専業主婦を希望すると婚活は厳しくなってしまうのか

婚活のコツ

家事や育児が好きな反面、働くことが苦手な人もいるでしょう。
そのような人は、専業主婦になるのを条件に婚活をスタートします。

しかし、最近は共働きの家庭も圧倒的に多く、専業主婦の数は少ないのが現状です。
そのため、婚活で専業主婦を希望するのは難しいのではと心配している人もいるのではないでしょうか。

実際のところ、専業主婦を希望すると婚活は厳しくなってしまうのか説明しましょう。

婚活で専業主婦を希望すると結婚は厳しい理由

主婦_婚活
共働きでもよいと考えている女性と専業主婦を希望する女性のどちらが男性に選ばれやすいかというと、結論から言えば共働きOKな女性です。

昔は、男性は働き、女性は家庭に入るとの考えが強かったのですが、今はそうではなく男女ともに働く人が増えています。

なぜ変化してしまったのか、婚活で専業主婦を希望するのが厳しい理由を説明しましょう。

共働きを考えている男性が多い

冒頭でも説明したとおり、近頃では共働きの家庭のほうが多く、そのことは保育園の空きがなくて困っている女性が多いところからも伝わってくるはずです。

そのため、みんな共働きだからという考えを持っている男性の割合のほうが高いことから、専業主婦になりたい理由がどうであれ、専業主婦はイレギュラーと考えてしまうのです。

男性1人の収入で生活できるほどの余裕がない

もう一つは、男性1人の収入で生活を送れるほどの余裕がないので、共働きでないとやっていけないケースが多いからです。

サラリーマンの男性の場合、収入は手取り30万円前後が平均的な数字となります。
30万円あれば最低限の生活はできますが、子供を産んで育てたりマイホームを買ったりしたいと思うと、それだけでは足りません。

結婚生活の理想は人それぞれですが、子供は2人以上欲しい、広い家に住みたい、マイホームを建てたいなどの夢があると共働きでないとやっていけないので、専業主婦を希望する女性は選ばれにくいのです。

専業主婦は働きたくないだけなのかもと考えている男性もいる

世の中の風潮や金銭的な理由以外に、専業主婦を希望している女性は楽をしたいだけと考えている男性も少なからずいます。

実際、家事や育児は大変ですから、専業主婦になっても楽できるわけではありません。
家事・育児を体験していないと、ずっと家にいるのですから、働くよりも楽だと思ってしまうのでしょう。

その結果、一緒に頑張って働いていける共働きを希望する女性を選びます。

家庭を守ってほしいと考える男性もいる

家庭を守ってほしいと考える男性
共働きを希望する男性は多いのが事実ではありますが、もちろん全員ではありません。
昔と同じように、女性には家庭を守ってほしいと考えている男性もいます。

たとえば、仕事で疲れて帰宅したとき、共働きだとまだ奥さんが帰宅していないときもあるでしょう。

温かいご飯とともに、おかえりという優しい言葉を求めている人は、共働きだと寂しく感じてしまうので専業主婦希望の女性を選びたがります。

アプローチ方法を工夫しよう

専業主婦OKの男性の数はそう多くないのが実情ですから、婚活でのアプローチ方法は工夫しないといけません。

具体的な方法は後ほど紹介しますが、収入が手取り20万円ほどしかない男性では、専業主婦になりたくても、収入が足りなくて生活が成り立ちません。

逆に月収50万円ほどある男性なら、金銭的に余裕があるので専業主婦の夢は叶う可能性が高いでしょう。

どんな男性にアプローチするか考えながら婚活することが、憧れの専業主婦になるために大事なポイントです。

専業主婦にこだわらず共働きも視野に入れよう

専業主婦にこだわりすぎると、共働きを希望する男性しか見つからず、なかなか結婚できないと壁にぶち当たる可能性があります。

年齢が若ければ、時間をかけて婚活してもいいかもしれません。
しかし、20代後半なら婚期を逃さないためにも、共働きを視野に入れることをおすすめします。

専業主婦になると意地を張っていると、いつの間にか結婚が難しい年齢になっていた、なんてトラブルが起きる可能性はゼロではありません。

専業主婦でもOKな男性を見分けるには

専業主婦でもOKな男性

でもやっぱり専業主婦の夢を諦めたくないと思うなら、これから紹介するコツをぜひマスターしておいてください。

狭き門ではありますが、叶えられないというわけではありません。

どこで婚活するかをおさえておけば成功確率はアップするので、めげずに頑張りましょう。

年収が少し高めの男性を中心にアプローチする

月収が少なめの男性だと、専業主婦になってほしいという気持ちはあっても現実的に厳しいでしょう。専業主婦の夢を叶えた代わりに、節約の毎日で生活がカツカツでは、せっかくの結婚生活も楽しめません。

年収が少し高めの男性を中心にアプローチしたほうが、専業主婦になれる可能性がアップします。

どれくらいの生活水準を希望するかにもよりますが、手取り40万円以上の男性なら、専業主婦になるのを受け入れてくれ、ある程度余裕を持った結婚生活を送れるでしょう。

専業主婦になりたいと伝えておく

婚活で出会った時点で、専業主婦になりたいと思っているという気持ちを伝えておきましょう。

ある程度お付き合いを重ねてから、告白していてはNGだった場合にまた振り出しに戻ってしまいます。

何度も言うように、専業主婦への理解がある男性は多くないので、ロスタイムはできる少なくするべきです。

3ヶ月付き合っては断られてを、繰り返していると、あっという間にお相手を見つけられないまま一年経ってしまった、なんて可能性もゼロではないのです。

家庭的な女性が好きな男性を狙う

バリバリと働く女性より、家庭的な女性のほうが家庭を守ってくれそうと思われやすい傾向にあります。

今は、仕事に一生懸命な人でも、専業主婦になりたいのなら家庭的な一面もアピールできるようにしておきましょう。

家庭的に見られる女性の特徴は、

  • 料理が得意、または好き
  • 家事を好んでやる
  • 整理整頓がしっかりできる
  • 子供好き
  • 裁縫が得意、または好き

などでしょう。

最低でも料理と掃除は基本的なレベルでできないと、専業主婦になるのはやめたほうがいいのではと男性に思われてしまうので注意しましょう。

ハイスペックな男性が多い婚活イベントに参加する

収入などステータスに条件がない婚活イベントでなかなか成果が出ないなら、ハイスペック男子が多く出席している婚活イベントに参加してみてください。

婚活イベントにはいろいろな種類があり、年収〇〇円以上限定や高学歴限定など、参加できる男性が限られているイベントも多数あります。

ハイスペック男子は専業主婦でもいいと思っているケースが多いので、普通の婚活イベントの回数を控えてハイスペックな男性が多いイベントに切り替えてみるとよいでしょう。

ただし、高収入・高学歴の男性が多い婚活イベントは、参加する女性のレベルが高いという特徴があります。見た目に気を遣うのはもちろんのこと、品のある立ち振る舞いが求められるので、参加する前に身につけておきましょう。

コツを抑えて専業主婦を叶えよう

専業主婦は家事や子供の世話が好きな女性にとっては憧れるものです。しかし、専業主婦になるということは、女性の収入はゼロもしくは少額となります。

その点から考えて、基本は男性だけの収入で家計をやりくりしないといけないですから、共働きをするつもりの女性と比べると婚活は成功しにくいかもしれません。

専業主婦になれる可能性が、全くないというわけではないので安心しましょう。
専業主婦を歓迎してくれる男性を見つけるためのコツを知っておけば、婚活が成功する確率はアップするのでぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました