再婚を諦めていませんか?

離婚歴があると婚活市場で不利になってしまうのではないか、婚活をするだけ無駄なのではないかと、再婚を諦めていませんか?

30年前と比べると、現代は離婚件数が多いため、バツイチも昔ほどめずらしくはありません。一方、厚生労働省の「人口動態統計の特殊報告」を読むと、2015年に結婚したカップルのうち、夫婦の両方または片方が再婚というカップルの割合は、26.3%と4分の1を超えています。

この数字を見ても分かるように、再婚はめずらしいものではなくなってきているため、バツイチだけを理由に引け目を感じる必要はありませんし、実際に婚活を始めるのをためらっているのならば、とてももったいないことです。

確かに、中には初婚にこだわる人もいるので、不利にならないとは言い切れません。そのため、すぐに再婚できると、軽く考えるのは危険です。

果たして再婚者の婚活は不利なのか?

けれども、婚活を成功させるためのコツや注意しなければならない点をおさえると、婚活市場では不利だと思っていたバツイチを自分の強みに変えることもできるようになりますよ。ここでは、バツイチの人が婚活を成功させるのにおすすめの方法や注意点をご紹介します。

バツイチの再婚が難しい理由:子持ちであること

子供をハグしている母親離婚や再婚が珍しくない現代においても、やはり初婚と比べると難しい面は拭えません。

その理由の一つとして、子どもの存在があります。

新しいパートナーと子どもとの関係性が心配

最も大きな問題はこれでしょう。

子どもにとって、それまで他人だった人が家族になるという事実は、実の両親が離婚するのと同じくらい簡単には受け入れがたいものです。

よほど小さな子どもでなければ実親の顔を覚えていますし、再婚相手と打ち解けるのに時間がかかる場合もあります。

多感な時期の子どもにとってはストレスが大きくなるので、打ち明けるタイミングにも気を遣います。

子ども同士の関係性

新しいパートナーとの間に子どもが生まれた場合、もしくは連れ子再婚の場合、子ども同士の関係性も心配になるところ。

親からの愛情に差があってはならないし、子ども同士での衝突も避けたいですよね。

とはいえ、実際に会わせてみなければ反応がわからないし……と、子ども絡みの再婚にはどうしても二の足を踏んでしまいがちです。

バツイチの再婚が難しい理由:「また離婚するかも、結婚したくない」気持ちの面

男性からのハートを拒否する女性の手元離婚、バツイチにはどうしても「失敗した」というイメージが強く、それが精神的な足かせとなって新しい出会いを求められないケースが多く見られます。

また傷つきたくない……自分から出会いを遠ざけてしまう

シングルマザーを支援する婚活イベントなど、その気になればいくらでも出会いのチャンスは転がっているものの、一度離婚していることからあえて避けてしまう人が多いようです。

失恋の傷を癒やすには時間が必要だと言われますが、離婚はその最たるものと言えるのかもしれませんね。

結婚に向いていないのかも? いい話があっても勇気が出ない

離婚して、良い人が見つかっておつき合いまではできたけれど、いざ結婚となると話は別。結婚の話が出た途端、急に怖くなって勇気が出ない……という話もよく聞きます。

一度結婚を経験すると、恋人だった頃の顔と結婚してからの顔が違ってしまうこと、2人の関係性が少しずつ変化していくことをなんとなく知っています。だからこそ、不安になってしまうのです。

また人によっては、「自分は結婚には向いていないのかも」と思い込み、相手と深い関係になるのを拒む傾向も見られます。

バツイチの再婚が難しい理由:男性と出会いのきっかけがない

スーパーで買い物している女性離婚の傷も癒え、そろそろ新しい出会いがほしい!

