婚活 うまくいかない
婚活ライターのみくまゆたんと申します。

筆者は、婚活を25歳からスタートし、37歳までの12年間婚活を繰り返していました。

20代後半~30代前半は、まだ婚活仲間も結婚しておらず参加できる街コン、婚活パーティーも豊富にあり
「焦らなくても大丈夫」と思っていたのですが、35歳を過ぎた頃に「このままじゃヤバイかも」と思うようになりました。

焦りを感じた理由は、婚活仲間達がこの時期に一勢に結婚したからです。

焦りを感じるようになった筆者は、婚活が上手くいかない理由を友人達に聞き回りました。

友人達からのアドバイスを元に改善するよう努力したら、
ようやく37歳にして成婚に結びつく出会いに巡り合い結婚することが出来ました。

今回の記事では、筆者の12年にも及ぶ婚活経験を元に婚活が上手くいかない理由と
改善するための具体的な方法、注意点をご紹介します。

婚活がうまくいかない原因とは?どうすれば上手くいくようになる?

婚活が上手くいかない人は、「いい出会いがない」や「好みの異性がいない」など言い訳をしてしまいがちです。

しかし婚活が上手くいかない人ほど、自分の中に原因があるため「結婚できない理由」を改めて振り返る必要があります。

もし自分で理由がわからなければ、第三者に尋ねてみると良いでしょう。

それでは、婚活が上手くいかない人には一体どのような原因があるのでしょうか?

次に、婚活が上手くいかなかった筆者に対しアドバイスをくれた友人達の話を参考にしながら「婚活が上手くいかない原因」と、
どうすれば上手くいくようになるのかについて紹介します。

期限を決めていない

筆者の場合、「○○歳までに結婚する」と期限を決めずに婚活を続けていました。

期限を決めなかったのは、「いい人がいれば」と思いながら婚活をしていたからです。

結局、ずるずると成果のないまま歳月だけが過ぎてしまいました。

婚活をズルズル続けてしまう人は、期限を決めずにいると決断が遅れがちになります。

さらに、周囲に同じような婚活仲間がいると今の状況に安心してしまうことも……。

早く婚活を卒業したいのであれば、参加回数と期限を決め短期決戦で臨みましょう。

たとえば「結婚は半年以内。婚活パーティーは10回まで参加する。これでダメなら婚活は諦める」というように、
具体的にルールと期限を設けるのです。

自分なりにルールと期限を決めることで、「もっといい人が他にいるのかも?」と迷うことがなくなり、決断力がつきやすくなります。

筆者は友人から「1年以内に結婚相手を見つけられなければ、婚活やめる勢いにしたら?」とアドバイスされ、
期限を半年以内と決めて積極的に活動するようになりました。

活動スタートして3ヶ月目、
街コンで出会ったスタッフの紹介で参加した合コン式の婚活パーティーにて、運命の相手と出会い1年後に結婚することが出来ました。

筆者の場合は、街コンスタッフの方に
「年は30代中盤で、大手企業か公務員など安定職希望」と具体的に希望条件を伝えていたため
「今度、みくさんにピッタリの人が来るけどイベント来る?」と
誘ってもらえたのも良かったと思います。

理想が高い

筆者が婚活をしていた頃、婚活パーティーや街コンと名のつくイベントには手当たり次第に参加していました。

この時に考えていたのは理想の人と出会えるまで続けようでした。

そのため、相手が気に入らなければ、アプローチカードを渡されても応じることはありませんでした。

しかし、結婚はお互いのルックスやスペック、フィーリングが合う者同士と一緒になるもの。
どんなにあなたがいいなと思う相手であっても、相手があなたに興味を示さなければ意味がありません。

自分に合う人を見つけられるためにも、まずは自分のスペックや条件を振り返ることが大切です。

紙に「年齢」、「スペック(仕事や学歴など)」を紙に書き出し読み返すなどして、
客観的に自分のスペックを見つめなおすと良いでしょう。

自分を顧みず理想が高い人にやりがちなのが、
婚活パーティーや街コンなどで配布されるプロフィールカードの「好きなタイプ」欄に理想を多く書いてしまうケースです。

たとえば「タバコを吸わない人」、「お金の管理がしっかりしている人」など、
相手に求める条件が細かければ細かいほど該当する人が減るだけでなく
あなた自身も理想の高い人だと思われやすいので注意しましょう。

