婚活が「苦しい」「辛い」と感じるのはなぜ?ネガティブになった時の対処法

婚活のコツ

結婚を考えて婚活を頑張っている人もおられるでしょう。
結婚をするためには、ただ待っているだけでなく、自分で行動して出会いを見つける必要があるからです。

ただ、婚活をしていても「辛い」「苦しい」と感じて婚活を続けることが難しくなることもあります。

婚活を「辛い」「苦しい」と感じながらでは成果も出しにくくなってしまいます。なぜ婚活が苦しくて辛いものに変わってしまうのか原因と対策について紹介します。

婚活が「辛い」「苦しい」と感じてしまう理由とは

婚活が「辛い」「苦しい」と感じてしまう理由
婚活をしているときに「苦しい」「辛い」と感じてしまうことには理由があります。
どのような理由で婚活に対してネガティブな思考になってしまうの、それには以下の理由を考えることができます。

良い人に出会うことができない

婚活をしていても良い人に出会うことができなければ、婚活に対して「苦しい」と感じてしまうこともあります。

婚活は始めて直ぐに結果が出るものではありません。
婚活パーティーやお見合いなどに積極的に参加しても、自分に合う良い人に出会うことができないなら、デートや交際など次のステップに進むことができません。

婚活は積極的に活動しても自分の理想の人に出会えるわけではなく、長期間婚活をしていても交際に発展しないこともあります。

婚活が長引いてしまい良い人に巡り会うことができないなら「婚活をしていても辛いだけ」と感じてしまいやる気を失ってしまうこともあります。

お相手にいつも断られる

婚活の成果を上げるためには婚活パーティーやお見合いに積極的に参加する人もいるでしょう。
婚活パーティーやお見合いに参加して自分が「良い」と思った人がいれば積極的にアプローチして次につなげられるように努力します。

しかし、いくら積極的にアプローチしても相手に断られてしまうこともあります。
1度や2度断られるくらいであれば、まだ想定内かもしれません。

しかし、何度もお相手にアプローチしても断られてしまうなら「婚活を続けるのが苦しい」と感じてしまい、やる気をなくしてしまうこともあります。

断られてしまうことが多いことで「自分は結婚するの無理かも」と自分で自分を責めてしまうことになり、辛くなってしまいます。

婚活の費用が多くなる

婚活を行うときには費用がかかります。
例えば、婚活パーティーであれば参加費用や衣装代、お見合いでもメイクやカットなどはお金がかかります。

もし婚活をして直ぐに良い人に出会うことができれば費用は大幅に節約することも可能です。

しかし、婚活が長期的になれば費用はどんどん加算されていき、元々生活費青節約して婚活費に当てているなら、ストレスも大きくなるでしょう。

婚活のために費用をかけていても生活が苦しくなってくるなら婚活を続けることに「苦しい」「辛い」と感じてしまいます。

費用がかかり貯金が無くなってくれば不安も大きくなり、苦しさが増してしまうこともあります。

周りの人たちが結婚していく

自分は婚活をしていて思うような成果を出すことができなくても自分の知人や友達など身近な人たちが結婚しいくのを見ると「辛い」と感じてしまうこともあります。

身近な人が結婚しているのに自分は結婚どころか良い人に出会うこともできないと「自分は努力しているの出会いすらない」「自分が婚活することに意味があるのだろうか?」と自信をなくして苦しい思いをしてしまうこともあります。

周りの人たちが結婚をして成果を出しているのに、自分は何も成果を出すことができていないなら、周りと比較して余計辛い思いをしてしまい、婚活に対してネガティブな傾向に陥ることが多いです。

特に、年齢が30代などの適齢期で周りの友人が結婚している中、自分が結婚できていないなら、余計に自分を責めてしまい苦しくなってしまいます。

婚活が辛いなどネガティブになった時の対処法

婚活が辛いなどネガティブになった時の対処法
婚活が「辛い」「苦しい」と感じてしまった場合、ネガティブな気持ちが続くとますます婚活の成果を出しにくくなってしまいます。

そのため、対処法を知っておき辛い気持ちを克服することが大事です。どのように克服することができるのか内容を解説していきましょう。

自分の良いところを見つめ直す

婚活で辛く苦しい気持ちになっているなら、自分の良いところを見つめ直すのが良いでしょう。
多くの人が婚活において、良い人に出会えた、交際に発展したなどの成果を見てしまうことが多いです。

しかし、婚活で成果を重視し過ぎてしまうよりは自分の良いところや成長できた部分を見つめ直した方がポジティブになれます。
例えば、婚活をすることで自分は会話をする点で聞き上手であること、また気遣いをする点で周りをよく見るようになったなど、良いところを自分で探し出すことがおすすめです。

自分の良いところはあるので積極的に良いところを見つけるようにすると、自分に自信を持つことができるようになり、婚活の成果も付いてくる可能性があります。

気分転換を行う

もし、婚活で辛く感じてしまうことがあれば気分転換をすることも1つの方法です。
気分転換をすることでモチベーションや自分の気持ちを整理することができ、ストレスやネガティブな考えが解消されることもあるからです。

気分転換で自分の趣味に没頭したり、ネイルやエステなど自分を磨くこともできます。
何でもいいので自分のテンションや気持ちが上がることを行ってください。自分の気分転換がしっかり行えれば婚活に関しても再度「頑張ろう」という気持ちになるはずです。

婚活の壁に当たっているようなら早めに気持ちのリセットが行えるようにしましょう。

人と比較しないように心がける

周りの友人たちが結婚するのを見ると自分と比較してしまうこともあるかもしれません。
しかし、周りと比較してしまうと自分で自分を傷付けてしまうこともあり、余計に辛く苦しくなってしまいます。

そのため、友人や知人のことに関して自分と比較するのではなく、自分のことに集中するように心がけるのがいいです。
婚活が上手くいくためにどのような点を改善すべきか考え、時には友人と相談してアドバイスを聞くのもいいです。

特に、結婚している友人がいるなら実践的なアドバイスを得られる可能性が高いので、一度聞いてもらうのもいいです。
プライドが高くて比較してしまうよりも、良いところを取り入れるようにするのが良い方法と言えるので考えてみましょう。

直ぐに次に切り替える

婚活がうまくいかなかったなら「今回はダメだった」と直ぐに気持ちを切り替えることも大事です。

婚活パーティーなどに参加してその都度マッチングができずに成果がなく落ち込んでいると「辛い」「苦しい」という気持ちが強くなってしまいます。

良いお相手に出会えず、たとえ相手から断られても「次がある」「「今回は相性が良くなかった」と直ぐに気持ちを切り替えるようにすることが大事です。

婚活の1つ1つの出会いは大切でも、気持ち的には神経質になり過ぎないように気をつけて婚活を行いましょう。

婚活は気持ちを楽にして行おう

婚活で成果が出ないなら「辛い」「苦しい」と考えてしまいますが、大きく考え過ぎて気持ちを張り詰めるとネガティブな傾向になってしまいます。

気持ちを楽にして「次がある」と考えることが婚活は大事です。婚活の際には気持ちの切り替えもできるように対策を講じておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました