シングルマザーの婚活は厳しい?子連れ再婚のための出会いを比較!

シングルマザーの婚活は厳しい?子連れ再婚のための出会いを比較! 婚活初心者ガイド

再婚のために婚活をしたいけど、シングルマザーだと難しいのではないか・・・そんなことを気にして踏み出せない人はいませんか。
母子家庭は、全国におよそ123万世帯以上もあり、シングルマザーは珍しい存在ではありません。
実際にシングルマザーでも婚活で再婚できたという人はたくさんいます。
そこで今回は、再婚を目指すシングルマザーに向けて、シングルマザーの婚活事情やおすすめの出会いの場などについてご紹介します。

シングルマザーの婚活、現状とは?

シングルマザーの婚活、現状とは?
シングルマザーの婚活はなかなか難しいといわれてますが、実際はどうなのでしょうか。
ここでは、シングルマザーの婚活の現状についてご紹介していきましょう。

婚活では若干不利

未成年の子どもを育てるシングルマザーの平均年齢は40代前半。
再婚を目指して婚活をするシングルマザーは、30代や40代が最も多いといわれ、未婚女性よりも年齢が高いために不利だといえるでしょう。
また、男性にとってシングルマザーとの結婚は負担が大きく、交際を避けられがち。
特に男性が初婚の場合は、女性だけでなく子どもの人生をも背負うことになり、結婚後はいきなりパパになります。理性的な男性ほど、単に相手の女性を好きな気持ちだけではいけないとわかっているため、自制心が働いて先に進まないことが多いのです。
自分の好みの条件で相手を選べる婚活において、シングルマザーを選ぶ男性は少数派です。

再婚率ってどのくらい?

厚生労働省の人口動態調査(令和元年)によると、全婚姻数における再婚率は男女ともに2割弱。
シングルマザーの再婚率についての正確な統計はありませんが、婚活市場で不利であることを考えるとそれほど多くはないでしょう。
しかし、子連れ再婚をしている人は一定数おり、可能性が全くないわけではありません。いい縁に巡り合えれば、再婚率が高いか低いかにかかわらず、幸せな再婚をすることができます。

子連れ婚活は正直大変

シングルマザーが婚活をしようと思うと、デートのための時間や金銭的な余裕が必要です。
ですから、日々の生活にいっぱいいっぱいという人は、婚活がうまくいかない場合が多いでしょう。
子どもを預けられる環境がある人なら比較的婚活はしやすいですが、子どもが小さくても大きくても、そう頻繁に長時間出歩くことはできません。
また、デートの際の食事やファッションにもお金がかかります。
あらゆる面で「自由」が限られるために思い通りに動くことができず、それがストレスになることがあるでしょう。

あきらめないで!シンママでも婚活できる

あきらめないで!シンママでも婚活できる
シングルマザーの婚活は、未婚女性に比べて大変なことが多くあります。しかし、だからといって婚活がうまくいかないというわけではありません。

あえてシンママを選ぶ男性もいる

婚活市場では不利になりがちなシングルマザーですが、中には「すぐに自分に子どもができることが嬉しい!」などと、あえて子連れ女性を選ぶ男性もいます。
また、男性がシングルファザーである場合も意気投合しやすく、カップルなることは多いです。
シングルマザーであることが有利になることもあるので、希望をもって婚活を進めましょう。

婚活サービスの利用がおすすめ!

普段の生活が忙しいシングルマザーは、日常ではなかなか出会いがありません。
さらに、シングルマザーの再婚は未婚の人に比べると状況が厳しく、理解してくれる人を手探りで探すのは難しいでしょう。
シングルマザーが婚活をするなら、婚活サービスを利用することがおすすめです。
婚活パーティーや婚活アプリ、結婚相談所への登録などが再婚への近道となります。

効率重視が成功へのカギ

シングルマザーの婚活では、「コスパ」や「時間の使い方」など、効率を重視しましょう。
たとえば、参加人数の多い婚活パーティーに行けば、一度でたくさんの男性と出会うことができます。
また、最近ではシンママ限定の婚活パーティーもあり、盛況です。「子連れOK」などの条件でお相手選びができる結婚相談所もおすすめ。これらは男性の理解が得られやすく、スムーズに交際に至る可能性が高くなります。

シングルマザーの出会いの場を比較

シングルマザーの出会いの場を比較
ここでは、シングルマザーにおすすめの出会いの場をそれぞれのメリット・デメリットを挙げながらご紹介します。

婚活パーティー

婚活パーティーへの参加は、最も手っ取り早い出会いの手段です。
婚活パーティーを選ぶなら、「シングルマザーOK」というイベントに参加するのがおすすめ。参加者は子連れの女性ばかりなので安心でき、婚姻歴に理解のある男性が集まるため引け目を感じずにいられることがメリットです。
中には子連れの参加が認められているものもあり、その場合はキッズスペースが設けられ、食事や飲み物が用意されているなどサービスも充実しています。

デメリットは、イベントの開催数が少ないこと。また、比較的年上の男性が多いため、若い世代の男性が好みの人には物足りないかもしれません。

婚活アプリ(マッチングアプリ)

パソコンやスマホにダウンロードして利用できる婚活アプリは、手軽に始められることが最大のメリット。最近ではシングルマザーやバツイチの人のためのアプリも登場し、再婚を目指す人ための出会いの場が広がりつつあります。
アプリは家事や育児の隙間時間を利用してサクッと婚活できるので、自由時間の少ない忙しい人にもおすすめ。利用が簡単なので男性の会員数が多く、理想の人に出会える可能性が高いといえるでしょう。

デメリットは、相手の顔が見えないため不安であるということ。プロフィール写真を掲載しているアプリもありますが、実際に会った時に「イメージが違う!」ということはよくあります。
また、無料で利用できるアプリの中には、遊び目的で登録している人も多くいます。本気で再婚を目指すなら、できれば大手の有料サイトを利用するのが安心です。

結婚相談所

結婚相談所への会員登録は、ほとんどの場合、有料です。
また、登録の際には身分証明書や年収、勤務先、資格などを示すものの提出が必要であることも多いため信頼性が高く、安心して利用できます。
男性も女性も結婚への意識が高く、あらゆる出会いの場の中でも最も再婚につながりやすいといえるでしょう。
デメリットは、登録料や月額が高額になりがちなこと。また、マッチングやお見合いが有料であることも多く何かとお金がかかります。
一度に会えるのは一人だけなので、いい人に巡り合うまでに時間がかかる可能性もあります。
焦らない心と金銭的な余裕が必要でしょう。

その他

信頼できる友人や知人の紹介、同じ職場や取引先、同窓会など、日常にも出会いの場はあります。
ただし、日々の生活の中で子連れ再婚に理解のある人と簡単に出会えるかというと、なかなか難しいでしょう。
それであれば、婚活サービスを利用する方が、スムーズに恋人を見つけられるかもしれません。

シングルマザーのための婚活の心得

シングルマザーのための婚活の心得
シングルマザーの婚活の成功は、婚活中の心がけ次第です。
ここでは、シングルマザーが婚活をする際に覚えておきたい心得についてアドバイスします。

子どもを優先すること

シングルマザーの婚活で最も優先しなくてはいけないのは、子どものことです。
たとえば、男性とのデートのために子どもをおろそかにしていると、仮に男性と再婚することができても子どもとの関係が悪化し、幸せな未来はやってきません。
また、自分の子どもが男性の存在を「イヤ」といえば会うのをやめるなど、あきらめることも大切です。
もし、子どもを優先することに男性が愛想を尽かしてしまったのなら、その程度でしかなかったということ。スッパリ関係を断ちましょう。
再婚のための婚活は「自分だけのことではない」というのを肝に銘じておいてくださいね。

「女性らしさ」を忘れないこと

家庭で父と母の両方の役割を担うシングルマザーは、どうしてもたくましい見た目なりがち。
婚活で久々に「男性」という存在に触れた時でも「母モード」が抜けず、うまくアピールできないという人はたくさんいます。
女性らしさを意識するには、まずは服装やメイクから変えてみることがおすすめ。
外見が変われば、自然と立ち居振る舞いもそれに合わせたものになり、「女性モード」にうまく切り替えることができるようになりますよ。

シングルマザーも積極的に婚活を!

シングルマザーでも十分に婚活することができ、実際に幸せな再婚をしている人はたくさんいます。
シングルマザーが婚活するなら、効率よく出会うことができる婚活サービスを利用することがおすすめです。
スムーズにお相手を見つけたいなら、シングルマザーのための婚活パーティーや「シンママOK」という条件で探せる結婚相談所など、子連れである境遇を理解してくれる男性を狙って探しましょう。
ご紹介した内容を参考に、ぜひ積極的に婚活に取り組んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました