街コンにサクラはいるのか?婚活とサクラの関係性

街コン

数ある婚活の中でも、気軽に参加できることで人気の街コン。
数十人単位で開催され、中には100人規模で開催されているものもあります。

街コンに参加する方はもちろん出会いを求めているはずですが、もしこの数十人〜100人の参加者の中にサクラが紛れていたらガッカリなことです。
今回は街コンにサクラはいるのか、という点に注目してみたいと思います。

婚活とサクラの関係

婚活とサクラの関係
そもそも婚活パーティーや街コンには、サクラは存在しているのでしょうか。

悪質な婚活イベントにはサクラが存在する

サクラとは「おとり」の意味です。
イベントや販売店などに雇われ、場を盛り上げたり商品の購買意欲を煽ったりするために存在しています。

残念ながら、婚活イベントにもこのサクラが紛れ込んでいることがあります。
婚活イベントを主催している会社がしっかりしていればサクラを雇う必要もないのですが、あまり流行っていないイベントを運営している会社は、自社のイベントを盛り上げるためにサクラを使っていることがあります。

なぜサクラが必要?

婚活パーティーや街コンといったイベントでは、男女比が重視されます。
例えば、男性が10名参加しているイベントに、女性が1名しか参加していなかったとしたら、男女どちらにとってもいいイベントにはなりません。

男性は競争率が上がりますし、女性は10名と1人で交流しなければいけないので疲弊してしまいます。

さらにこの情報を見た人は参加を見合わせるため、これ以上参加者が増えることもないでしょう。

10名で開催するためのイベントに男性1人、女性1人しか参加していなかった場合、会として成立しません。

このようにいいイベントにならなかった場合、主催者は口コミでもいい評価がもらえず、今後のイベント開催に人が集まらなくなってしまいます。

男女比を適正に整え、いいイベントを開催するために、サクラが利用されます。

サクラのバイトも存在している

婚活パーティーや街コンの主催者は、人を多く集めれば集めるほど儲けられる仕組みです。
そのためには開催するイベントを魅力的なものにしなければなりません。

適正な男女比に整えることはもちろんですが、中には「あの主催者のイベントには素敵な人がいた」という評価を得るために、バイトとしてハイスペックな男女をバイトとして雇うこともあります。

男性であれば医師や弁護士といった職業の方、女性であれば容姿端麗な方などにお金をわたし、婚活イベントに参加してもらうのです。

街コンにサクラはいる?

街コンにサクラはいる
街コンを含めた婚活イベントには、サクラを利用しているものもあります。実際のところ、その割合はどの程度なのでしょうか。

街コンにはサクラが多め

結論から言うと、婚活パーティーよりも街コンの方がサクラは多いと言えます。

開催される規模が大きいからです。自分のこととして考えてみても、3対3の合コンをセッティングすることはできても、20対20の合コンはなかなか人を集めることができません。

これと同じで、参加人数の多い街コンの方が参加者を適正な男女比で集めることが難しいため、サクラを利用しがちです。
しかも街コンは婚活パーティーよりも気軽なノリで参加できるため、サクラであることが見抜かれにくいという事実もあります。

ハイスペック婚活パーティーにも注意

街コンではありませんが、「容姿に自信がある方」「高収入、高身長の方限定」といったハイスペックな男女を集めた婚活パーティーにもサクラがいる可能性が高いです。

これは、そもそもハイスペックな男女が世の中にあまりいないからです。
毎日のように開催されている婚活パーティーで、普通に募集して毎回条件通りのハイスペックな人材が何人も揃わないのは明白です。

街コンでサクラを見抜くコツ

街コンでサクラを見抜くコツ
そんなサクラですが、実はサクラかどうかを見抜くための方法があります。
絶対ではありませんが、以下のような人が参加していたら少し注意しておくと良いかもしれません。

やたらとスペックが高い

高収入、高学歴、ルックスが良いといったスペックに加え、コミュニケーション力が高い人はサクラの可能性が高いです。

もちろんサクラではなく純粋にスペックが高い人もいるので難しいところですが、コミュニケーション力が高いかどうかは一つの判断基準になります。

そもそもそれだけのスペックの持ち主であれば、街コンに来る必要がありません。
ただコミュニケーション力があまりないのであれば、普通の生活では異性と付き合うことができずに街コンに参加したという可能性があります。

つまり、どこからどうみても「モテる」人に注意が必要です。

熱心さがない

サクラは雇われているだけで、街コンで真剣に出会いを求めているわけではありません。
そのため話しかけても答えが適当になったり、結婚や恋愛についての質問をはぐらかしたりすることもあります。

プロフィールカードも空欄だらけで真面目に書いていません。
サクラにとっては相手に本気になられても困るので、あくまで「惚れられない程度」の態度をとるのです。

逆に積極的に場を盛り上げて、街コン全体の雰囲気を良くすることに務めるサクラもいます。

一見、熱心なように思えますが、こういったサクラの場合は連絡先の交換などといった肝心なところでは誤魔化して逃げてしまいます。

とても楽しく話していたのに、全く出会いに繋がらなかったという場合は、サクラかもしれません。

その後の連絡がすぐに途切れる

中には連絡先の交換まで行うサクラもいます。
最近ではLINEを使っている人がほとんどですが、街コン終了後に連絡して見るとすでにブロックされていた、なんてこともあります。

街コンではとても盛り上がっていて「なぜブロックされたかわからない」という場合は相手がサクラだった可能性があります。

LINEや電話番号ではなく、理由をつけてフリーメールのアドレスなどを教えられた場合も、サクラの可能性があります。

サクラに引っかからないために

ある程度「サクラかどうか」は見抜けたとしても、サクラは自分から正体を明かすことはありません。

ですからサクラに引っかからないためには、自分自身で気をつけるしかありません。

しっかりとした運営会社の街コンに参加する

サクラに引っかかりたくないのであれば、名前の知られた会社が主催している街コンに参加するようにしましょう。

主催の会社自体が大きければ、自然とイベントにも人が集まります。
サクラを雇う必要がありません。また、サクラがバレた時のリスクの方が大きいため、健全な会社であれば正規の方法で参加者を集めます。

参加する街コンを選ぶ際は、主催の会社までチェックしておくことをおすすめします。

口コミをチェックする

口コミをチェックすることは大切です。
明らかにサクラを利用していたイベントには、その疑いが口コミ書かれていることもあります。TwitterなどのSNSでも同時に検索してみると、実態がわかるはずです。

中にはイベントでいい思いができなかったがために悪い口コミを書く人もいるので全てを鵜呑みにしてはいけませんが、ある程度の判断基準にはなるはずです。

まとめ

残念ながら、街コンにはサクラが紛れていることもゼロではありません。

ですが自分自身にしっかり相手を見抜く力があれば、サクラに惑わされることもないはずです。

あわせてまずは参加する街コンの情報をしっかり調べておくことも大切。
きちんと見極めて、いい街コンに参加してください。

タイトルとURLをコピーしました