婚活で出会ったお相手の貯金は事前に知っておくべき!?いくらあれば安心?

婚活のコツ

結婚生活は何かとお金がかかるものですから、「婚活で出会った相手の貯金額は事前に知っておくべきなの?」と疑問に思っている人もいるはずです。

女性の場合は男性の年収はあらかじめ知っておくべき項目の一つですが、貯金額となると男女ともに必須ではないと思うかもしれません。

しかし、結婚生活を幸せなものにしていくには「貯金」も事前に知っておいたほうがいい項目の一つです。

それは一体なぜなのか、いくらあれば安心なのかを説明しましょう。結婚目前になって「しまった!」と後悔しないよう、今のうちに知っておいてくださいね。

婚活で出会ったお相手の貯金額はお付き合い前に知っておくべき!

婚活で出会ったお相手の貯金額はお付き合い前に知っておくべき

結婚後の生活は、女性が専業主婦になれば男性だけの、共働きなら2人の給料で生活を営んでいきます。

毎月の収入だけに注目する人もいるかもしれませんが、実はそれだけでは足りないケースもあるので注意が必要。

結婚後に必要となる費用には、

  • 結婚式を挙げる費用
  • 新婚旅行に行く費用
  • 子供が欲しいなら出産費用
  • 子供を育てていくための費用
  • 持家が欲しいなら持家のための費用

などがあります。

たとえば、家庭の収入が30万円だとして、生活費として20万円必要だと残りの金額は10万円です。これでは、結婚式を今すぐには挙げられません。

もし結婚式に100万円必要なら、最短でも10ヶ月後しか結婚式を挙げられないということになります。

このように、結婚後は毎月の生活費以外でかかる費用が多いため、月収が少ないと、貯金がなければ理想の家庭をすぐに手に入れるのが難しいのです。
そのため、貯金額は事前に知っておいたほうがよいと言えます。

では、月収が一般的なサラリーマンの月収より多ければ、貯金がいくらあるのか事前に知っておかなくてもいいのでしょうか?

男性の月収が100万円以上あるお金持ちの人であれば、貯金はなくても結婚式や新婚旅行の願いも比較的早く叶えられるでしょう。

ただし、毎月100万円も稼いでいるのに貯金がゼロとなると、お金の使い方に問題があるかもしれません。

そう考えると、月収が多い人でも念のために貯金はいくらあるのか知っておいたほうがよいと言えますね。

ちなみに、貯金を知っておいたほうがいいのは「男女ともに」です。結婚生活は2人で送るものですから、「2人の貯金がいくらあるのか」と考えると後々トラブルになるのを避けられます。

婚活で会ったお相手の貯金額はいくらなら安心?

婚活で会ったお相手の貯金額はいくらなら安心

ひとくちに「貯金」と言っても、その金額は人それぞれです。10万円程度の人もいれば、100万円以上持っている人もいますが、いくらあると安心なのでしょうか?

30代以上で全くないと心配

相手が30代以上の場合、貯金がゼロというのは安定した職についていたとしても心配です。

4年生大学を卒業したあとに働き始めると5年以上は稼いでいるわけですから、貯金がまったくないというのはお金の使い方に問題があるのかもしれません。

結婚後も将来のために貯金は必要ですから、もらった給料を全て使ってしまうようなお金の使い方では困ります。長年で染み付いた使い方ですから、結婚後に節約しようと思ってもうまくいかない可能性のほうが高いでしょう。

結婚後は不安なく生活をしていきたいなら、30代以上で貯金が全くない人はお付き合いを控えたほうがいいかもしれません。

200万円くらいあると安心

貯金が200万円あると、結婚式と新婚旅行、出産費用まではまかなえるので安心できます。相手の貯金額だけでなく、2人で200万円でもいいでしょう。

ただし、2人目の子供を希望しているなら、結婚後すぐに貯金は再開するのがいいでしょう。
婚活の時ではなく、ある程度仲が深まったときでもよいので、結婚後に2人で毎月どれだけ貯金できるか話し合っておきましょう。

500万円以上あれば生活に余裕が出るかも

2人で500万円以上の貯金があれば、しばらくは生活に余裕が出ます。
とは言え、いつ何があるかわかりませんから、結婚前に持っている貯金だけに頼らず、結婚後も貯金を続けたほうがいいでしょう。

もし、どちらかの貯金が500万円でもう1人は0円なら、婚活でアプローチをしてもうまくいかないかもしれません。

貯金がゼロだと「結婚する気がない」「金遣いが荒い」と思われるだけでなく、お相手の貯金へ全面的に頼ろうとしているのかもと解釈され、お付き合いをお断りされる可能性があります。

婚活の時に貯金額はどうやって聞いたらいいの?

