婚活やお見合いの2回目デートを成功させるポイントとは?1回目との違いや注意点

婚活のコツ

婚活を考えている人は、どのように関係性を深めていくのかも注意する必要があります。
婚活でマッチングできたとしても、出会った人と関係を深めていかなければ、結婚までいかないこともあるからです。

婚活やお見合いでマッチングした後はデートを重ねることになりますが、2回目のデートでどのような行動をすれば良いのか考えておくことが大事です。2回目のデートの際のポイントは注意点を確認してください。

婚活2回目デートを成功させるポイント

婚活2回目デートを成功させるポイント
婚活2回目のデートは初対面ではありませんが、そこまで相手のことを理解していない状況なので、微妙な関係と言えます。

ただ、2回目のデートは今後の相手との関係性が決まるポイントでもあるので成功させる必要があります。2回目のデートを成功させるポイントについて紹介します。

お互いが楽しめる場所を選ぶ

デート2回目の場合は映画館や水族館などのレジャー施設、また夜の場合は少しお酒を飲むのも良いでしょう。デート1回目の場合は昼のランチやカフェがおすすめであり、夜のデートは避けておくのが良いです。

ただ、2回目のデートとなれば相手もどんな人なのか分かっているので、昼の時間帯やランチにこだわらず、お互いが楽しめるデートでも問題ありません。

例えば、お互い趣味で映画鑑賞が好きなら映画を見るのも良いですし、お酒好きなら飲みに行くのも良いです。

1回目のデートは会話をすることを重視すべきですが、2回目のデートはお互いに楽しみながら時間を共有するのが良い方法です。

もちろん、その時も会話をすることは大事なので、自分が感じたことや質問したいことがあればお相手に話しかけるようにしましょう。

時間は多少長くても大丈夫

婚活やお見合いで2回目のデートを行うなら時間も気になるでしょう。
1回目のデートの際はお互いに相手を気遣って2〜3時間という短めのデートになります。

しかし、2回目の場合はお互いに1度会話をしているため、1回目よりは相手のことを理解している状態です。

そのため、デートの時間は4〜6時間と長めのデートにすることができます。
1回目のデートより長めにすることで、お相手とずっと一緒にいて楽な気持ちになれるのか窮屈な感じになるのか確かめることができます。

2回目のデートが楽しい時間となれば、3回目など次回のデートの際もお相手と一緒にいることに慣れていくことができます。
ただ、1日デートなど時間が長過ぎるデートは2回目でも相手は疲れてしまうことがあるので、止めておくのがおすすめです。

お互いにまだギクシャクしているようなら、1回目のように2〜3時間で再度様子を見るのも良いです。お互いが良い時間帯を見つけてデートするようにしましょう。

服装は自分のスタイルを出したものにする

婚活やお見合いによる2回目のデートの際は服装も重要です。
1回目のデートの場合は第1印象を考えてカジュアルな服装ではなく綺麗目な服装を着て行った人も少なくないでしょう。

例えば、男性ならスーツやジャケットであり、女性ならワンピースなどです。

ただ、2回目のデートの場合は、お互いの第一印象が1回目のデートで理解できたので同じようなスーツやワンピースではなく、カジュアルな服装で問題ありません。

例えば、男性の場合はジャケットを着つつもインナーをカットソーにすること、または下半身をチノパンやスキニー綺麗目なスニーカーを履くことができます。

女性の場合も同じくスニーカーや長めのロングスカート、また少しカジュアルなワンピースなどもおすすめです。お互いに注意点としてはカジュアル過ぎないようにすることが大事です。

例えば、男性はダメージジーンズなど奇抜な服装で来るなら、女性は威圧感を感じます。女性もミニスカートなど露出の多い服装で来ると男性はびっくりしてしまいます。

2回目のデートで注意しておくこと

2回目のデートで注意しておくこと
2回目のデートの際は交際が続くのかどうか重要な機会になります。
そのため、2回目のデートで自分の印象が落ちないようにNG行動をしないことが大事です。2回目のデートのNG行動は以下のようになっています。

馴れ馴れしい態度で接する

2回目のデートとなれば「交際相手に決まったようなもの」と思い、意識はすでに恋人になっている人もいるかもしれません。

しかし、2回目はお相手にとっては様子見の場合があるので、馴れ馴れしい態度で接すると一気に印象が悪くなる可能性があります。

馴れ馴れしい態度としては、例えばタメ口での会話やボディタッチなどでお相手とスキンシップを取るような行為をするなら、「最初のデートでは本性を隠していたのかな」と悪い印象が強くなります。

1回目と2回目では多少違いはあっても相手と信頼関係を築いているわけではなく、自分のことをよく理解しているわけではありません。タメ口などは信頼関係が無いと親近感はなく嫌悪感しか残らないので注意するようにしましょう。

1回目のデートの話を忘れてしまう

1回目のデートで話したことはできる限り覚えておくことが大事です。
1回目のデートで話したことを再度質問すると、お相手は「あまり自分に興味がないのかな」「真剣な交際をしていないのでは?」と疑問を感じるようになります。

そのため、しっかり1回目のデートの話を覚えておくことは大事です。人の話を覚えるのが苦手ならば、メモを取るなどして対策を講じておく必要があります。

まだ、デートで質問をすることを前もって考えておくなら、1回目のデートで質問が重複することも避けられる可能性があります。
2回目のデートでも1回目と同様にお相手に良い印象を持ってもらえるように行動しましょう。

