婚活パーティーで、自分に好意を持ってくれた何人かの男性の中の1人とデートをするも、ダメになってまた次の人・・・と、このようなパターンを繰り返している人はいませんか。

30代からの婚活は「いかに効率よく多くの男性と出会うことができるか」が重要なポイント。そのためには、好意を持ってくれた複数の男性との同時進行もアリなんです

そこで、できるだけ早く結婚したいと思っている女性に向けて、効率よく婚活を進めることができる方法やコツを伝授しましょう。

複数の相手と同時進行で婚活するメリット

パーティーで乾杯をする女性
婚活パーティーで出会った男性とデートをしてみても、「何かが違う」とまた次のターゲットを絞ってデートと、短い線を繋ぐように何度も繰り返していると、時間ばかりがかかってしまいますよね。

アラサー世代は特に、いよいよ婚活にスパートをかけていきたいと考える人が多くなり、ひとつひとつのデートに時間をかけているわけにはいきません。

複数の相手と同時進行で婚活をすることは、時間の節約につながります。

たとえば、今まで1か月のうちに特定の1人としかデートをしていなかった人が、同じ期間に3人の男性とデートをした場合、今までの3倍のスピードで婚活が進み、出会いの可能性も広がります。

また、特定の一1としかデートをしていないのであれば、その男性との関係がダメになった時、結婚に対する焦りから精神的なダメージが大きくなりがち。

しかし、複数の男性と並行してデートをしている場合は、心のダメージが少なくて済みます。

婚活を同時進行して多くの男性とコミュニケーションを取ることで、自分に合うタイプの人がわかり、相性のいい男性を選びやすくなることもメリットです。

複数の相手と交際するのが向かない人

婚活を効率よく進めたいのなら同時進行をすることが断然おすすめですが、これには向き、不向きがあります。

複数の人と交際することに向いていないのは、まじめで一本気な人。相手に対して「一途でなければ失礼だ」と考える女性は、婚活を同時進行することは難しいでしょう。

他の人ともデートをしていることを、相手に申し訳なく思ってしまう人もNG。デートをしているだけの関係では、正式なお付き合いが成立しているわけではないので、浮気には当てはまりません。

しかし、後ろめたさから罪悪感にさいなまれてしまう人もいるんですよね。婚活を同時進行することが自身を苦しめてしまうという人は、1人の人とじっくり関係を育てる方がいいでしょう。

また、日ごろからきちんとスケジュール管理のできない人も向いていません。同時進行でデートをすることは、簡単なようで、意外にスケジュールの調整が難しいもの。特に、週末はデートの予定が重なりやすく、ダブルブッキングで大失敗ということにもなりかねません。

同時進行でデートをする相手が多ければ多いほど混乱してしまい、結局誰も残らないという最悪な結果になってしまうので、器用にこなす自信がない人はやめておきましょう。

同時進行で婚活する時の最大人数は? コツは?

考え事をする女性
同時進行で婚活をする時は、ターゲットを最大でも2~3人程度に絞りましょう。

デートをする相手があまりに多いと、デートの中の会話や「次は●●に行こう!」と約束していた内容を忘れるなど、何がなんだかよくわからなくなってきます。

「あれ、この人とこの前、何を話したっけ?」と思い出すことができなくなると、なかなか思ったことを口に出すことができず、しまいに「それ、この前も話してたよね?」と男性に突っ込まれてしまうことも。

つじつまの合わない発言が多いと次第に会話が弾まなくなり、連絡が途絶えがちになって自然消滅してしまうこともあるでしょう。

このようなことになれば、本末転倒ですよね。

2~3人程度であれば同時進行をしてもそれほど疲れず、混乱しないギリギリのライン。

ただ、複数の男性とやり取りをしているとメールの送り間違えなどが心配なので、たとえばコミュニケーションアプリのLINEを使うのであれば、トーク画面の背景を人によって変えるなど、ミスを防ぐための工夫をしましょう。

「婚活ノート」などと題してメモを残しておくこともおすすめ。

相手の特徴やデートをした日付、会話した内容などなんでもいいので書き留めておくものを用意し、情報を整理します。

毎回、デートの前に見返してから出かけることで、デート中の会話が前回とかぶったり、変な質問をして場をしらけさせることを防ぐことができます。

また、婚活の同時進行をうまくこなすためには、誰にでも思わせぶりな態度を取らないことが大切です。正式なお付き合いの前に体の関係になることもよくありません。はじめは、分け隔てなく誰とでもフラットに接し、本当に続きそうだと感じた人にだけ特別な態度で接するようにしましょう。

複数の相手と同時進行で婚活するのをやめるタイミング

スマホを操作する女性
同時進行で婚活することをやめる適切なタイミングは、デートを2~3回した頃。複数回デートをすれば、相手がどのような人なのか、自分とのフィーリングが合うかどうかがわかるようになる人がほとんどです。

2~3回会って、さらに「また会いたい」と思う相手を絞り込み、残った一人を本命の彼として関係を育んでいきましょう。

複数の男性の中から、正式に誰かとお付き合いをすることになった場合、他の人とはその日から関係を断つことがマナー。

デートの同時進行はいいのですが、二股交際はのちに大きなトラブルに発展することもあり得るのでやめましょう。

デート関係をやめる男性に断る時は「他の男性とお付き合いをすることになった」と正直に言いましょう。

曖昧な理由で断ると、相手があなたに少しでも好意を寄せていた場合、それがエスカレートしてストーカーになったり過激な行動に出たりすることがあります。

「相手を傷つけてしまうのでは」と心配かもしれませんが、自分の身を守るためにもはっきり理由を伝えることをおすすめします。

デート相手の都合のいい女になっていた時は、すぐに見切りをつけてください。

この場合、あなたは単なる遊び相手と見られているので、結婚につながる可能性は低く、時間の無駄になります。スッパリ関係を断ち、新たな男性との出会いを求めてデートをする方が効率的です。

同時進行で婚活する相手がいない! 男性との出会いを見つける方法

向き合う男女
同時進行でお付き合いをすることは、婚活を効率よくスムーズに進めるためのテクニックですが、相手がいないという人はどうしようもありませんよね。

だくさんの男性と出会いたいという人は、婚活パーティー情報サイトを活用しましょう。

婚活パーティや趣味コンの開催情報を掲載する「オミカレ」は、国内トップクラスのパーティ掲載数を誇る情報サイト。

毎日開催されている出会いのためのイベント情報が数多く載せられ、更新頻度が高いので、いつも旬の情報を見ることができます。

また、参加予約は、パソコンやスマホからたった数分で完了。必要な項目をいくつか入力するだけで、興味を持ったイベントにすぐに参加予約することができます。

全国各地の情報が掲載されているので、「東京に住んでいるけど、横浜のイベントに行きたいな」というのであれば、横浜のパーティー情報を検索すればOK。地元のパーティーだけではなく、出張や旅行で訪れている場所のイベントにも気軽に参加することができます。

「オミカレ」では、年代別、趣味別、職業別など、参加者をさまざまなカテゴリに分けたパーティ情報を掲載しています。

ですから、自分にはどのようなタイプの人が合うかわからないという人は、とにかく数多くのパーティーに参加し、いろいろなタイプの男性とデートをしてみましょう。

自分が希望する条件で男性を選ぶことができ、交際範囲を広げられるのは、全国で最大規模の情報掲載数を誇るサイトだからこそ。

出会いがないと嘆いている人も、利用を始めた途端、どんどん出会いが舞い込むことが期待できます。

婚活は同時進行で効率よく!

アラサー年代は、自分の気持ち的にも、周囲のプレッシャーからも結婚願望が強くなる時期。

できるだけ早く結婚したいという人こそ、「オミカレ」などの情報サイトをうまく利用しながら婚活の同時進行をして、効率よく運命のお相手探しをしてくださいね。