そんなふうに思っていても、そう簡単に出会いが降ってくるわけでもなし。

初婚・再婚関係なしに「普段の生活には出会いがない」と言われる昨今、さまざまな悩みがあるようです。

子育てと仕事に精一杯、自分に割ける時間がない

婚活するにしても、ある程度時間やお金に余裕がなければ難しいのが現実です。

バツイチ子持ちの場合、通常は夫婦2人でこなすタスクを1人で回していることもしばしば。

実家の助けが得られるかどうかでまた事情は違ってくるものの、なかなか自分の自由に使える時間やお金がない、という悩みが聞かれます。

子どもを連れていける出会いの場が少ない

子どもが小さい場合、1人家に置いて婚活パーティーに行ったり、デートしたりすることはできません。

どこかに預けていくか、もしくは連れて行くかの2択ですよね。

とはいえ現実的に、子どもを連れて行ける婚活イベント、出会いの場ってすごく少ないです。

託児を頼むのにもお金が必要ですし、よほど理解のある家族がそばに住んでいて、子どもを預かってくれるなんて環境がなければ、バツイチ子持ちの婚活は難しいのが現状です。

バツイチの再婚が難しい理由:新しい交際相手と再婚するまでの期間

子供を抱っこして椅子に座る女性とその隣に座る男性

結婚したい!と思ってから、実際に入籍するまでの期間は人や状況によってまちまちですが、再婚の場合、初婚よりも時間がかかってしまいがちです。

その理由とは?

相手側の両親の存在

特に相手が初婚だった場合、結婚相手がバツイチでしかも子持ちだと聞けば、あまり良い顔をされないのでは……と不安になるのは当然のことといえます。

実際にはまだ言われてもいないうちから不安になって切り出せない場合もあれば、結婚の挨拶をしたものの親の了承が得られず、なかなか話が進まない場合もあります。

結婚は当人同士の問題ではありますが、できれば周りの人に祝福してもらいたいもの。

再婚の場合は初婚よりもさらに「うまくやりたい」という思いが強まるため、じっくり時間をかける場合が多いようです。

子どもが新しい相手を受け入れるまでに時間がかかる

親の再婚って、子どもにとってすごくナイーブな問題です。新しいパートナーがどんなに良い人であっても、すぐに心を開いて打ち解けられる子ばかりではありません。

でも再婚すれば家族になって一緒に暮らすわけですから、わだかまりを残したまま結婚してしまうのは、はばかられますよね。

家庭問題は子どもの心に傷を残しやすい問題なので、特に慎重に事を進める人が多いのです。

おすすめは再婚者限定パーティー

婚活パーティーの中には、参加対象を、再婚を希望する人や再婚に理解がある人にしぼったものもあります。

当然のような気もしますが、バツイチであるということは周りが承知しています。そのため、バツイチそのものを、引け目に感じる必要がありません。

また、相手がバツイチの場合、お互い、実際に結婚生活を体験しているので、結婚そのものに対して、過剰な期待をしていないことがあります。妥協するということを知っているため、大きなケンカに発展しにくいというメリットにつながることもあります。

前回結婚が失敗してしまった反省を次の結婚生活に活かすことができるので、お互いの価値観を尊重しながら穏やかな結婚生活を送れるということを期待して、敢えてバツイチとの結婚を望む人も増えてきています。

バツイチが婚活パーティーで気をつけるべき点

婚活パーティーやお見合いなどに参加する際、離婚理由や条件を聞かれることもあるでしょう。ここでウソをつくのは後でウソがばれたときに相手に不信感を与えますし、婚活がうまくいかなくなってしまうこともあるので、正直に答えることが大切です。

前の配偶者に対する慰謝料や子供の有無など、隠したくなるかもしれませんが、結婚をするとなったら必ず伝えなくてはならない大切なことです。相手に聞かれたら下手に隠したり濁したりせずに、誠実に応えましょう。

ただし、初対面で会ったばかりの人に、離婚原因や条件を詳しく話しすぎてもいけません。「重い」と引かれてしまったり、結婚へのハードルが高い人だと思われてしまったりする危険があります。相手との距離が近くない場合は、聞かれたら正直に答える程度にとどめるのもエチケットです。

また、前の配偶者について悪く言うのもNGです。実際に相手が悪かったとしても、その場にいない人の悪口を言っている異性には相手も魅力を感じません。婚活パーティーでは、自分に非があった部分について、謙虚に受け止め、次の結婚に活かそうとする姿勢を見せることが重要です。

バツイチでも自分に自信を持って!

バツイチだからと引け目を感じたまま婚活をしていると、自然と伏し目がちになったり猫背になってしまったりと、自信のなさが態度に表れてしまうもの。そうなると、ネガティブな印象を与えることもあります。初婚であってもネガティブな印象のある異性には魅力を感じませんよね。

くり返しになりますが、バツイチであったとしても、前向きな態度を心がけることや、相手に対して誠実な言動をすることが、次のゴールにつながっていきますよ。

(画像はPixabayより)