婚活において、女性は男性の年収を重視することが多いものです。

女性によく見られたいという見栄や、年収の低さが原因で婚活がうまくいかctsなかった経験から、年収についてつい嘘をつきたくなる男性もいるでしょう。

しかしお金は結婚生活を左右する重要な要素であり、あなたと未来のパートナーだけでなくお互いの家族・親族にも影響を与える可能性があります。

また、どんなに巧妙な嘘でもいつかはばれるものです。

年収を偽ったままの婚活・結婚には意味がないばかりか、大きなトラブルの原因にもなりかねません。

婚活パーティーやアプリ等では、年収について嘘をつきやすい

婚活パーティーやペアーズといったマッチングアプリでは免許証などの証明書を使って本人確認を行うため、原則として名前や年齢などを偽ることはできません。

しかし、年収・職業・職種などに関する証明義務はないことが多く、プロフィール登録時に嘘の年収を記載することも不可能ではありません。

男性の年収が低いと、婚活のチャンスが減る!?

マッチングアプリでは、条件を絞って異性を探すことができます。

もし女性が「年収500万円以上」と条件を指定した場合、年収500万円未満の男性は検索結果画面に表示されません。

男性がいくらイケメンで性格が良くても、年収500万円未満というだけでその女性に存在を知ってもらうことすらできなくなります。

婚活パーティーでは、男性に年収制限が設けられることもあります。

年収制限つきパーティーに参加する女性は必ずしもお金目当てではなく、高い参加費を払ってでも本気の出会いを探しに来る人が多いです。

年収制限がなく参加費も安いパーティーには遊び目的の男性などが紛れ込みやすく、本気の出会いを探す女性にとっては時間の無駄に終わるリスクが高いためです。

一部の結婚相談所では、会員登録時に収入証明書(源泉徴収票など)や勤務先の情報が載った名刺の提出を義務付けられることがあります。

こうした相談所では、収入が低すぎて女性とマッチングするのが難しいと判断されると入会を断られることもあります。

これらの理由から、婚活の場において低年収の男性は不利になりやすいのです。

婚活男性が年収の嘘をつきたくなる理由

婚活男性が年収の嘘をつきたくなる理由は、単に出会いのチャンスを増やすためだけではありません。

実際に、年収に左右されない出会いの場でも年収を偽る男性は存在します。

婚活男性が年収を偽る理由は、男性のタイプによってさまざまです。

気が弱くて優しい男性は、本当の自分を見せる自信がないという理由で年収を高く偽ることがあります。

このタイプの男性は必ずしも悪意から嘘をつくわけではなく、女性に幻滅されたくない一心でつい嘘をついてしまって後で取り返しがつかなくなることが多いです。

見栄っ張りなタイプの男性は、女性にモテたいがために高年収を装うこともあります。

女性によく見られたいという意味では上のケースと似ていますが、こちらははじめから「女性はお金目当てで婚活するもの」「女性を振り向かせてしまえばこっちのもの」などと考えている分悪質と言えるでしょう。

男性の年収が高いほど、女性の気持ちは前向きになりやすい

男の価値は年収と考える人たち
結婚を決めるにあたって重視するポイントは人それぞれであり、低年収でも幸せな結婚生活を送っている男性はたくさんいます。

とはいえ、婚活の場では高年収の男性が女性からモテるのは事実です。

平成26年、内閣府は全国の20代、30代の男女7000人を対象に結婚に関する調査を行いました。

その中の「結婚生活を始めるにあたって必要な夫婦の年収(税込)」という設問で、未婚女性の回答は平均で503.2万円となりました。

年代別に見ると、以下のような結果になります。

~400万円…20代27.1%、30代20.6%
400~500万円…20代20.2%、30代20.6%
500~600万円…20代20.4%、30代17.2%
600~800万円…20代12.9%、30代19.4%
800万円~ …20代3.5%、30代7.8%

回答者の中には自身が高い年収を得ていて男性にあまり経済力を求めない女性もいると考えられますが、20代女性より30代女性のほうが結婚生活により多くのお金が必要と考える傾向があることがわかります。

