自分に合った街コンを見つけよう!

限られた複数の飲食店を巡って出会いを探す街コンは一度に複数の異性と出会うことができ、婚活パーティーや結婚相談所に比べ気軽に参加できるので、婚活初心者にも人気の婚活方法です。

しかし、街コンは参加人数が20人程度の小規模なものから200人以上が参加する大規模なものがあり席替え方法や立食か着席かという形式も様々なので「どの街コンが自分に合っているのか分からない」「1人で参加するのが不安で申し込みに踏み出せない」と参加をためらっている方も多いのではないでしょうか?

街コンに参加して理想の相手と巡り会うためには自分に合った街コンを選ぶことが重要で、間違った選び方をしてしまうとお金や時間ばかり消費してしまいます。自分に合った街コンに参加するため、自分に合った街コンの選び方を見てみましょう。

街コン参加の目的によって規模を選ぶ

街コンの規模は20人程度の小規模なものから200人以上が参加する大規模なものまで様々。小規模な街コンと大規模な街コン、どちらに参加するか迷ったら参加の目的をはっきりさせることが重要です。

大規模なもののほうが一度に複数の異性と知り合うことができますが、その分1人と会話できる時間が少なくなってしまうので、とりあえずできるだけ多くの異性と知り合いたい方におすすめ。

一方、小規模なものは出会える異性の人数は少なくなってしまいますが、1人と会話する時間を多くとることができるので、気に入った異性がいればしっかりアプローチして仲良くなることが可能。カップル成立の結果にこだわるなら小規模な街コンを選ぶようにしましょう。

まだ婚活をはじめたばかりで、どちらがいいのか分からないという方は大規模な街コンに参加するのがおすすめ。街コンでカップルになることも期待できますが、異性の友達を増やすこともできるので出会いのチャンスを広げることにも繋がります。

自分の会話術によって席替え方式や形式を選ぶ

街コンの形式には立食と着席があり、どちらの形式も1店舗目は決まっているものが多く着席形式は座席が指定されているものがほとんどです。

一定の時間が過ぎると店舗や座席を変更し違う異性とコミュニケーションをとることになりますが、この席替えは街コンによって参加者が自由に選べるものと強制的に行うものがあり、初対面の異性と話すのが得意な方は立食形式や席替えが自由に行えるものがおすすめ。

誰にでも気軽に話しかけることができるので出会いのチャンスを広げることができ、気に入った異性がいれば会話を続け繋ぎ止めることができます。特に立食形式は自分から動いてアクションを起こさなければ異性と会話することもできないで終わってしまうので注意が必要です。

会話に自信がない方や人見知りで初対面の異性に話しかけるのが苦手という方は着席形式や強制的に席替えを行うものに参加しましょう。店舗や席が決まっているので自分から声をかけなくても多くの異性と会話をすることができます。

友達と参加するか1人で参加するか

街コンによっては参加条件で「友人と2人で参加」と決められているものがあります。友人と2人で街コンに参加するとあまり緊張せず参加でき、2次会など次に繋がりやすいというメリットがあるので、初めての街コン参加や恋愛経験の少ない方におすすめ。

しかし、一緒に街コンに参加できる友達がいないという方も多く、1人参加限定の街コンも数多く開催されているので1人で参加する方も安心してください。1人参加限定の街コンは全員が1人で参加しているので、他の人に遠慮することなく思い切って婚活を進めることができます。

年齢が気になるなら参加年齢層が決められているものを

「街コンは若い人ばかりが参加していて自分は浮いてしまうのではないか」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方には20代限定や30代限定というように年齢制限が設けられているものがおすすめです。参加者が自分と同じ年齢層の人ばかりなので、自分の年齢を気にせず異性との出会いに集中することができます。

(画像はPixabayより)