婚”喝”コーディネーターとして荒木直美さんが成立させたカップル数は1400組。

フジテレビ系「セブンルール」で活動が紹介され話題に。

ペア率5割に達する勢いの婚活術が注目され全国からオファーを受けるOSKI(おせっかい)ウーマン。

婚活パーティーに関して不安いっぱいな皆様のお悩みに、現場の第一線で活躍し続けているからこその、活きた知見を交えて本気でご回答いただきます!

 

今回のご相談は、婚活パーティーでお相手探し中、コミュニケーション能力高めの、ちげさん(30代・女性)

 

婚活頑張るぞ!という方も、ちょっと疲れたので休もう…という方も、愛情たっぷりの婚”喝”アドバイスが心に沁みますよ!

『運命を変える!荒木直美の婚”喝”お悩み相談室!』ちょっと立ち寄ってみませんか?

婚喝 _トークタイム会話術

お悩み相談内容

婚活パーティー特有の短時間フリートークで何を話せばいいのか分かりません(ちげさん、女性、30代、栃木県)

彼氏と別れて数カ月、初めて婚活パーティーを利用してお相手を探しております。

仕事柄知らない人とお話するのは得意ですし、気になる方へ積極的に連絡先を渡すこともできます。

ですが、婚活パーティー特有の、3〜10分という短時間のフリートーク、一体どんな話題でお話すればいいのか分かりません。

相手の趣味の話も掘り下げれば、ずーっと会話が続いてしまい…話を聞くだけで終わってしまう事もしばしば。

ぜひ、おすすめの話題、最低限このお話はした方がいいなど、アドバイスお願い致します!

荒木直美さんの婚喝アドバイス

荒木直美
荒木直美
ちげさんこんにちは。いや~ナイスファイトですね!

ちげさんが男性陣に気を使ってお相手をなさっている様子が目に浮かびます。

コミュニケーション能力が高い女性だとお見受けしました。

素晴らしいことです!

相手に好意を伝える積極的な行動もできていらっしゃるようだし、私が会話術を教える必要もないような気がします。

ただ、お悩みを聞いていると、話が盛り上がる相手じゃないのに、無理して会話を盛り上げるためにはどうしたらよいか?と、そこを悩んでいらっしゃるように感じました。

本気の恋愛に建前いっぱいの営業トークは必要なし

だとしたら私からの婚喝アドバイスは、「相手と10分話がもたなければデートに行っても無理!それをモノサシ📐にして相手を選ぶ」です。

しかも、どんな会話をしたらいいのかしら…なんて、ちげさんが悩む必要はありません。

その相手とのあり方(話が盛り上がらない)、その事情がすでに「答え」なのです。

本気の恋愛に建前いっぱいの営業トークは必要ありませんから、盛り上がらない相手とはそこまでだと思った方がよいのです。

とはいえ、それが分かったところでハートの閉店ガラガラは無し。

相手に不快感を与えない程度の話はしてくださいね。

婚活パーティーですから、そこは悪しからず大人の対応をお願いします。

逃したくないと思う時ほどアクセルを踏み込もう

しか~し、しか~し、ここからが本題です。

相手がめちゃめちゃ好みのタイプで逃したくない!と思う時、そこは頑張り所ですよ。

ありがちなのは、相手に気に入られるためにその人の興味がありそうな話や当たり障りのない話をすることです。

残念ながらそれでは相手の印象には残りません。

それよりも相手の本質に迫ることです。

逃したくないと思う時ほど、女性はアクセルを踏み込むべきなのです。

最初は「どうして今日参加したんですか?」から

最初はありきたりですが、「どうして今日参加したんですか?」という質問。

これを聞くと、「そりゃ交際相手を探しに来たに決まっているじゃん!」って言われそうですが、誠実な相手ならば、プラスアルファの情報を教えてくれるので、あえて聞くことで相手の懐の深さや優しさを量ることができます

返ってくる答えとして、例えば、「仕事が忙しくて出会いがないんですよ…」とか、「子どもが好きなのでそろそろ結婚して子育てしたいと思って…とは言っても相手がいないもので」とか。

もうね、ここまで来たら、聞き上手なちげさんの出番、本領発揮のお時間です!上手に聞いてあげたら、いろいろ吐露してくれるはず。

次は「結婚生活はどんな感じを考えていますか?」

そうして相手の結婚願望が確認できたら、そこからは「結婚生活はどんな感じを考えていますか?」と聞いてみましょう。

結婚=普通の日常生活の連続です。

その日々の暮らし方について話すことは婚活において大切なこと

返ってくる答えとしては、「実はペットを飼いたくて」「お酒が好きだし人が集まるのが好き、だから友人を呼んで家族パーティーをしたい」「海外旅行が好きだから記念日は海外で」「親も一緒に住んで奥さんには仕事を続けてほしい」など、その人なりの結婚生活のイメージが引き出せます。

もっと踏み込みたい時は「結婚相手に求めること、これだけはハズせない!って条件は何かありますか?」と聞いてみましょう。

ここまで質問すれば「俺に興味があるんだなー」と思ってもらえて、彼のハートにエントリー完了です。

選ばれるかどうかはわかりませんが、エントリーしないことには候補になれませんからね。

話す内容は相手のためではなく自分のため

さて、結論を言うと、フリータイムは、相手を楽しませるトークじゃなくていいんです。

もちろん感じの悪い会話をしちゃうのはいけません。

あくまで「感じよく」が大切です(笑)

話す内容は相手のためというより自分のため。

相手選びの材料をかき集めるためのトークにした方がいいし、ちげさんにはそれができると思います。

そんな婚活をしていけば、きっとちげさんにふさわしい男性と巡り会うことができます!

私は婚活界のアロンアルファと呼ばれ、22年の婚活コーディネーター生活で1400組のカップルを成立させました。

そのカップルたちに欠かさず聞いてきた質問があります。

それは、「どうしてその人を選んだの?」という質問です。

結果、9割が「話しやすかった、もっと話をしてみたいと思ったから」と答えました。

要するに、相手と話が盛り上がるかどうかが決め手のようです。

無理してそうするものではなく、“自然とそうなれるか”が相性のバロメーターなのだと思うのです。

この先、ちげさんにとって何も考えなくても話が尽きない、もっともっと話していたい、時間がたりない‥‥なんて思える相手が現れたらそれこそが運命のパートナーとの出会いなのかもしれません。

最後に…

「運命は性格の中にある」芥川龍之介の有名な言葉です。

相手に合わせることに必死にならなくていいのです。

ちげさんの日常の心がけや心の持ちようが縁となり、きっと幸せな結婚にたどり着ける日が来るはずです。

婚活パーティーを探す