親からの期待や、「子供が欲しい!」という願望etc・・・様々な理由から婚活を頑張っている人はたくさんいます。

しかし、最近では、長引く婚活に疲れを感じる人が続出しているのです。

「いっそのこと婚活をやめてしまった方がすっきりするのかも?」とは思いつつも、どのような未来が訪れるのか不安になり、そのような人に限ってなかなか決断できずに悩みが深くなりがち。

そこで、ここでは婚活をやめることで訪れる未来について考えていきましょう。

もう疲れた……。婚活疲れを起こす理由

窓際で床に座り頬杖つく女性もどかしさを感じるから

婚活パーティーや街コンでは、出会いを求めてやってきた数多くの男性たちが一堂に会します。

その分出会いの数も多いのですが、その中の男性とイイ感じになったとしてもなかなか交際に至らないことも多いのが現実です。

また、自分の理想とする条件の人になかなか出会えないもどかしさも、婚活疲れの理由のひとつ。

プロフィールを見た時点では最高の条件だと思ったのに、実際に会ってみると思い描いていた男性像と違ったというのはよくある話です。

手に入りそうで入らない、まるで目の前にニンジンをぶら下げられて走り続ける馬のような状態が続けば、いつかスタミナが尽きて、婚活疲れを起こしてしまうのです。

余裕がなくなるから

婚活パーティーや街コンなどへの参加で忙しくしていると、一見充実した婚活ライフを過ごしているように思えますよね。

しかし、婚活イベントへの参加で休日が丸つぶれになるとゆっくり休むことができず、どんどん日頃の疲れが蓄積していくばかり。

また、参加のたびにお金も時間もかかり、生活に余裕がなくなってくると、表情や振る舞いにも悪影響を与えます。

男性が寄り付かなくなる悪循環のもとになり、いよいよ婚活に嫌気がさしてきてしまうでしょう。

【体験談】婚活をやめたい女性たち……。

割れたハートマークが3つ続かない

「婚活パーティーでマッチングできても、そのあとが長続きしないんですよね。毎回2回デートしたらサヨナラ。まともにお付き合いをしたためしがありません。」(27歳・マスコミ関係)

「街コンやパーティーはもちろん、婚活ツアーや趣味コンなどの変わりダネにも積極的に挑戦しましたが、どれもダメ。イイ感じになっても、すぐに連絡が途絶えるし、自分の何がいけないのかわかりません。」(30歳・営業)

むなしい

「今までどれほどの人とラインを交換したか。一つも成就せず、最近はむなしい気持ちでいっぱいです。」(28歳・アクセサリー販売)

「自己紹介をして、なんてことない話をして、アプローチしたりされたり・・・。婚活パーティーで毎度繰り広げられる同じ展開に飽きてしまいました。」(31歳・WEBデザイナー)

やめられない

「婚活歴3年。『これだ!』という出会いもないし、『いい加減もうやめよう』と思いながらずるずると続けているものの、やめ時がわかりません。結局また婚活パーティに参加してしまっている自分がいます。」(29歳・医療関係)

「もう周りに男の子を紹介してくれる友達もいないし、今婚活をやめたらきっと誰とも出会えないと思います。やっぱり婚活し続けるしかないのかな。」(32歳・保育士)

辛いならやめてもいい! 婚活をやめるメリット

笑っている女性

まじめな人ほど「結婚」というゴールにとらわれ、目標を達成しなければいけないと自分を追い込んでしまいがちです。

ですから、婚活が辛く、心の重荷になっているのなら、いっそバッサリやめてみるということも一つの手段です。

婚活をやめるには勇気がいるでしょう。

しかし、分厚く頑丈なドアを力いっぱいに開けるようにそこで思い切ることができれば、今まであなたの頭の中を渦巻いていた「結婚しなきゃ」という強迫観念から解放されます。

重い足かせが外れたかのように気持ちが軽やかになり、毎日の中で自然と笑顔が増えるでしょう。

また、今まで婚活のために割いていた時間や費やしてきたお金も自分の好きなように使えるようになります。

たとえば週末に婚活パーティーが控えていると、「少し早く用事を済ませなきゃ」とか「服を買いに行かなきゃ」など、なにかとプレッシャーがかかるものです。

しかし、それがなくなって予定がまっさらになると、驚くほど心がすっきりします。

気持ちが軽くなることで、考え方までポジティブになります。

婚活が行き詰っている時は、あなたの視野が狭くなっているという証拠です。

婚活をやめることであなたの視界をシャットアウトしていた壁がなくなり、一気に視野が広がって心が明るくなるのを感じられますよ。

婚活をやめて気持ちがすっきりしたら、出会いがくる説

空に向かって両手を広げる女性婚活をやめて出会いが来る!?

婚活をやめると、空いた時間と浮いたお金は、自分のために投資することができるようになります。

ですから、たとえば習い事を初めたり友達と旅行に行ったりと充実した生活を楽しんでいると、それがあなたのオーラにも表れるようになるでしょう。

ストレスやプレッシャーがなくなることであなたがキラキラと輝き始めると、周りに自然と人が集まるようになります。

また、いったん婚活から遠ざかることで、婚活をしている時のように「真剣交際、即結婚!」のような切羽詰まった気持ちがなくなり、男性に対して余裕をもって接することができるようになります。

いい意味で肩の力が抜けた女性は、男性にとって魅力的。

自分から出会いを探さずとも、相手から寄ってきてくれることだってあるかもしれません。

かえって出会いが遠のくケースも

日常にあまりにも出会いがない場合、婚活をやめてしまうとそこからパッタリと男性との接点がなくなるリスクもあります。

心身ともにリフレッシュするつもりで婚活をストップしたのに、それ以降出会いが一向にやってこないことに焦り、今まで以上にプレッシャーを感じてしまうという人もいるでしょう。

婚活をやめることでかえって心苦しくなるくらいなら、もやもやを抱えながらも婚活していた方がマシだったと嘆く人もいるかもしれません。

確かに婚活をやめることで必ずしも状況が好転するとは限らないのです。

婚活疲れから復活!? また、結婚相手を探したくなったら……!

男女が繋いている手のアップ画像婚活を再開する人は多い

どんな男性に出会ってもピンとこないと感じていたり、実らない婚活を続けているうちに「結婚」というものが何なのかわからなくなってしまったりしているなら、心が疲弊しているサイン。

人は、敷かれたレールの上を走らされているように感じた瞬間、とたんにやる気をなくしてしまうものです。
ですから、婚活疲れを自覚したなら、潔く「結婚レース」から身を引くことがおすすめ。

いったん婚活をお休みする期間を設けることで気力、体力ともに充電することができれば、再び婚活してみたい気持ちになるかもしれません。

実は、婚活をやめた人の多くが婚活を再開しています。

仕事や遊びなど自分のしたいことに没頭することで視野が広がり、気持ちが上向きになると「また新たな気持ちで婚活を始めてみようかな」と思えるようになるのです。

簡単、気軽に婚活を再開するには?

一度やめた婚活を再開しようとすると婚活疲れしていた時のいやな記憶がよみがえり、「やっぱりやめとこうかな」と躊躇してしまう人はたくさんいます。

だからこそ、婚活を再開する時は、できるだけ気軽に、簡単に始められる方法がいいでしょう。

そこで、おすすめなのが「オミカレ」です。

「オミカレ」では、街コンや婚活パーティーなど、たくさんのイベントを一気に見ることができます。

参加したいイベントがあれば「オミカレ」で検索して、その場で参加予約が可能。

「オミカレ」でのイベント探しは圧倒的な手軽さが人気で、実際に婚活を再開した人も多く利用していますよ。

婚活に疲れた人は自分にお休みをあげてみるのもイイかも!?

毎回変わり映えなくだらだらと続く婚活に疲れてしまったという人は、婚活をやめて自分にお休みをあげてみてはいかがでしょうか。

自ら節目を作ることがいい転機となり、かえって出会いを引き寄せることになるかもしれませんよ。