離婚をしてからしばらく時間が経つと「そろそろ再婚しようかな」という気持ちになる方は多いでしょう。

そこで婚活をスタートさせようと思ったとき「また離婚したらどうしよう」「幸せな再婚にできるかな?」と不安な気持ちになることもあるはず。

婚活には『5つのコツ』があり、それをおさえて男性にアプローチすることで、婚活の成功率はグッと上がるのです。

今回は幸せな再婚を実現する婚活のコツ5つをご紹介します。
幸せな再婚を実現する婚活のコツ5つ
イラスト作成:BUSON

再婚を成功させるコツ①:離婚原因を見つめなおし、改善する

右手を顎に置き考えている女性再婚を成功させるコツの一つ目は『離婚原因を見つめなおし、改善する』ことです。
具体的にどのようなことを改善すればよいのか、詳しくお話しましょう。

同じ原因で離婚しないために大事なこと

離婚した原因を見つめ直せていないと、せっかく婚活で良い相手が見つかっても、再び同じことが原因で離婚してしまう可能性があります。

ケンカの域を超えて離婚に至るほどの内容ですから、どんなに良い人に出会っても、再び仲が悪くなってしまう確率が高くなります。
同じことが理由で再び離婚するのは、誰だって避けたいものです。

再婚を成功させるために、離婚原因をしっかりと見つめなおすことは必須事項だと覚えておきましょう。

見つめ直したら『改善』すること

なぜ離婚をしてしまったのか、自分の悪いところはどこなのか。

まずはじっくり自分と向き合って、離婚した原因を見つめ直してください。
そして離婚の原因を見つめ直したら終わりではなく、『改善』が必要です。

たとえば、
●生活態度に問題がある → 行動を変える
●考え方に問題がある → 相手の意見を受け入れるよう、柔軟な考え方を心がける。
●言動に問題がある → 相手を攻撃するような物言いをしない、イライラしても落ちついて話すようにする
などを参考にして改善してみてください。

自分の悪いところを直すのは簡単ではありませんが、原因を改善していかなければ、再婚を成功させることは難しいでしょう。
ここは幸せな未来を掴むために頑張りましょう。

再婚を成功させるコツ②:バツイチだからと自分を卑下しない

膝を抱えてしゃがみ込む女性年々夫婦の離婚率は上がっていますが、『離婚は悪いこと』というイメージを持っている方は少なくありません。
そのため『バツイチだから……』と自分を卑下する方もいますが、それもまた再婚がうまくいかない原因となります。

バツイチなのは悪いことではない

離婚というのは簡単そうに見えて、手続きが面倒だったり、世間の目が厳しくなったりするものですから、軽い気持ちで決める方はほとんどいないはずです。

自分の将来のことを真剣に考え、離婚をしたほうが幸せになれると決断したから離婚に踏み切ったのではないでしょうか。

自分のことを考えての離婚ですから、バツイチになったことが『悪い』わけではないのです。

むしろつらい結婚生活をそのまま続けていくほうが自分にとっては毒ですから、バツイチだからと自分を卑下する必要はありません。

自分に自信を持とう

結婚生活がうまくいっている人たちに囲まれていると、どうしてもバツイチである自分に自信が持てなくなるときもあるでしょう。

そのようなときは『バツイチは悪くない』と自分に言い聞かせ、自信を持って再婚に向けて行動を起こしましょう。

どんなときでも前向きな気持ちが大事です。
ネガティブになっていると積極的に動けず、せっかくの再婚のチャンスを逃してしまうかもしれません。

バツイチなのはあなただけではありませんから、自分に自信を持ち、幸せな再婚に向けて行動を起こしましょう。

自信をもって積極的に自分をアピールすれば、きっと素敵な男性があなたの前に現れてくれます。

再婚を成功させるコツ③:言動を観察し、人間性や性格を見極める

ドレスアップした男女が窓際で飲み物をもって談笑している再婚したいと婚活パーティーへ参加しているのに、ただ参加しているだけの受け身の姿勢になっている方はいないでしょうか。

出会いの場に行けば自然と相手が見つかるというものではなく、男性の言動を観察し、人間性や性格を見極めることも、素敵な再婚相手を見つけるために大切なことなのです。

フィーリングも大事だけどそれだけではない

一目見て「この人とお付き合いしたい!」というようなフィーリングも大事ですが、それだけで相手と再婚に踏み切るのはあまりおすすめできません。

初めのうちは誰だって少なからず本心を隠していますから、本当にこの人と幸せになれるのかを確かめるために、言動を観察して人間性や性格を見極めることが大事です。

デートをしたり電話やメールで連絡を取り合ったりしながら探っていくのも一つの方法ですが、より効率よく相手を見極めるなら、婚活パーティーなどで会話をしているときに見極めるのがよいでしょう。

観察するポイントは難しくない

「男性を見極めるなんて恋愛経験が豊富じゃないと難しいのでは」と心配する方もいるかもしれません。

でも安心してください。
男性を観察するポイントは難しくありませんから、恋愛経験が豊富でない方でも大丈夫です。

観察するポイントとしては、
●質問をしたときにごまかさないではっきり答えてくれるか
●仕事や年収、バツイチかどうかを隠さないか
●自信がなさそうに話していないか
などがあります。

質問にはっきり答えてくれない、隠し事をする、自信がないという言動が見られる男性は、信頼できず、いざとなったときに頼れない可能性があるので、再婚をしてもうまくいかないかもしれません。

再婚を成功させるコツ④:離婚した相手を非難しない

堤防の上で左右に分かれて歩いていく男女離婚をした理由は人それぞれですが、離婚した相手を非難することもまた、再婚の成功率を下げてしまうので注意が必要です。
離婚をしたとはいえ、元夫とは一時は生活を共にし、愛情を注いでいた相手のはず。

もちろん浮気をされたり、ひどいことをされたりしたことが離婚の原因だと、相手に対して良い印象を抱いていないのは当たり前です。

しかしそれを再婚したい相手に話すと、
●大人気ない
●根に持つ女性なのかも
●怖い
●もしケンカをしたら大変なことになりそう
●仮にうまくいかなかったら恨まれるかも
と思われ、あなたにとってマイナスになってしまいます。

そのため、たとえ離婚した相手のことが本当は許せなくても、それは心の奥底にしまっておくのがよいでしょう。

再婚相手にとって、元夫の話は決して良い話ではありません。

それを理解するとともに、もし離婚したときのことや元夫のことを聞かれたら「いろいろあったけど素敵なところもあった」「悪い思い出だけじゃなくて良い思い出もあった」と答えるのがベストです。

再婚を成功させるコツ⑤:以前の結婚相手と比較しない

右手に丸と左手にバツのプラカードを持ってバツを上にあげた女性以前結婚をしていた男性がいると、どうしても新しい相手と比較をしてしまいがちですが、再婚相手の立場としてはあまり喜ばしいことではないので、控えるのが幸せを手に入れるコツです。

男性は以前の結婚相手と比べられることが好きではない

男性の特徴として、元彼や元夫と比べられることが好きではない、というものがあります。

なぜなら男性は、プライドが高いので「元夫のほうが良かった」「元夫はこうしてくれたのに」と言われると悲しくなったり腹立たしくなったりするからです。

そのため、再婚相手の候補となる男性とお付き合いしたら、決して以前の結婚相手と比較するような言葉は言わないよう注意しましょう。

元夫は元夫、彼は彼

以前の結婚相手と他の男性を比べても、異なる人間ですから良いところや悪いところが違うのは当たり前です。

もし比べてしまいそうになったら、
●元夫は思い出の人
●新しい彼には元夫にはない良いところがある
●二人を比べても意味がない
と気持ちを切り替えるようにしましょう。

それでもうまくいかないというのなら、逆の立場に立って考えてみるのも一つの方法です。
逆の立場とは、仮に新しい彼がバツイチで、元嫁と自分を比較されたらどう感じるのかを考えてみるということ。

どうでしょう、あまり良い気持ちはしないはずです。
「私は元嫁とは違う」「私にだって良いところはたくさんあるのに」と思うことでしょう。

このように、以前の結婚相手と新しい彼を比べてもプラスになることはないので、上手に気持ちを切り替えられるようトレーニングをしましょう。

再婚に向けて、早速婚活をしよう

新郎新婦の小指が赤い糸で結ばれているバツイチの人や再婚者は、自身の離婚経験が引っかかり、なかなか婚活に踏み出せないという人が多いと思います。
婚活をしようと思い立ってもどのようにして良いかわからず、結局何もしないまま年を重ねてしまったという人もいるでしょう。

しかしそれではもったいないので、まずは婚活パーティーに参加することから始めましょう。
そこでの出会いがきっかけで再婚するカップルもたくさんいます。

再婚をしたいけどなかなか勇気を出して一歩を踏み出すことができないという人こそ、今が婚活のはじめ時。
一度しかない人生だからこそ、縁のある人と出会って幸せに暮らし、充実した毎日を過ごしてください。

オミカレの再婚・バツイチの方向け特集