婚活が難しい!婚活に向いている人・向いていない人の特徴

婚活が難しい!婚活に向いている人・向いていない人の特徴 婚活初心者ガイド

婚活をがんばっても思うように結果が出ず、「自分は婚活に向いていないのでは?」と不安になる人は少なくありません。また、結婚したい気持ちはあるものの「婚活=難しそう、大変そう」「自分はモテないし高収入でもないから無理」という思い込みのせいでなかなか行動を起こせない人も多いでしょう。

この記事では、婚活を難しいと感じる理由やさまざまな婚活サービスに向いている人・向いていない人の特徴などについて解説します。

婚活って難しい?

婚活って難しい?
近年の婚活の普及にともなって婚活疲れに悩む人が増え、SNSなどでも「婚活がつらい、しんどい」という声を頻繁に見聞きするようになりました。婚活が難しい・つらいと感じるおもな理由は、以下の通りです。

●多くの人と会うことで疲れる
婚活の第一歩はいろいろな異性と会ってコミュニケーションを取ることですが、初対面の人と会うことは多かれ少なかれ緊張をともないます。さらに相手から不愉快な言動をとられたり会話が盛り上がらなかったりすると、精神的にどっと疲れてしまうことも少なくありません。

●自分と向き合うことに疲れる
婚活を成功させるためには、異性に好きになってもらうためのさまざまな努力が欠かせません。ファッションセンスやトークスキルを磨くことはもちろん、自分の内面や相手に求める条件を客観的に見つめ直す作業も重要です。

しかし、自分と向き合ううちに「自分は誰にも選んでもらえない」と自己肯定感が下がり婚活がつらくなってしまうことがあります。また、「昔はモテたのに」「年収〇万円以上じゃないと自分には釣り合わない」といったプライドが邪魔になることも少なくありません。

●がんばれば成功するとは限らない
婚活は、自力で解決しにくい容姿・年収・年齢などの要因に大きく左右されます。そのためがんばれば成果が出るとは限らず、「こうすれば結婚できる」といったマニュアルもないため、どうすればよいかわからなくなることもしばしばです。婚活が長期化すると、ゴールが見えない焦りや加齢も加わって次第に不利になっていきます。

どんな人が婚活に向いているのか?

婚活に向いている人は結婚へのモチベーションが高く、「●年以内に結婚したい」といった具体的な目標や明確な動機を持っています。他者からのプレッシャーや世間体を気にしてしぶしぶ重い腰を上げるのではなく自ら前向きに行動することで、チャンスを見つけやすくなるでしょう。

結婚につながる出会いを効率よく探したい人にも、早めの婚活をおすすめします。結婚を望まない相手とだらだら付き合い続けたり、「もっと自分に合う人がいるのでは」と恋人をとっかえひっかえしたりすると、せっかくの時間が無駄になってしまうためです。

婚活の種類別、向いてる人・向いていない人を解説

婚活の種類別、向いてる人・向いていない人を解説
さまざまな種類の婚活サービスが登場していますが、性格やライフスタイルによっておすすめのサービスは変わります。婚活が思うように進まない場合、婚活サービスの種類を変えるだけでスムーズに婚活できるようになることも少なくありません。

ここでは、おもな婚活サービスの特徴と向いている人・向いていない人について解説します。

婚活パーティー

婚活パーティーの特徴は、1日で数人~数十人の異性と出会えることです。パーティーごとにテーマが設定されており、年齢・職業などの条件を絞って出会いを探すこともできます。にぎやかな場が苦手な人は、近年増えている少人数制・個室制パーティーに参加するとよいでしょう。

●向いている人
・結婚へのモチベーションが高い
・容姿やトークスキルに自信があり、人と話すのが好き
・容姿、学歴、年収などの条件を絞って出会いを探したい
・一度に複数の異性と出会いたいが、合コンのようなノリは苦手
・フィーリング重視で相手を選びたい