婚活の時に貯金額はどうやって聞いたらいいの
お金の話は聞きにくい話題ですから、「婚活のときにどうやって聞いたらいいの?」と悩んでいる人もいるでしょう。

デリケートな話題なので、聞き方を間違えると婚活の結果に影響を及ぼしてしまう可能性も。聞き方のポイントを3つ紹介するので、参考にして婚活後のトラブルを防ぎましょう。

出会ったその日に聞くのは控えること

婚活で出会ったその日に、お相手に貯金額を聞くのは控えましょう。
なぜなら、「お金だけが目当て」と思われてしまう可能性があるからです。

もちろん、結婚して安定した生活を送るためにお金は必要です。
しかし、お互いをまだよく知らないうちからお金の話をするのは、人によっては「失礼」と感じてしまいます。

できればデートのときにさりげなく聞く

婚活の場でいい雰囲気になった相手とは、メッセージのやりとりを何度か重ねたあとにデートをしますよね。

貯金について聞くには、メッセージのやりとりの中ではなく、直接会ったとき、つまりデートのときにさりげなく聞くと相手の気を悪くしにくいのでおすすめです。

デートもしていないのにメッセージで聞いてしまうと、お金目当てと思われるかもしれないので注意しましょう。

仲がよくなってからのほうが聞きやすい

貯金の話は、お互い緊張でいっぱいいっぱいになっている初デートは避けたほうが無難です。

2人のデートを楽しんで仲を深めることが大事ですから、2〜3回デートをして、ある程度2人の仲が深まってからにしましょう。

ただし、結婚の話を固める前には聞いておいてください。結婚直前になり、お相手の貯金がないとわかると、場合によっては後に引けなくなってしまうかもしれません。

貯金だけじゃない!婚活で選ぶお相手に対して見ておくべきポイント

貯金だけじゃない!婚活で選ぶお相手に対して見ておくべきポイント
結婚生活はお付き合いのときと比べると、さまざまな面でお金が必要となります。さらに何十年と一緒に暮らすわけですから、数年間だけしのげるような経済状況では困るでしょう。

そのため、貯金だけでなく、婚活を進める中で知っておくべきお金に関するポイントはいくつかあるので紹介します。

1.安定した職についているか

男性に対しては、安定した職についているかを確認しておきましょう。

たとえば月収が50万円あっても、来月、再来月には0円になる可能性があるような職業では、結婚後の生活は立ち行かなくなってしまいます。

毎月だいたい同じくらいの給料がもらえそうなのか、近いうちに職を失う可能性はないか確認してください。

2.借金はないか

相手に借金がないかどうかも、婚活の時点で知っておかなければならない点です。貯金や収入がたくさんあっても、それを超えるような借金があると生活には余裕が出ません。

借金の原因にもよりますが、ギャンブルや散財したカード代の支払いなどは、よくない借金なのでお付き合いを控えましょう。

3.度を超えてギャンブルをする人ではないか

度を超えてギャンブルをするような人だと、貯金があってもすぐに食い尽くしてしまう可能性があります。

「月に10000円だけ」など金額を決めてならいいですが、一度やると止まらなくなってしまう性格の人は男女ともに危険です。

4.金遣いが荒くないか

「買い物に行くと1回で10万円以上使ってしまう」「貯金できないほどお金を使う」というように、金遣いが荒い人も結婚には向きません。

結婚後は2人の収入で生活費や子供にかかるお金をやりくりしていきます。子供の数が増えれば、そのぶん夫婦が使える自由なお金も少なくなるものです。

そうなったとき、金遣いが荒い人は窮屈に感じ、我慢できなくなって家庭にヒビが入ってしまうかもしれません。あるいは、金遣いの荒さが直らず生活が苦しくなってしまう可能性も。

そう考えると、浪費家より倹約家のほうが安心して生活を送れますよね。

婚活の時点で貯金などお金に関する情報は得ておこう

結婚生活とお金は切り離せません。
お互いの両親への挨拶を済ませ、結婚式の準備を進めてしまっている時点でお金のトラブルが発生すると、場合によっては後戻りできないこともあります。

そうならないよう、貯金を含めて相手のお金に関する情報はできるだけ早めに、婚活の時点で入手しておきましょう。いい雰囲気を壊さないよう、「聞き方」には注意してください。

タイトルとURLをコピーしました