【心理テスト】十五夜!月見団子はどんな味付けで食べたい?

占い・心理テスト

9月21日は十五夜です。

十五夜とは、一年で最も美しいとされている「中秋の名月」を鑑賞しながら、収穫などに感謝する行事です。

平安貴族が中国の風雅な観月を取り入れ、のちに庶民に広がると、秋の収穫物を供えて実りに感謝する行事となりました。

今回は、十五夜にちなんだ心理テストを紹介します。

【質問】十五夜の月見団子は以下のどの味付けで食べたいですか?


A:みたらし
B:あんこ
C:ごま
D:だご汁

あなたはどれを選びましたか?それでは結果をみてみましょう。

【診断できること】

「あなたにぴったりのアプローチ法」

ロマンティックな満月は、ふくらんだ恋心の象徴です。

それを愛でるだんご。

どんな味付けの料理でだんごを食べたいのかから、あなたにぴったりの恋のアプローチ法がわかるのです。

A:みたらし

わざとツンツンした態度をとる

みたらしは、醤油味のだんごです。

醤油はしょっぱい味付け。

あなたにぴったりのアプローチ法は、好きなお相手に最初はツンツンした態度をとると良いでしょう。

みたらしのように辛口な言葉を言っても良いかもしれません。

そして、その後優しい言葉を伝えましょう。

そんな風にして、お相手の心を揺さぶってみると、あなたの印象は強く相手の心に残り、気になる存在になれるはずです。

しかし、ツンツンし過ぎはダメです。

ほどほどにしておかないと、脈無しだと誤解されてしまいます。

B:あんこ

ロマンティックな言葉で愛を伝える

甘いあんこのだんご。

あなたにぴったりのアプローチ法は、甘いあんこのようにロマンティックな言葉で愛を伝えるのが良いでしょう。

「好き」と伝えるだけではダメ。

どんなところが好きなのか、どんなデートがしたいのか、事細かに伝えましょう。

月灯りの下で伝えれば、なおいっそうロマンティックで、お相手の心をつかめるかもしれません。

照れずに堂々と言うのがコツです。

口頭で伝えるのがどうしても難しいなら、メールやLINEでもかまいませんよ。

C:ごま

少しずつ距離を縮める

ごまだんごのごまは、小さなつぶつぶです。

ごまのつぶのように、ちょっとずつ距離を縮めていくのが、あなたにぴったりのアプローチ法。

焦ってはいけません。

はじめはあいさつを交わす程度で良いでしょう。

その後、連絡先を交換して、たまにやりとりできるくらいの仲になり、デートに誘うのは数か月後に。

告白は、さらに数か月先でも良いかも。

スローペースで。

けれども着実に、好きなお相手との距離を縮めていきましょう。

少しずつのほうが、お相手はあなたを警戒せずに、受け入れてくれるはずです。

D:だご汁

友達に協力してもらう

だご汁は、だんごの他にも野菜などいろいろな具材の入った汁物です。

たくさんの具材に囲まれただんごのように、あなたには良い友達がたくさんいるのではないでしょうか。

あなたにぴったりのアプローチ法は、友達に仲介してもらうことです。

あなた一人では勇気を出せないかもしれません。

しかし、友達に力を借りれば、好きなお相手に気持ちがしっかりと伝わります。

友達が、あなたの良いところをお相手にアピールしてもくれるでしょう。

断然、恋が叶う確率が上がるのです。

おわりに

成功するかしないかわからない、恋のアプローチはとってもドキドキするものです。

けれども、好きなお相手ができたなら、勇気を出してアプローチしてみましょう。

何もしなければ、恋のスタートラインにも立てません。

ちょっとずつアプローチしてお相手の心をつかんでいけば、いずれ恋人というゴールに進めるかもしれません。

「あの時、勇気を出しておけばよかった。」と後悔しないように、アプローチをがんばってみましょう。

占いライター。コラムニスト。西洋占星術、人相、タロットなどの占いの知識をベースに、占い、恋愛コラムを執筆中。官能小説、心理テストの執筆も手掛けマルチに活動。著書に、サイコロジー診断ラボのメンバーとして携わった『危ない心理テスト』(河出書房新社)がある。
紅たきHP: https://kurenai-taki.info/

占い・心理テスト
\シェアする/
オミカレ婚活ブログ 【婚活・お見合いパーティーカレンダー – オミカレ】
タイトルとURLをコピーしました