また、結婚相手に必要な条件として20代未婚女性の50.9%、30代未婚女性の57.4%が「経済力があること」を挙げています。

これらの結果から、女性の年齢が上がるほど男性に求める年収が上がりやすいことがわかります。

婚活女性が男性の年収にこだわる理由

結婚を考えるとき、多くの男性はまず「自分の心の支えになってくれる相手と結婚生活を楽しみたい」と考えます。

一方女性は「自分の人生を安心して預けられる相手と安定した結婚生活を送りたい」と結婚生活を現実的に捉える傾向があります。

近年は結婚・出産後も仕事を続ける女性が増えていますが、妊娠・出産すると仕事をセーブせざるを得ない場合がほとんどです。

また晩婚化の影響で不妊治療を行う夫婦が増えていますが、不規則な治療スケジュールによって妻が仕事を進めにくくなることもあります。

妻が仕事をセーブしている、あるいは仕事をしていない間は、家計の大部分または全部を夫の収入に頼ることになります。

子どもが成長して手がかからなくなった家庭や子どもを作る予定がない家庭でも、家事・介護と仕事を両立しにくいなどの理由で妻が思うように働けない場合があります。

そのため、子どもは望まないが将来のことを考えて男性の年収を重視するという女性も少なくありません。

婚活で年収の嘘をついた場合の末路

お金がなくなる男性
婚活男性がつい年収を偽りたくなるのも、無理もないことかもしれません。

しかし、婚活中についてしまった年収の嘘が重大なトラブルの引き金となる恐れもあります。

嘘を取り繕うための出費が増える

一般的に、高年収の人ほど高価な衣類や時計などを身につける傾向があります。

パーティーに参加したりマッチングアプリにプロフィール写真を載せたりするときは、それなりに良いものを身につけないと「この人は本当に高年収なの?」と女性に疑われやすくなります。

いざ恋愛が始まれば、さらに見栄を張って豪華なディナーデートやプレゼントなどにお金をつぎ込むことになるでしょう。

身の丈に合わない出費を繰り返すことでどんどん貯金が減っていくのは、火を見るより明らかです。最悪の場合は、借金を背負うことにもなりかねません。

結婚生活がストレスフルになる

話上手で抜け目がない男性であれば、嘘をついたまま結婚できることもあるかもしれません。

しかし結婚後は基本的に相手と毎日顔を合わせることになるので、嘘をつき続けるのは大変です。

さらに、話の辻褄を合わせるためにどんどん新しい嘘をつくことになるでしょう。

いくらコミュニケーションスキルが高い男性でも、嘘だらけの結婚生活によって精神的に疲弊するのは目に見えています。

嘘がばれた時に、大きな代償を払うことになる

婚活時に嘘をつくことで最も恐ろしいのは、嘘がばれた時のリスクです。

どんなに巧妙な嘘でも、いずれは何らかの形でばれるものと心得ておきましょう。

結婚前に嘘がばれた場合、相手の女性に大きな不信感を与えるのは言うまでもありません。

女性がパーティーやアプリの運営会社に「この男性に嘘をつかれた」と通報した場合、嘘をついた本人は強制退会となり二度と利用できなくなる場合がほとんどです。

そうなると、婚活のチャンスも大幅に減ってしまいます。

結婚後に嘘がばれた場合、結婚相手本人だけでなく他の家族・親族からの信頼をも失いかねません。

もし年収の嘘を理由に離婚請求された場合、民法で定められている「婚姻を継続しがたい重大な事由」に相当するとして離婚が認められる可能性もあります。

離婚せず結婚生活を続けるとしても、家族・親族から冷たい視線を浴びながら残りの人生を過ごすことになるでしょう。

今の自分を正直に見せて、誠実に婚活しよう

ライフプランを考える夫婦
婚活の場では高年収の男性がモテますから、低年収の男性はつい年収を盛りたくなるかもしれません。

しかし嘘をつき続けることは非常に難しいことであり、どんなに巧妙な嘘でもいずれはばれるものです。

もし嘘がばれてしまえば、大きな代償を払うことになるでしょう。

先ほど「未婚女性の約半数が結婚相手に経済力を求めている」というデータを紹介しましたが、この結果を「残り半数の未婚女性は結婚相手に経済力を求めていない」と捉えることもできます。

年収アップのために転職する男性もいますが、年収が高くなくても素敵なご縁を掴むことは可能です。

低年収の男性が婚活を成功させるには、嘘をつかず誠実に振る舞うこと、女性に対して高望みしすぎずストライクゾーンを広げること、そして年収以外の魅力を高めることが重要です。

近年は共働き志向の女性が多いので、休日に一緒に楽しめそうな趣味や家事のスキルなどを磨いておくとよいでしょう。

婚活のために努力するなら、ついてしまった嘘を取り繕うためではなく本来の自分を見てもらうための努力をするほうがずっと有意義です。

今現在の自分に自信がなくても、「将来こうなりたいから、今はこれを頑張っている」と伝えることで努力家な一面をアピールできるでしょう。

〔参考〕
平成26年度 結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版)
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-1.pdf
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-2.pdf
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h26/zentai-pdf/pdf/2-2-2-3.pdf