自分の市場価値を把握していない

婚活市場では、若ければ若い女性ほど男性からのニーズが強くなります。

男性が若い女性が好きな理由の1つに
「若い女性ほど妊娠率が高い、または健全な赤ちゃんが産まれやすい」と考えている男性が多いからです。

筆者自身も、婚活で男性から「30代後半だよね?俺子供欲しいからごめん」と言われたことが何度もありました。

「子供が欲しい」と考えている男性ほど、若い女性を選びたがる傾向があります。

とくに初婚で20~30代、さらにスペックが高い男性となると女性からの需要も高くなるため、
多くの女性から若くて美しい女性を選ぶことが多くなります。

また美しい20代の女性は、
多くの求愛の中からスペックの高い男性を選ぼうとします。

稼ぎの良い男性と美しく若い女性が一緒になりやすいのはそのためです。

ここで振り返っておきたいのが、
スペックの低い男性と30代以降の女性は婚活市場で不利になりやすいという点です。

この条件に該当する方は、自分の年齢とスペックを把握して婚活をする必要があります。

さらに30代後半~40代向けの婚活イベントとなると、離婚歴や子持ちの男女参加率もグッと上がるため、
女性にとっては初婚で子供を求める男性を婚活で見つけるのは厳しくなります。

30代後半以降の女性は、希望条件よりも希望最低条件を作っておくと良いでしょう。

たとえば「バツイチはOKだけど、子持ちはNG」など、具体的に相手に求める最低条件を作っておきましょう。

男性の場合は、「低年収、低学歴」は婚活市場で不利になります。

こういった男性でもチャンスがあるのが、安定職に勤めている女性です。職業は看護婦、教師など資格業をはじめ、
公務員など安定した企業に勤めており、結婚後も仕事しやすい環境で働いています。

また、資格業の女性は結婚後も仕事を続けていと考えている女性が多い傾向にあります。

そのため、安定職の女性は稼ぎよりも仕事を続けるために家事育児を助けてくれそうな男性を求めています。
稼ぎやスペックに自信がないのであれば、安定職で結婚後も共働き希望の女性は狙い目です。

婚活で注意することとは?

婚活 注意点
婚活が上手くいってない時は、判断が鈍りやすく危険な出会いに引っかかりやすいので注意しましょう。

婚活パーティーのなかには、身分証明書の掲示のみで参加できるものもあります。
受付の規制が緩いイベントに多く、遊び目的の既婚者や恋人持ちの人が潜伏していることも少なくありません。

遊び目的の男性の場合、女性に対し「キレイだね」、「スタイルいいね」など、見た目ばかり褒めがちです。

女性による詐欺となると、高価な商品を買わせるデート商法、またはパパ活目的で貢いでくれる男性を物色していることも……。

このような女性は貢いでくれる男性を探しているので、プロフィールの年収欄をくまなくチェックしています。

真剣に結婚を考えている人は、その人と長く過ごしていけるかを知りたいため内面を掘り下げるような質問をします。

例えば
「趣味の欄に読書が好きって書いてあるけど、どんな本を読んでいるの?」や
「休日は旅行が趣味って書いてあるけど、いままで行った中で一番良かったのはどこですか?」など。

遊びやお金目的の人に対して、相手の趣味や内面を知ろうとは考えないもの。

男性は年収やお金のことばかり聞いてくる女性、女性は見た目ばかり褒めてくる男性にはくれぐれも注意しましょう。

まとめ

婚活が上手くいく人は、婚活が上手くいくよう方法を考えて行動しているからこそ。

ズルズルと婚活を繰り返してしまう人は、
「いい人がいたら」と曖昧な目標設定で婚活したり、
または相手に求める理想が自分と釣り合わないことが多いです。

成果のないままズルズル婚活を続けている人は、
「半年以内に相手を見つける」など具体的な期限を決めるようにしましょう。

もし婚活にいつも失敗しているのであれば、自分に需要のある場所を見つけると良いでしょう。

自分の需要がわからないのであれば、自己分析をして自分の強みや弱みを分析しましょう。
わからないのであれば、友人など第三者に聞いてみると良いでしょう。

男性であれば、ルックスに自信がないなら
「高学歴、高収入限定婚活パーティー」や「高身長男性限定」など、
他の強みが生かせる市場に足を運びましょう。

男性と同じように、女性も強みと弱みを知った上でニーズのある市場に出向くことが大切です。

もし、太っていることにコンプレックスがあるなら「ぽっちゃり女性限定 婚活パーティー」に参加すると良いでしょう。

30代以降であれば「30代~40代限定」と、
20代の若い女性に比較されることのない婚活パーティーへの参加がオススメです。

婚活を成功させるためにも、自分を活かせる市場を把握して出向くと良いでしょう。