会話は重くならないようにする

会話の内容が重くならないように注意することも大事です。
「1ヶ月後に結婚したい」「結婚後は親と同居して欲しい」など、お相手がプレッシャーを感じるような話題を行うと、交際を難しく感じてしまうからです。

大事なことは、お相手と信頼関係を築いてから話し合うので問題ないので、重い話は避けておくようにしましょう。

3回目のデートに繋げる方法・誘い方

3回目のデートに繋げる方法・誘い方
デートを単発で終わらせないためには、お相手に楽しんでもらうことはもちろん、「次のデートにどう誘うか」ということもとても大切になってきます。

次回もデートしてもらうためには、どのように誘えば良いのでしょう。

3回目デートの約束は終盤で

「付き合いたい」という気持ちが強いと、当然次のデートを取り付けたいと思うはずです。

しかし焦るあまり、デートが始まってすぐやデートの中盤に次の約束を切り出すのはNGです。

焦っている姿はお相手から見ると「必死すぎる」「落ち着きがない」というマイナスイメージになってしまいます。

そのため、デートの終盤に誘ってみるのが効果的です。
タイミングとしては帰り道や、ディナーが終わる時がいいでしょう。
デートが終盤になってくると、頭の中で「次はどうなるんだろう」と考えている方が多いです。

そこでタイミングを逃さず、次のデートに誘うことで「やっと誘ってくれた」と、あなたへの好意を高めることになるでしょう。

告白は何回目のデートでする?

告白は何回目のデートでする
「付き合いたい」と思ったら、いよいよお相手に気持ちを告白します。
しかし出会ってすぐに告白したのでは成功率は低いですし、逆にあまり先延ばしにしすぎるときっかけがつかめなくなってしまいます。

ムードが高まればOK

もちろん、出会ってすぐに告白してうまくいくケースもありますし、長年友人関係を続けてから付き合うケースもあります。
つまりケースバイケースで、「○回目のデートなら成功する」という答えはありません。

お互いの気持ちが通じ合っていて、2人の間に良い雰囲気が流れているなと感じたときがいいタイミングです。
ここで大切なのは自分の一方的な好意だけを押し付けないように注意しましょう。

お相手がまだその気持ちになっていないのに、「付き合ってほしい」とゴリ押ししてしまうと引かれてしまいます。
お互いに好意を持っているな、と思ったタイミングで告白するようにしましょう。

もし、お相手が好意を持ってくれているかわからない場合は、時期尚早かもしれません。

告白の前に好意を伝えておこう

婚活で出会ったお相手に告白するという行為は、結婚を前提としたお付き合いを宣言することにもなるため、心の準備が必要です。
そのため、なかなか告白する勇気がわからなくても焦る必要はありません。

2回、3回とデートをする中で少しでも「いいな」と思ったのであれば、好意だけは伝えておくと良いでしょう。
婚活におけるデートは、お互いに「結婚を前提として付き合えるか」を判断するものです。

この時に何もアクションがないと、「付き合おうと思っていないのかもしれない」と不安になってしまいます。
そうすると、あなたとの関係に自信をなくしてしまい、別の人を探そうとしてしまうかもしれません。

お互いに想いは通じ合っているのに、こうなってしまうと残念です。
男性側は告白する勇気がわかなくても、好意を持っていることだけは素直に伝えておくようにしましょう。

3回目のデートに繋がらなかったらここを振り返ろう

3回目のデートに繋がらなかったら
楽しくデートをしていても、その日に次のデートの約束ができないこともあります。
それにはきっと理由があったはずです。

以下のような振る舞いがなかったか、振り返り、次に活かしましょう。

急に馴れ馴れしい態度をとった

初回のデートで楽しく過ごせたからといって、2回目のデートで馴れ馴れしくしませんでした?
いくら楽しくても、所詮2回2人で会っただけでは、まだ馴れ馴れしくする段階ではありません。

雑な対応をしたり、思いやりのない発言をしたりしなかったか、振り返ってみてください。
大人の男性がマナーを欠いた言動をしていると一気に冷めてしまいます。

デートプランに問題があった

誘ったデートの内容が良くなかったという場合もあります。
例えばカラオケ、ドライブ、温泉、旅行、このような提案はNGです。

密室になってしまう場所や、宿泊が必須のデートでは警戒されてしまうからです。
急接近するようなデートを提案してしまったのであれば、断られても仕方がありません。

2回目のデートで次の約束をするのであれば、出来るだけお相手の要望に沿ったデートを提案すると良いでしょう。

曖昧に誘ってしまった

誘い方が曖昧だった時も、次のデートに繋げることができません。
デートに誘いたいのに照れやプライドからなかなか言い出せず、遠回しに誘ってしまう人もいます。

はっきり誘ってくれなければ、「どうして誘ってくれなかったのだろう」と、お相手は不安になってしまいます。誘いたいのであれば、素直に気持ちを伝えた方が良いです。

婚活2回目のデートで油断は禁物!

婚活におけるデートは大変重要なイベントです。
1度会っただけではわからなかったことが2回目のデートでわかることもありますし、1回目よりは深い話がしやすいはずです。

お互いにある程度の好意があるからこそデートに至ったわけですから、慎重に、そして丁寧に2人の時間を過ごしてください。
「もう付き合えるはず」とばかりに2回目のデートで、大きな態度を取ってフラれてしまう方もたくさんいます。

2回目のデートを成功させて3回目のデートに繋げるためには、初回のデートよりもより一層気を使う必要があります。
デートを重ねて気になる女性と付き合いたいのであれば、大人の男性としての余裕を持って、思いやりのある対応を心がけてください。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました