と違う・質が悪い

結婚相談所に入会したあと、「紹介された相手が希望の条件と違う」「タイプではない人ばかり紹介される」というトラブルも少なくありません。

その他、「本当に働いているのか分からない」「身元がプロフィールと違うような気がする」と、紹介された相手の質が悪いとのトラブルもあります。

【トラブル例】 料金に関するトラブル成婚料&解約料

財布と電卓

次に多いのが『料金に関するトラブル』で、結婚相談所は出会い系アプリやマッチングアプリより利用料が高いため、「高額料金を請求された」と嘆く人もいます。

成婚料が発生するタイミングの認識不一致

結婚相談所は利用するサービスや、お相手との交際ステップが進むごとに費用が発生します。

その中でも最も高いのが『成婚料』です。

成婚料が発生するタイミングや条件は結婚相談所によって異なるため、利用時にはしっかりと確認する必要があります。

解約したいのに拒否される

結婚相談所は入会金やお見合い料、月額費用などがかかるため、継続しての支払いが難しくなり、途中で解約する人もいます。

本来なら利用者の意思で解約することができますが、悪質な結婚相談所だと解約を拒否される場合があるのです。

解約については入会時の規約に記載されているので、念のため入会時に確認しておく必要があると覚えておきましょう。

【トラブル例】 事前の説明とサービスが異なっている

頭が痛そうな女性

結婚相談所は入会前に必ず、「うちの相談所にはこんなサービスがありますよ」と説明してくれます。

しかし入会金を払い、いざ入会したところ、事前に説明されたサービスと違う場合もあるのです。

結婚相談所はほとんどの場合、1人1人に仲介人がつき、お見合いから成婚までをサポートしてくれます。

ところがそのサポートがなく、「自分でやってください」というスタンスだと、せっかくお金を払って入会したのに意味がなくなってしまいますよね。

また、事前の説明にはなかった追加料金が発生し、利用すればするほど料金が加算されていくなんてこともあるのです。

これは間違いなく、利用者からどんどんお金を搾取しようとする『悪徳業者』と言えます。

入会前にオプション費用などの説明があるため、その時に「これ以外の追加費用はありませんか?」と一言確認しておくことがおすすめです。

それにも関わらず追加費用が発生した場合は、ただちに解約した方がさらなるトラブルを防げます。

結婚相談所で発生するトラブルはどう回避したらいい?

契約書を確認する女性

結婚相談所で起こりやすいトラブルは大きく分けて『紹介相手』『料金』『サービス』に関することです。

どれも防ぎたい内容のはずですから、ここで結婚相談所でのトラブルを回避するための5つの方法をご紹介していきます。

法律に基づいた契約書であるかを確認する

入会時には契約書にサインしますが、その時は必ず内容をチェックし、法律に基づいた内容であるかを確認しておきましょう。

『〇〇法 第▲条・・・』という記載が一切ない契約書は、違法である可能性があるのでおすすめできません。

連盟や協会に加入しているかを確認する

優良結婚相談所の多くは、日本結婚相談所連盟や日本結婚相談所協会に加入しています。

連盟や協会は加入するにあたって審査があるため、加入している数が多いほど『優良』だと判断できるのです。

他の結婚相談所と比較してみる

トラブルを回避するには他の結婚相談所と比べてみて

・会員数が他より極端に少ない
・料金が高すぎる
・サービスが少ない

などの特徴に当てはまっていないか確認しましょう。

上記の特徴に当てはまる結婚相談所は、入会しても満足できないだけでなく、思わぬトラブルに発展する危険性があります。

実際に利用した人の口コミをチェックしてみる

利用者の本音を知り、本当に信頼できる結婚相談所であるかを知るには、利用した人の口コミを調べることも忘れてはいけないことです。

納得がいかない時は消費者センターにすぐ連絡する

ここまで説明した4つのことに注意をして入会しても、時には「やっぱり怪しいかもしれない」と感じることもあります。

そんな時は素早く消費者センターに連絡すれば、大きなトラブルに発展する可能性を防げるので参考にしてください。

会員になる前に契約内容をよく確認しよう!

WARRANTYのスタンプ

せっかく入会したのにサポートに満足できないだけでなく、なかなかお相手が見つからないのでは、入会した意味がなくなってしまいますよね。

そのような事態を避けるために、入会する前に必ず契約内容や口コミ、サポート体制などをしっかりチェックし、スピーディーに素敵なパートナーを見つけてみませんか。