●向いていない人
・短時間で自己アピールする自信がない
・初対面の人と話すのが苦手
・自ら行動することが苦手
・容姿、学歴、年収などに自信がない
・仕事などが忙しく、パーティーのための時間を捻出しにくい

街コン

街コンは婚活パーティーと比べて一度に出会える人数が多く、よりカジュアルに参加できます。結婚相談所や婚活パーティーは敷居が高いと感じるなら、街コンから始めてみるとよいでしょう。カップリングタイムがないため自力で連絡先を交換しなければならないものの、連絡先を交換できる人数に制限はありません。

街コンは街そのものが会場となるため、街コン参加中に地元の知り合いとばったり会う可能性があります。そのため、知り合いに内緒で婚活したい人にはあまりおすすめできません。どうしても街コンに参加したい場合は、地元から離れた場所の街コンに参加しましょう。

●向いている人
・容姿やトークスキルに自信があり、人と話すのが好き
・一度に多くの異性と出会いつつ、飲み会のようなノリで楽しみたい
・婚活パーティーや結婚相談所は敷居が高すぎる
・飲食や街歩きを楽しみながら婚活したい
・同性の友人と一緒に婚活したい(ただし、近年は1人参加OKの街コンも多い)

●向いていない人
・にぎやかな場が苦手
・初対面の人と話すのが苦手
・相手の条件にこだわりたい
・遊び目的の人や経歴を偽る人に対する警戒心が強い
・知り合いに内緒で婚活したい

婚活・マッチングアプリ

婚活・マッチングアプリでは、メッセージのやりとりを通じて出会いを探します。ネット環境と端末さえあればいつでもどこでも婚活でき、短期間で多くの人と交流することが可能です。また、結婚して地元に戻りたい人や遠方への引越しを気にしない人にとってもよい手段と言えるでしょう。

マッチングアプリでは、実際に会う前にオンラインである程度仲良くなる必要があります。そのため、短期間で結果を出したい人にはあまり向かないかもしれません。

●向いている人
・スキマ時間を使って婚活したい
・あまりお金をかけず、気軽に婚活したい
・マメに連絡することが得意
・じっくり時間をかけて仲を深めたい
・地元に戻って結婚したい、遠方の相手と結婚してもよい

●向いていない人
・マメに連絡することが苦手
・短期間で仲を深めたい
・オンラインでの出会いに抵抗がある
・複数の異性との同時進行が苦手
・遊び目的の人や経歴を偽る人に対する警戒心が強い

結婚相談所

結婚相談所に会員登録すると、希望条件に合う異性を探してお見合いをセッティングしてもらえます。職業・年収などの審査をパスした人だけが登録でき、専属スタッフがサポートしてくれるため、恋愛経験が少なくても安心して婚活できます。

他の婚活サービスよりも費用が高めで細かい規約が設けられていることも多いため、結婚願望が強い人や真面目な人に向いているでしょう。

●向いている人
・スタッフにサポートしてもらいつつ、婚活したい
・高い会費を払ってでも結果を出したい
・相手の条件にこだわりたい
・身元がしっかり保証されている人と出会いたい
・大人数の場が苦手

●向いていない人
・婚活にあまりお金をかけたくない
・自分の短所や改善点などについて、はっきりダメ出しされることが苦手
・細かいルールを守ること、きちんと報連相をすることが苦手
・一度にたくさんの人と出会いたい
・年収の低さなどが原因で、審査に通りにくい

まとめ

多くの人が「婚活=難しい」と感じる理由は、これといった正解がなく自分の努力が結果に反映されないことです。また、異性から選ばれなかった経験が続くと「自分は異性から必要とされていない」という思考に陥りやすくなります。

婚活に行き詰まりを感じたら、利用している婚活サービスが自分に合っているかどうかを確認してみましょう。いろいろな婚活サービスを試しても状況が好転しない場合は、婚活からしばらく離れてリフレッシュすることをおすすめします。

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました