婚活パーティー NGトーク
婚活パーティー中、女性とどんな話をすればいいか迷う男性は多いのではないでしょうか。

今回は会話の中でも避けておきたいNGトーク例をご紹介します!

NGトークでよくあるのは、相手への敬意が足りなくて軽率な発言をしてしまったり、
傷つきたくないばっかりに予防線を張りすぎたりするパターン。

あなたにとっては何気ない一言でも、
その内容によっては相手の女性から引かれてしまう可能性があります。

口は災いの元!

NGトークをしてしまわないよう、
具体例を踏まえて実際の婚活パーティーに活かしてください。

実際にあった男性のNGトーク例

それでは実際に私が体験した男性のNGトーク例をご紹介します。

①「僕たち合わないですね」と途中でトークを拒絶

一番印象に残っているのは、
回転寿司形式で回っていく婚活パーティーで出会った男性に、
途中でトークを拒絶されたこと。

その方は、控えめだけど温厚そうなアラフォー男性でした。

あまり目を合わせてもらえないし、
ちょっと挙動不審だな、でも緊張してるのかも、と思っていました。

しかし、

私
趣味は立ち飲み屋をめぐることで、お休みの日は昼間から友だちと飲み歩いてます!

と、正直に趣味を打ち明けたところ……

男性
男性
……お酒がお好きなんですね。僕はお酒ぜんぜん飲めないので、じゃあダメですね……

なんと突然、「私たちは合いませんね」宣言をされてしまいました。

そのあとは話を振ってもまったく盛り上がらず、
彼はずっと目線を伏せたまま、残りのトークタイムを無言で終了させました。

え!? こんなことある!?

婚活パーティーに来たら、みんな多少は無理してでも会話を合わせるものだと思っていました。

しかし、こんな風にカップリングの可能性が低そうな相手に対して露骨に態度を変える人もいるんです。

【改善ポイント】
このように、たとえ、この人とはカップリングしないだろうなと思う相手でも、
無言になったり適当にあしらったりして、あきらかに態度を変えるのはNGですね。

友達同士で参加している女性も多いので、あとで情報が行き渡ることがあります。

なにより、相手によって態度を変えていると、
出会い頭に「この女はどうしようかな?」と値踏みしているのが女性に伝わります。

それってものすごーく失礼ですよね。

相手がだれでもベストを尽くすことが出会いの可能性を広げますよ。

② 「俺、若い子ダメなんだよね」と門前払い

さきほどの例にも通じるんですが、カップリングしない・相手からフラれる可能性が高い女性に対して、
あらかじめ「僕の好みじゃないんで」と牽制する男性が多いです。

フラれる前にフってやれ! って精神ですね。

プライドの高い男性に多いNGトークです。

実際に私は25歳ぐらいのとき、婚活パーティーで出会った男性に
「25歳? 若いね〜。俺、若い子ダメなんだよね」と言われたことがあります。

それ言われてこっちはどうすりゃいいんだよ、と思いました。

その人はたしか、30代半ばぐらいのデザイナーさん。

彼がメガネで、おしゃれなゆるふわパーマをかけていたことすら、
良い思い出として思い返すことは出来ません。

プライドが高そうな男性でした。

【改善ポイント】
年齢で出会いに制限をかけているのがもったいないですし、
対面で不愉快な思いをさせようとする気遣いのなさも女性から引かれてしまう一要素です。

相手は好意を持ってくれている可能性もあるので、
「○○な人ダメなんです」と対面で門前払いをするのはやめましょう。

人にされて嫌はことは自分でもしない、
小学校でも習う人としての最低限の礼儀ですよね?

