婚活パーティーのフリータイムが苦手。誰も来ない・話しかけられない理由は?

婚活パーティーのフリータイムが苦手。誰も来ない・話しかけられない理由は? 婚活初心者ガイド

フリータイムのある婚活パーティーにおいて、なかなか自分から話しかけられずフリータイム中ずっと「ぼっち」のまま過ごしてしまう男性が一定数います。また、「自分のところには誰も来なくて落ち込んでしまった」と嘆く女性も少なくありません。

婚活パーティーでは、見た目や条件だけでなく積極的なコミュニケーションを武器にチャンスを増やすことが重要です。この記事では、婚活パーティーでなかなか異性から話しかけられない原因やフリータイム中のぼっち回避テクニックなどについて解説します。

フリータイムにぼっちになる。話しかけられない理由は?

フリータイムにぼっちになる。話しかけられない理由は?
それほど美人・イケメンでなくても、異性から話しかけられやすい人は一定数存在します。反対に、容姿が整っているにもかかわらずなかなか話しかけてもらえない人もいます。

フリータイムになかなか話しかけてもらえない場合は、容姿のよしあしに関係なく次のような要因で話しかけにくいと感じられているかもしれません。

●見た目がパーティーにふさわしくない
パーティーにおいて最低限の身だしなみが整っていない人や派手すぎる・地味すぎる人は、TPOを意識できない人と思われて敬遠されがちです。また、露出が多すぎる服装やきつすぎる香水なども印象ダウンにつながります。

●無表情で暗そう
いくら年収などの条件がよくても、笑顔がなく暗い雰囲気だと近寄りがたいと思われてしまいます。緊張などでうまく笑顔が出ない場合は、自己紹介のときに「緊張してしまって…」と正直に言ってみるのも有効です。

●会話のキャッチボールがうまくいかなかった
自己紹介タイムに自分から一方的に話してばかり、あるいは相手の話にほとんどリアクションを返さないと、会話が盛り上がりにくくなってしまいます。

●異性を値踏みしている雰囲気
年収や容姿などで異性を品定めしていると、無意識のうちにそういったオーラが出てしまうものです。婚活において男女は対等ですから、上から目線で値踏みされた異性は当然いい気持ちはしません。

●同性の友人とずっと一緒にいる
同性の友人とずっと一緒に行動していると、「2人の間に入って行けそうにない」「裏で批判されているのでは」と不安を与えやすくなります。特に、女性どうしで参加した場合は注意が必要です。

話しかけられやすい人の特徴は?

話しかけられにくい人と反対の特徴を持っている人は異性から見て話しやすく、カップリング率も高いと考えられます。近寄りがたいオーラを払しょくしたい場合は、まず以下のポイントを心がけてみましょう。

●自然な笑顔と、声のトーンの明るさ
婚活に限らずコミュニケーションにおいてはとにかく笑顔が重要とされますが、不自然な笑顔はかえって恐怖感を与えてしまいます。また、頑張って笑顔を作っても声がこわばっていると不自然です。

笑顔に慣れていない場合は、口角を引っ張り上げるだけでなく頬や目の筋肉も使って笑う練習をしてみましょう。同時に、明るく楽しそうな雰囲気になるよう声のトーンにも気を配ります。大げさにならない程度のジェスチャーを加えると、より感情豊かに見えますよ。

●プロフィールカードを丁寧に書いている
プロフィールカードを丁寧に書くことで会話のきっかけが増え、異性との共通点を見つけやすくなります。大人数のパーティーほど一度に会う異性の数が増えるため、異性の目に留まりやすいプロフィールカードでチャンスを増やしましょう。

参考:婚活パーティーは「プロフィールカード」が肝になる!書き方のポイントを徹底解説

●聞き上手
相手の話に相槌を打つだけでなく、ところどころで質問を挟んだり感想を伝えたりすることで会話がスムーズに進みます。大げさすぎるほめ言葉や批判は避け、前向きかつ素直に表現することがポイントです。

聞き上手になるためのテクニックとして「相槌のさしすせそ」が有名ですが、使いすぎると薄っぺらい印象を与えてしまいます。うわべだけを取り繕うのではなく、本心から会話を楽しもうとする姿勢が重要です。

参考:さしすせそに頼らず合コンで勝利する方法5つ

どうしたらフリータイムでいろんな人と話ができる?

あらかじめ話のネタをいくつか頭に入れておくと、相手の特徴・趣味などに合わせていろいろな話題を提供しやすくなります。

その際、複数の話題が自然につながるよう整理しておくとより話を広げやすくなります。頭の中で整理した内容をすべて話す必要はなく、話の流れに合わせて必要な部分だけをかいつまんで話せばOKです。

参考:婚活パーティーで何を話したらいいの?話題ネタや話しかけ方など

マンツーマンで話すと緊張してしまう人には、グループトーク中心のパーティーやスタッフから手厚くサポートしてもらえるパーティーもおすすめです。

参考:婚活パーティー初心者・人見知りでも大丈夫!グループトークで失敗しないコツ

話せない!場合の「おすすめな一言」

自己紹介タイムの会話内容を覚えておくと、「さっき●●の話をされてましたよね?」と話しかけやすくなります。また、自己紹介の最後に「後でまた話しましょうね」「続きが気になります!」とアピールしておくと話しかける口実ができます。

さらにメッセージカードや「いいね!」などのシステムを有効活用することで、話しかけるチャンスを増やせるでしょう。

ビュッフェ式パーティーであれば、ドリンクや食べ物を取りにきた異性に「よかったら取りましょうか?」「それ、おいしいですよね」などとさりげなく話しかける方法もあります。その際はテーブルのそばでじっと待ち構えるのではなく、あくまで自然に振る舞うことがコツです。

フリータイムのぼっちを回避すべき理由

フリータイムのぼっちを回避すべき理由
異性からモテてひっきりなしに話しかけられる人は別として、多くの人は自分から話しかけに行かないとあっという間にぼっちになる恐れがあります。フリータイムに一度ぼっちになってしまうと、「暗そう」「近寄りがたい」と思われてますます話しかけられにくくなるでしょう。

婚活パーティーのメリットは、一度に多くの出会いを探せることです。ピンときた異性がいなくても、いろいろな人と話すだけで婚活の幅が広がります。また、第一印象がイマイチでもじっくり話すと面白い人がいるかもしれません。フリータイム中ずっとぼっちのまま過ごすと、これらのチャンスをすべて無駄にしてしまいます。

ぼっちにならないためのコツ(女性編)

「女性は男性にリードしてもらうもの」という固定観念を捨てて、積極的に男性に話しかけに行くことが重要です。

基本的に、パーティーに来る男性は女性から話しかけられて悪い気はしません。婚活の世界には男女とも人見知りの人が少なくないため、こちらから話しかけると喜んでもらえる場合が多いでしょう。そのため、「女性から話しかけるとガツガツしてると思われそう」といった心配は無用です。

どうしても男性に話しかける勇気がない場合は、とりあえずひとりでいる女性に話しかけてみましょう。お互いに緊張がとけてリラックスできるだけでなく、男性の2人組から話しかけてもらえるかもしれません。ただし、自分が話しかけた女性とべったり一緒にいることは避けましょう。

ぼっちにならないためのコツ(男性編)

男性がフリータイム中のぼっちを回避してチャンスを増やすためには、気になる女性だけでなくなるべく多くの女性に話しかけることが重要です。

フリータイムにひとりでいる女性は、誰にも話しかけられないことで不安になっている場合が少なくありません。そうした女性に話しかけて不安や緊張をやわらげてあげると、好印象を持たれやすくなります。

お目当ての女性の人気が高い場合、自分が話す順番をただ待っていると時間がムダになります。また、女性に話しかけても「すみません、他に話したい人がいるので」と断られることもしばしばです。無理に割り込んだりしつこく食い下がったりすると迷惑行為になるため、素早く気持ちを切り替えて他の女性に話しかけましょう。

まとめ

パーティーのフリータイムにぼっちになってしまう場合、まずは話しかけにくいと思われていないか、無意識のうちに異性を値踏みしていないかなどを振り返ってみましょう。

現在の婚活の世界には、男性から女性に話しかけなければならないという決まりはありません。あなたが女性なら、少しの勇気を出して自分から男性に話しかけてみましょう。あなたが男性なら、少数の女性に限定せずいろいろな女性と話してチャンスを増やすことをおすすめします。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました