街コンは参加しやすい点がメリット!婚活パーティーとの併用で出会いの幅は広がる

街コン

婚活という言葉がメジャーになってきた現在、出会いの場や機会も増加しています。

婚活パーティー、合コン、街コン、マッチングアプリなど様々なものがありますが、その中でも今回は「街コン」に注目してみたいと思います。

街コンの仕組み

街コンの仕組み

街コンは、商店街や飲食店街など、その地域ぐるみで出会いの場を提供し、参加者にとっては出会いの場、地域の商店にとっては振興の意味合いを持ちます。

参加者の男女はそれぞれグループに分かれて提携の飲食店を巡り、お酒を飲んだり食事をしたりしながら交流を深めます。

昨今では地域振興という側面が薄れ、1つのお店を借し切って行うスタイルの街コンも増えてきており、商店街を借り切って行うような大規模な街コンは少なくなってきています。

どんな人が参加しているか

参加する人のタイプも様々ですが、中でもお酒を飲むことが好きな人、食べ歩きが好きな人、大勢でワイワイするのが好きなタイプの人が多いようです。

提携したお店をまわるというエンターテインメント性もあるので、おとなしい人よりも、行動力があって賑やかな人が多く参加する傾向にあります。

街コンへの参加方法

婚活情報サイトで検索し、自分の条件にあった街コンに参加申し込みしましょう。

開催当日は主催者から案内された受付場所に行き、そこで渡されるプロフィールカードを記入します。

そして指定されたお店や席に行き、テーブルに異性が案内されてくるのを待ちましょう。
時間を区切って席替えやお店を変えていくスタイルの街コンもあれば、自由に移動してお店を回ることのできる街コンもあります。

街コンは気軽に参加できるのがメリット

街コン_メリット

飲食を楽しみながら交流できるので、会話が弾みやすく、少人数制の婚活パーティーのような緊張感はありません。

友人を作るような感覚で、気軽に参加できるところはメリットです。

かしこまった雰囲気になりにくいので、お互いに気取らない姿を見せることになります。

「婚活パーティーではしっかりしていそうだったのに、いざご飯に行ってみたら食べ方が汚くて引いた」といった風に幻滅することも少ないでしょう。

真剣な出会いだけとは限らない

気軽に参加できるがゆえに、街コンには真剣に婚活をしている人以外の人も多くいます。
飲み仲間を作ることが目的で、中にはナンパなどの遊び目的で参加している人もいます。

フリータイムが多いので、自分から積極的に異性に話しかけられる人でないと難しいかもしれません。

1人では参加しづらい

街コンでは同性同士でグループを作り、一緒に行動します。

友人同士で参加すれば異性のグループとも盛り上がって楽しい時間を過ごせますが、1人で参加するとちょっと浮いてしまうこともあります。

一人でも関係なく相手と盛り上がることのできるタイプの人でなければ、厳しいかもしれません。

街コンだけでなく婚活パーティーも合わせて活用しよう

街コンだけでなく婚活パーティーも合わせて活用しよう

婚活パーティーなら真面目な出会いが多い

婚活パーティーで出会った人とは結婚に向けての交際が期待できます。

しっかりした婚活パーティーであれば身分証の提示が求められるので、その点でも安心です。

婚活パーティーでは司会や進行といったスタッフが常駐しており、サポートを受けることができます。

困ったことがあった際などはもちろん、なかなか異性と話せないといった場合にもフォローをしてもらえる可能性があります。

街コンでは自分の力でコミュニケーションを取らなければいけないので、人見知りの方などは婚活パーティーの方がうまくいくかもしれません。

大人数が参加する婚活パーティーがおすすめ

婚活パーティーは「大人数制」と謳って、20人以上で開催される婚活パーティーもあります。

こういった婚活パーティーに参加すれば、街コンのメリットと婚活パーティーのメリットの両方を得ることができるでしょう。

趣味コンもおすすめ

趣味コンとは参加者同士でレクリエーションを楽しむ婚活パーティー。
登山をしたり陶芸体験をしたり、食べ歩きをしたりと、いろいろなタイプの趣味コンがあります。

この趣味コンであれば、街コンのようにエンターテイメント性があるので、気軽に異性とコミュニケーションが取りやすいです。

1人参加の方も多いので、街コンのように浮いてしまうこともなく、真剣に結婚を考える方と楽しい時間を過ごせるでしょう。

まとめ

街コンはたくさんの異性と気軽に出会える貴重な機会です。
飲食をしながらワイワイと盛り上がることができるので、楽しく婚活ができるでしょう。

その一方で遊び目的の人も参加していることがあるので、真剣に婚活を考えている方は婚活パーティーも併用してください。

タイトルとURLをコピーしました