③ 「え、ほんとに彼氏いないの?」と疑う

悪気はないようなのですが「本当に彼氏いないの?」と疑ってくる男性がけっこういます。

その心理としては、あとから彼氏がいることを知って傷つきたくないという気持ちなのでしょうか。

こんなに魅力的なのに彼氏がいないなんて信じられません、というお世辞もあるかもしれませんね。

いずれにしても婚活パーティーに参加している女性に「本当に彼氏いないんですか?」と聞くのは無意味。

たとえ彼氏がいても婚活パーティーで
「ほんとは彼氏いるんです☆」とぶっちゃける人はいないし、
婚活パーティーに参加している時点で「彼氏より良い男性を見つけたい」という気持ちがあるからです。

【改善ポイント】
自分が傷つくことを恐れて予防線を張りたがる男性が多いですが、
そういう人は頼りなく見えるのでモテません。

相手を魅力的だと感じるなら素直に「本当に素敵ですね」と伝えたほうが、
女性も喜びやすいですよ。

④ 呼び捨て&タメ口で話しかける

親しき仲にも礼儀あり、というぐらいですから、
まだ親しくない仲なら余計に礼儀が必要ですよね。

しかし中には、いきなり相手の名前を呼び捨てにし、タメ口で話す人もいます。

1日かけたバスツアー形式の婚活パーティーに参加した際、
私のとなりに座った30歳前半の男性がまさにそのタイプでした。

男性
男性
エリはさぁ〜スポーツとかやってる? やらなそうだよね〜」

親しみやすさを演出したいのかもしれませんが、
普通に失礼な人だなと感じてしまいました。

先輩後輩の関係ならいいのですが、
初対面なのに私が年下だからって理由でタメ口にされると
「私のことを見下しているのかな?」と思ってしまいます。

【改善ポイント】
婚活パーティーで話す女性に対しては、
どれだけ年齢が離れていても敬語でお願いします。

それが相手に対する敬いの表現であり、礼儀だからです。

親しみやすさをアピールしたいならタメ口ではなく、
敬語のままフランクな雰囲気を出すようにしましょう。

意外と見落としがちな落とし穴!話すときに気をつけたいポイント

婚活パーティー 会話のポイント
じゃあ一体どんなことを話せばいいんだ? と思うかもしれません。

以下のポイントに気をつけて女性との会話を楽しむようにすればいいんです。

意外と簡単ですよ!

① 個人情報を聞き出そうとしない

「へえ〜高円寺に住んでるんだ! どのあたり?」
「俺もTwitterやってるよ! アカウント教えて!」
「道玄坂方面にあるIT企業ってことは○○?」

など、話が盛り上がるとついつい聞いてしまいそうになるのですが、
具体的な個人情報は聞かないようにしましょう。

上のような詳しい住所、SNSアカウント、所属企業名あたりを教えることは
女性に警戒心を抱かせてしまう原因となってしまいます。

「万が一ストーカーとして付きまとわれてしまったらどうしよう・・・」

と感じてしまうわけですね。

悪気がなくても無駄に警戒されるので、
それらの突っ込んだ話は交際が開始できてからにしてください。

② 自分だけ話しすぎず、相手に質問をする

女性を楽しませたい! と思うのは素晴らしいことですが、
自分だけが話しすぎないように気をつけましょう。

自分が1エピソードを話し終えたら「○○さんはいかがですか?」と質問を投げるペースがいいと思います。

③ 相手が答えた内容を膨らませて、会話を続ける

相手に質問をして答えてもらったら、
必ずそこから会話を膨らませるように努力しましょう。

そうじゃないと、

あなた
あなた
週末は何をしてるんですか?
女性
女性
私はスポーツ観戦が好きで、週末はだいたい野球観戦に行っています
あなた
あなた
へ〜
女性
女性
……。週末は何をされてますか?

というように会話が途切れ途切れになり、一問一答で終わってしまいます。

まるで尋問みたいな会話ですね・・。

たとえ詳しくなくても
「野球観戦いいですね〜! 最近スタジアムグルメも有名ですよね。○○さんもよく召し上がるんですか?」とかなんとか、
どうにかして話題に食いついてください。

そうすることで女性との会話に積極的である印象を与えられます。

まとめ

実際にあったNGトーク例と、会話で気をつけるポイントをご紹介しましたが、
一貫して大切なものは「相手を敬う気持ち」です。

婚活パーティーにはさまざまな人が参加しますから、
あなたの好みではない女性に会うこともあるかと思います。

それでもどうか露骨に嫌な態度は取らないようにしてください。

相手を品定めする視線は女性に伝わりますし、嫌な印象を与えます。

すこしでもカップリングの可能性を広げ、
良縁を掴みたいなら、誰が来ても会話を楽しもうとするのが吉です。

今回紹介したNGトークは真似しないよう、気をつけてくださいね!