婚”喝”コーディネーターとして荒木直美さんが成立させたカップル数は約1500組。

フジテレビ系「セブンルール」で活動が紹介され話題に。

ペア率5割に達する勢いの婚活術が注目され全国からオファーを受けるOSKI(おせっかい)ウーマン。

婚活パーティーに関して不安いっぱいな皆様のお悩みに、現場の第一線で活躍し続けているからこその、活きた知見を交えて本気でご回答いただきます!

今回のご相談は、カップル成立後に交際へ発展しないとお悩みの、つーさん(40代・女性)

婚活頑張るぞ!という方も、ちょっと疲れたので休もう…という方も、愛情たっぷりの婚”喝”アドバイスが心に沁みますよ!

運命を変える!荒木直美の婚”喝”お悩み相談室!』ちょっと立ち寄ってみませんか?婚喝-一本釣り

お悩み相談内容

交際まで発展させたいのですが、どうすればいいかわかりません(つーさん、女性、40代、香川県)

婚活パーティーに参加して、毎回何人かの方から連絡先をいただいたり、カップルが成立したりしますが、なかなか続きません。

一人とじっくり関わるか、何人かと同時進行で様子を見てみるか、どうすればいいかわかりません。

ぜひ、アドバイスをよろしくお願いします!

荒木直美さんの婚喝アドバイス

荒木直美
荒木直美
つーさん、お悩み相談ありがとうございます。
婚活がんばっていらっしゃいますね。
カップル成立までたどり着いているし、なかなかいい所までいっていますよねー!

交際に発展しないケースもいっぱいある

つーさんのご質問ですが、相手を絞り込んで一本釣りで深く付き合うか、広く浅く種をまいて合理的に婚活した方がいいかで悩んでいるんですね。

お気持ちよくわかります。

同じような相談が過去にたくさんありました。

まず、私がコーディネートする婚活イベントでのお約束は、「ペアになってもまずはお友達から」です。

この設定がしっかりできていると、相手選びで迷って決め手が弱くても思い切って踏み出せます。

最近、「仮交際」という言葉が出てきてびっくりしていますが、この言い方、正直、私は反対です。

運転免許の仮免試験じゃないんだから、交際に仮なんてつけると誤解を招くと思うのです。

「交際」って言葉を使っちゃうから変に期待して、かえってややこしくなり勘違いを生んでしまう…。

友達か恋人か、それでいいんじゃないでしょうかね。

私が仕切る婚活イベントのペア発表では、「まだ恋人になったわけではない!」と釘を刺し、お互いに期待しすぎないように注意を促します。

後日、二人きりで会ってからが最初の第一歩なので、そこからどう距離をつめるか、交際に発展するかを決めればいいのです。

もちろん交際に発展しないケースもいっぱいあるわけで、その場合は「別れた」とは表現しません。

だって交際してないんだから(笑)

ペアになった段階ではまだ「お友達」

婚活イベントでペアになるのは、幸せ行きのバスに2人で乗り込むことだと教えています。

この段階はまだ「お友達」。

バスに乗ってみて(ご飯に行ったりすること)「あれ、なんか違うな…」と思ったら、次の停留所で降りていいのです。

婚活はその乗り降りの繰り返しなのです。

その代わり大切なのは「黙って降りないこと!!!!」

これテストに出ます(笑)

「降ります」とボタンを押して相手に知らせることが大切です。

相手にちゃんと連絡することです。

それを受け取れば、相手もまた別のバスに乗り込めますから。

同時期に何台かのバスに乗りたい時は、その事実を相手に伝えるようにお願いしています。

まだお友達なので許される行動です。

これについてはまた後ほど。

一本釣りか同時進行かについて

つーさんのお悩みは、「一人とじっくり関わるか、何人かと同時進行で様子を見てみるか、どうすればいいかわかりません。」ということですね。

一人とじっくり関わるか?に関しては、そう思える相手が現れたらもちろんそうするべきだし、じっくりというより、できることなら早めに相手の本気度を確認した方がいいと思います。

自分だけ本気でもダメだし、私は早い段階で結婚観を話すことをおすすめしています。

どんな暮らしをして、休みの日の過ごし方、子どものこと、親のこと、住む場所、正直に自分の考えをさらけ出せば、合わない人は去っていくし、合う人は残ります。

婚活なんだからズバリ結婚生活について話すべきだと思っています。

そうすることで遠回りせず、時間も無駄になりません。

一人の人と真剣に向き合うのは大事ですが、当たり障りのない会話で滞在時間を長くするのは婚活においては少しもったいない気がします。

次は同時進行について、さっきのバスの話、同時期乗車について。

結婚の可能性を広げるという意味では、広く浅くの設定で、いろんな人と会ってみるのはありだと思います。

しかし、これをダラダラやっても意味がありません。

釣り糸をたくさん垂らしているだけで成果につながらない場合もあります。

しかも、リスクとして軽い女性だとみられる可能性もあるので、その場合は「まだ決め手がなくてごめんなさい、他の人ともご飯に行ったりします」とはっきり相手に伝えるべきです。

それを聞いて去る男性もいますが、引き留めてキープしたところで良い展開になるとは思えません。

誤解がないようにきちんと自分の意思を伝えた上で、いろんな人とお見合いするのは合理的な婚活ですし、悪いことではありません。

好きになる人に出会えていない…ということでは?

ただ、つーさんのご相談を聞いて率直な感想なんですが、問題は、つーさんのことを好きになる人は多いけれど、つーさんが好きになる人に出会えていない…ということではないでしょうか?

もしも出会えていたら「一本釣りか同時進行か」なんていうお悩みは無いはずなので、交際が続かないのも、実はタイプの人に出会えていない、もしくはタイプの人に求められていないということかもしれません。

結婚を急ぎ過ぎて「とりあえず言い寄ってくる」男性を選んでいたら交際は続きません。

問題は「どう婚活するか…」ではなく、「どうして続かないか」の方だと思うのです。

この根本的な問題を解決しないと一本釣りしたところで、同時進行にしたところで、結果は同じかもしれません。

婚活では、自分の恋愛スタイルを把握しておくことも大切です。

「どうして続かないのか」に焦点を当てるとうまくいくかも

今回の短い相談内容だけではわかりませんが、過去の恋愛体験が足を引っ張るケースもあります。

私のアドバイスとしては、どう男性と向きあうかよりも先に、自分がどういう人と付き合いたくて、どんな人と結婚したいのか、自己分析、そこをはっきりさせましょうね。

  • なぜ結婚したいのか?
  • 結婚に対してどんなイメージを持っているか?
  • どんな相手を探しているのか?
  • タイプの人と巡りあえる婚活をしているか?
  • 続かないのはどうしてだと思うか?
  • 別れる理由、過去の恋愛によるトラウマがあるか?

これらを書き出してみると何が原因で、どこでつまずいているかがわかり、抜本的な解決策も見えてきます。

うわべだけを解決しても意味がないし、自分の恋愛傾向を診断し、少しでもうまくいきそうな理想の男性との出会いを手にしてください。

そして、「この人だー!」とロックオンできたら一本釣りで、「あの人もいいけれどこの人も気になる」と思ったら同時進行もあり!

どっちの戦術でも戦える婚活ハイブリッド女子になって、がんばってください!!!

婚活パーティーを探す
東京開催の婚活パーティーはこちら