街コンがおすすめの人とおすすめできない人とは?参加するときの注意点もあった

街コン

気軽にたくさんの異性と出会いたいなら、街コンがオススメです。

婚活パーティーほどかしこまった雰囲気ではなく、合コンのようなノリで参加できるため、婚活を始めたばかりの方でも安心して参加できるからです。

ですが街コンは「向いている」「向いていない」がはっきり分かれるイベントでもあります。街コンの特徴を把握し、自分に合っているかどうか考えてみましょう。

街コンにはどんな人が参加してる?

街コンにはどんな人が参加してる
まずはどんなタイプの人が街コンに参加しているかを知っておきましょう。

目的は恋人探し

街コンに参加している人の多くは、恋人探しを目的にしています。
結婚を意識している人だけではありません。

これが婚活パーティーとの大きな違いです。
街コンは気軽に参加できるため、「いますぐに結婚したい」という人よりは、「いい出会いがあればいいな」「恋人が欲しいな」というライト層がメインになっています。

中には異性の飲み友達を作ること、そもそも友達づくりのために参加している人もいます。

コミュニケーション力の高い人が多い

街コンはいわば知らない人たちとの大規模な合コンのようなものです。

そんな中で異性と仲良くなるためには、コミュニケーション能力が必須です。
婚活パーティーであればスタッフがサポートを行ってくれることもありますが、街コンでは基本的に自分自身で相手と積極的にコミュニケーションをとっていかなければなりません。

そのため街コンには、明るく誰とでも気軽に話すことのできる、コミュニケーション力の高い人が多く参加しています。

20〜30代前半がメイン

飲食を楽しみながらグループ同士で交流するという性質上、若い人が多いのも街コンの特徴です。
40代以上の参加者は少数派。大学や社会人サークルのコンパのような雰囲気なので、やはり若い人の方が参加しやすいようです。

特に女性は20代が多く、友人同士でのグループ参加が多い傾向にあります。

街コンに向いていない人

街コンに向いていない人

上記のような特徴を持つ街コンですが、向いている人と向いていない人がいます。

人見知りには向いていない

街コンでは大勢の異性とコミュニケーションをとることになります。
その数は、参加者が多い街コンの場合は数十人にのぼることもあります。

人見知りで初対面の人と話すのが苦手な人は、疲弊してしまうかもしれません。
婚活パーティーであれば、あまり話せていない人をスタッフがサポートしてくれることもありますが、街コンでは基本的に自ら行動するしかありません。

そのため、人見知りの人は結局あまり交流を深められずに終わってしまうことがあります。こういった場合は、人見知りでない友人と一緒に参加することをオススメします。

真剣に婚活したい人にも向いていない

街コンには恋人探しを目的として参加している人が多く、結婚相手を探すことを第一目的にしている人が少ないです。

街コンで知り合って友人関係を続け、親密になったら交際というパターンが多いです。
そのため「1年以内に結婚したい」といったように強い結婚願望を持っている方にとっては、あまり効率的ではありません。

結婚を目的とするのであれば、同じ志を持った人が集う婚活パーティーに行く方が良いでしょう。

街コンに向いている人

街コンに向いている人
反対に、以下のようなタイプの人は街コンに向いていると言えます。

誰とでもすぐ仲良くなれる人

初対面の人とすぐに打ち解けられるタイプであれば、街コンに向いています。
お店やテーブルを移動しながらたくさんの異性と交流する街コンでは、席に着いたタイミングでどのくらい親密になれるかが重要です。

誰とでも楽しく話せるタイプの人は、一度に多くの異性と交流を深めることができるので、かなり効率的に出会いを探すことができます。

周りの空気を読める人、場を盛り上げられる人なども向いていると言えます。
要は初対面の場を楽しめるかどうかにかかっているのです。

ゆっくり相手を探したい人

婚活パーティーは「結婚」を前提とした出会いの場ですが、街コンであれば「結婚」にとらわれず異性の知り合いを作ることができます。

まずは友達として仲良くなり、そこから交際する相手をじっくり選びたいという人には、街コンの方が向いているでしょう。

交際に至らなかった場合でも、異性の友人として合コンを開催したり、知り合いを紹介してもらったりと、何かに繋がる可能性もあります。

「この場で結婚相手を探す」というほどの意気込みがない場合は、まずは街コンで友人作りから始めてみるのも良いでしょう。

街コンに参加するときの注意点

街コンに参加するときの注意点
街コンに参加する際には、いくつか注意しておきたいことがあります。

自分の目的をはっきりさせておく

多くの異性と出会う街コンなので、「あの人も素敵」「この人も素敵」となってしまい、結局誰とも親密になれないまま終わってしまうことがあります。

こうならないためには、「街コンに行く目的」をはっきりさせておくことが大切です。
恋人を見つけたいのか、結婚相手を見つけたいのか、それとも異性の友人を見つけたいのか目的を明確にしておきましょう。

これによってお相手を見るポイントが変わってくるはずです。
結婚相手を見つけたいのであればプロフィールカードから理想の条件に合致する人と仲を深める、友人探しであれば一緒に話していて楽しかった人と連絡先を交換するなどです。

これがごっちゃになっていると、結局どっちつかずのままイベントが終わってしまうので、注意が必要です。

お相手を見極める

街コンは誰でも気軽に参加することができるため、中には体目的など不純な理由で参加している人もいるのが事実です。

これでは婚活、恋活どころかトラブルのもとになってしまいます。
婚活パーティーでは受付時に身分証や収入証明書の提示を求められるものもありますが、街コンではそういった確認はあまり行われません。

つまり身元の不確かな人も多く参加しているのです。
ですからやたらとお酒を勧めてくる人や、席に着いた異性全員に連絡先を聞いている人、馴れ馴れしくボディタッチを繰り返す人などには気をつけましょう。

自衛しつつ、会話をする中でお相手がちゃんとした人かどうかを見極めてください。

参加する街コンを吟味

街コンは開催されている場所や参加条件によって大きく雰囲気が異なります。
東京を例に出すと、銀座で開催されるものと、池袋で開催されるものでは、全体的な参加者の層が異なります。

有名企業に勤めている人と恋愛、結婚したいのであれば銀座の街コンを選ぶべきですし、楽しく一緒にお酒を楽しめるお相手を見つけたいのであれば池袋の街コンが良いでしょう。

「20代限定」なのか「30代以上中心」なのかによっても大きく雰囲気が変わります。
このように街コンであればどれも同じというわけではないので、「自分が出会いたい人がいそう」な街コンを選ぶことも重要です。

まとめ

街コンは気軽に参加できるのが魅力ですが、人見知りの方や真剣に婚活を考えている人には向いていません。

楽しく異性とコミュニケーションを取れる人にオススメの婚活イベントです。

まだ街コンにいったことがないという方は、本記事に書いた注意点に気をつけながら、ぜひ参加してみてください。

もしかするとあなたにぴったり合うかもしれません。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました