再婚を諦めていませんか?

離婚歴があると婚活市場で不利になってしまうのではないか、婚活をするだけ無駄なのではないかと、再婚を諦めていませんか?

30年前と比べると、現代は離婚件数が多いため、バツイチも昔ほどめずらしくはありません。一方、厚生労働省の「人口動態統計の特殊報告」を読むと、2015年に結婚したカップルのうち、夫婦の両方または片方が再婚というカップルの割合は、26.3%と4分の1を超えています。

この数字を見ても分かるように、再婚はめずらしいものではなくなってきているため、バツイチだけを理由に引け目を感じる必要はありませんし、実際に婚活を始めるのをためらっているのならば、とてももったいないことです。

確かに、中には初婚にこだわる人もいるので、不利にならないとは言い切れません。そのため、すぐに再婚できると、軽く考えるのは危険です。

果たして再婚者の婚活は不利なのか?

けれども、婚活を成功させるためのコツや注意しなければならない点をおさえると、婚活市場では不利だと思っていたバツイチを自分の強みに変えることもできるようになりますよ。ここでは、バツイチの人が婚活を成功させるのにおすすめの方法や注意点をご紹介します。

おすすめは再婚者限定パーティー

婚活パーティーの中には、参加対象を、再婚を希望する人や再婚に理解がある人にしぼったものもあります。

当然のような気もしますが、バツイチであるということは周りが承知しています。そのため、バツイチそのものを、引け目に感じる必要がありません。

また、相手がバツイチの場合、お互い、実際に結婚生活を体験しているので、結婚そのものに対して、過剰な期待をしていないことがあります。妥協するということを知っているため、大きなケンカに発展しにくいというメリットにつながることもあります。

前回結婚が失敗してしまった反省を次の結婚生活に活かすことができるので、お互いの価値観を尊重しながら穏やかな結婚生活を送れるということを期待して、敢えてバツイチとの結婚を望む人も増えてきています。

バツイチが婚活パーティーで気をつけるべき点

婚活パーティーやお見合いなどに参加する際、離婚理由や条件を聞かれることもあるでしょう。ここでウソをつくのは後でウソがばれたときに相手に不信感を与えますし、婚活がうまくいかなくなってしまうこともあるので、正直に答えることが大切です。

前の配偶者に対する慰謝料や子供の有無など、隠したくなるかもしれませんが、結婚をするとなったら必ず伝えなくてはならない大切なことです。相手に聞かれたら下手に隠したり濁したりせずに、誠実に応えましょう。

ただし、初対面で会ったばかりの人に、離婚原因や条件を詳しく話しすぎてもいけません。「重い」と引かれてしまったり、結婚へのハードルが高い人だと思われてしまったりする危険があります。相手との距離が近くない場合は、聞かれたら正直に答える程度にとどめるのもエチケットです。

また、前の配偶者について悪く言うのもNGです。実際に相手が悪かったとしても、その場にいない人の悪口を言っている異性には相手も魅力を感じません。婚活パーティーでは、自分に非があった部分について、謙虚に受け止め、次の結婚に活かそうとする姿勢を見せることが重要です。

バツイチでも自信を持って!

バツイチだからと引け目を感じたまま婚活をしていると、自然と伏し目がちになったり猫背になってしまったりと、自信のなさが態度に表れてしまうもの。そうなると、ネガティブな印象を与えることもあります。初婚であってもネガティブな印象のある異性には魅力を感じませんよね。

くり返しになりますが、バツイチであったとしても、前向きな態度を心がけることや、相手に対して誠実な言動をすることが、次のゴールにつながっていきますよ。

(画像はPixabayより)