結婚を焦った状態での婚活はデメリットだらけ!結婚の焦りをなくす考え方を知ろう

婚活のコツ

婚活を始めた年齢で多いのが、アラサーになった時。
特に、女性は30歳をひとつの節目と考え、婚活を始めます。
この年齢になると両親からのプレッシャーを感じて、周りの友人が結婚したという話をよく聞くようになり、「自分も早く結婚したい」と思います。

しかし、婚活はいざ始めたからといって、すぐに結果が出るというものでもありません。

婚活を始めてすぐにゴールインする方もいらっしゃいますが、人によっては結婚するまでに数年かかってしまうこともあります。

ですから婚活をしている人は、「婚活で結果が出ないこと」と「周りの状況」を比べてしまい、焦りを感じてしまうことがあります。

これは婚活をしている人なら感じる悩みでしょう。
今、この悩みを抱えている人は、この記事を読んでみてください。
新たな発見があると思います。

結婚への焦りをなくす考え方

結婚への焦り
結婚できないことに焦りを感じてしまっていると、不安感が生まれます。
不安はネガティブな感情を生み出すことにつながるので、「焦る・不安になる・ネガティブになる」という負のループが起こってしまいます。

これでは結婚はもとより、普段の生活にまでも支障が出てしまうかもしれません。
焦ってもいいことはないので、まずは焦りを解消することを考えましょう。

そもそも結婚にタイムリミットはない

「20代のうちに結婚したい」「リスクの少ないうちに子どもを産みたいので30代前半までには結婚したい」といった風に、結婚に対して自らタイムリミットを設けていませんか? 

もちろん婚活をするにあたって、このように「いつまでに」という目標を持っておくことは大切なことです。

特に、女性は出産を考えると、年齢を意識して当然です。
この目標は、結婚に向けての行動指針になるものです。
しかし、この自ら設けたタイムリミットこそが、焦りを生み出す原因なのです。

そもそも結婚とはご縁のもの。いつどんなときに誰と結婚するかは、わからないです。
そして「結婚」だけが目的になってしまうと本末転倒。

結婚とは、一生を支えあって生きていく伴侶を見つけ、現代の制度として籍を入れることなのです。
その目的は、いろいろな理由があるにせよ、「幸せになること」がメインでしょう。

20代で結婚したから幸せになれるとは限りません。
結婚したからといって、子どもが生まれるわけでもないですし、子どもが生まれたからといって幸せになれるとは限りません。

「結婚」にとらわれすぎると、結婚そのものこそが幸せなのだと思ってしまいがちですが、実はそうではないです。

自ら設けたタイムリミットが迫っているからといって、よく吟味もしないままに結婚してしまうと、幸せになれない可能性が高くなります。
もしかしたらタイムリミットを過ぎて出会ったお相手との方が、幸せな人生が送れたかもしれません。

極論ではありますが、このようにタイムリミットには意味がないです。
「自分が幸せになる」ことに主体を置いて婚活をすると、焦る気持ちから解放され、真に求めていた出会いを手に入れることができるでしょう。

「今」に集中する

焦りが生まれるのは、未来のことを考えているからです。
「30歳までに結婚したい」「独身のままで老後がひとりになるのは嫌だ」などと考えてしまうのは、すべて何もわからない未来のことについて不安になっているだけです。

ここで考えて欲しいのは、未来は不確定だということです。
将来自分がどんな風に生きたいかというプランを立てることは大切ですが、あくまでそれは予測でしかありません。未来のことは誰にもわからないです。

よく考えれば、これにはあまり意味がないことがわかるでしょう。
それよりも大切なのは、「今」に集中することです。

未来について不安になっているくらいならば、今できることを着実に行った方が良いです。

「こんなに素敵な自分になったのだからきっといい出会いがあるはず」とポジティブに婚活に励むことができるので、周りから見た印象もガラッと変わります。
「今」に集中することは、メリットばかりなのです。

焦りがなくなったら婚活を再開しよう

婚活を再開しよう
焦っている人には余裕がありません。
誰しも焦っているときほど忘れ物をしたり、ミスをしたりといった経験があるでしょう。

これは婚活でも同じことです。
焦っているときに「結婚」という人生の大切な決断をしてしまうのは非常に危険です。
婚活は焦りがなくなってから行いましょう。

焦った状態の婚活はデメリットだらけ

焦りを抱えた状態は、本来の自分ではありません。
仕事でも焦っているときと落ち着いている時ではパフォーマンスに差があるでしょう。
常に焦っている状態では、本来の能力を発揮することができません。

気持ちが落ち着いているときには、自分の良さが発揮されます。
この状態でなければ、いくら婚活パーティーに参加しても、自分の魅力をわかってくれるお相手には出会えないでしょう。

結婚相手というのは長い年月を一緒に過ごすお相手ですから、自分のことを理解してくれる人であるべきです。

ですから婚活で出会う相手には、本来の自分自身の姿を見せなくてはいけません。
焦った状態を見せていても、意味がないのです。

思い切って婚活をお休みしよう

「早く結婚したい!」と焦ってアプローチしてくる異性に魅力を感じますか?
ほとんどの方は「NO」と答えるのではないでしょうか。
なぜならこの人物は「“結婚が”したい」だけだからです。

その相手はあなたである必要がないのです。

焦っている状態というのは、この状態。冷静に考えると、これでは結婚がますます遠ざかってしまうことがわかると思います。

「早く結婚したい!」と目を光らせて婚活パーティーに参加しても、きっとその焦りは見抜かれてしまい、いい結果は生まれないでしょう。

自分自身の目も曇ってしまい、本当に幸せになれる相手を見つけ出すことができなくなってしまいます。

ですから焦りを感じているなと思っている間は、思い切って婚活をお休みしてください。

早く結婚したいと思っているのに婚活を休むのは勇気がいると思いますが、たった1〜2週間だけでも婚活から離れてみると、気持ちが落ち着くはずです。

「今は焦りを収める期間だ」と思って、婚活以外のことに集中してみましょう。

婚活パーティーは逃げない

現在、婚活パーティーは毎日のようにあらゆる場所で開催されています。
婚活パーティー以外にも街コンなど、各種のイベントが開催されています。

焦っているうちは「この機会に参加しなければ結婚相手に出会えないかもしれない」と思ってしまいがちですが、心配する必要はありません。

気持ちが落ち着いた後でも、充分出会いの機会はあります。

むしろ焦った状態で参加する婚活パーティーよりも、気持ちを落ち着かせてから参加する婚活パーティーの方が、楽しんで参加することができると思います。

その時を楽しみにしておけば、未来への焦りが、未来への楽しみに変わるでしょう。

結婚に対して焦る必要はない

結婚焦る
結婚を意識している方ならば、婚活をしていて焦りを感じてしまうこともあるでしょう。
これは当然のことです。

焦りは何も生まないどころか、婚活にデメリットをもたらしてしまう可能性もあります。

婚活で焦ってしまった時は、一度婚活をお休みして、自分の気持ちを整えてください。

しっかりと自分の気持ちを落ち着かせた後は、これまで焦っていた時とは違った感覚で婚活に励むことができるでしょう。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました