「女性ばかりの職場で働いている」「仕事が忙しすぎて休みの日は家で寝てるだけ」「平日休みの職場だから友人たちと休みの予定が合わず孤独」というような女性も多いでしょう。世間と隔絶されるとどんどん恋人ができる可能性は低くなっていきます。

恋人を作るためには、男性と出会える場所に出かけることが大切です。婚活パーティーや街コンであれば、彼女が欲しいという思い出集まっている男性ばかり。恋人ができる可能性も普通に生活しているより段違いに高まります。

私達女性が、恋人が欲しいと感じるとき

リビングで外を見つめる女性
生活している中で、「彼氏欲しい!」と強く感じる瞬間はどんな時なのでしょう。女性の声を集めてみました。

「休日に友達に遊ぼうと声をかけた時に、彼氏との予定を理由に断られた時。彼氏がいるとみんなそっち優先になっちゃうから孤独を感じる。休日に部屋で一人ずっとテレビ眺めてると泣きたくなります」

「外出した場所がカップルや家族連れだらけだった時。自分以外のみんなが幸せそうに見えて、惨めな気分になります。外出するのもだんだん億劫になってしまいます」

「友達数人でイベントや飲み会を企画して、彼氏を連れてきた子がいた時。目の前でラブラブなのを見せつけられ、表面上は応援してても心の中はどよ~ん。ああ、私を置いてみんな幸せになっていく」

「結婚式に参加すると、結婚したい、恋人欲しいって気持ちは高まります。ただ、あまりに非日常過ぎてその気持ちが続くのは3日程度。なかなかモチベーションが高まりません」

恋人が欲しいのにできない人の特徴

リビングでうつむく女性
「恋人が欲しいのにできない」とお悩みの方には共通する特徴がいくつかあります。外見に無頓着・不潔といった本当に基本的なところはもちろんですが、他にどんな特徴があるのでしょう。

仕事が忙しい

バリバリ仕事をする女性
特にバリバリ仕事をする女性にありがちです。「出会いたい」「恋をしたい」と思っても、「でも今はスケジュールがパンパン」「このプロジェクトに集中しなくちゃ」「体力的にきついから落ち着いてからにしよう」などの理由で、出会いに割く労力を後回しにしてしまうのです。

忙しい職場が忙しくなくなることはほぼあり得ません。自分の裁量で自由に時間を使えるようになるのは40代、50代になってからでしょう。忙しくなくなるのを待っていてはあっという間に年を取ってしまいます。

常に冷静であろうとする

屋外で座ってこちらを見つめる女性
「恋したいなぁ」とその時は思っても、色々ネガティブな理由をつけて恋愛に踏み出せない女性もいます。過去のトラウマが原因になっているのかもしれませんし、自分に自信がないのかもしれません。

「あの男性ちょっといいかも。・・・あ、でも30代で独身ってことは実は性格的に問題がある人なのかもしれないし、仕事が証券会社勤務ってことは会う時間を確保するのも大変そうだし、結婚しても保育士の私とは価値観合わなそう。」というように恋をしない理由を探しがちなのです。これを繰り返していると、いいと思う男性がほぼ存在しなくなります。恋愛に冷静さは禁物です。

もうこんな年齢だしと考えてしまう

ほほに手をあてこちらを見る女性
「30代なんかもう誰も見向きしないっしょ」というように自分から諦めてしまうパターンも多いです。ネット上では若い子以外を貶める傾向が確かにありますが、あの傾向は本当に局地的なものです。むしろネット上でアラサーアラフォーの女性を貶めるような男性たちは、ロクな恋愛経験がない場合が多いので鵜呑みにしてはいけません。「年齢関係なく恋愛はできる!」という強い気持ちを持つことが大切です。

恋人が欲しいなら、まず恋愛をすること!

遠くを見るカップル
恋人が欲しいなら恋愛に積極的にならなければなりません。しかし「年齢的に結婚を視野に入れた付き合いになるから、安易に恋愛をするのはどうかと思う」という女性も多いでしょう。

確かにもっともなのですが、あまりに現実的すぎると心が恋愛モードに入りません。将来を見据えた相手と付き合いたいという気持ちは大切ですが、まずは恋愛ができる状態に心を整える必要もあります。相手に求める条件や理想にこだわりすぎると恋愛という形には発展しづらいでしょう。

お見合いならそれでもいいかもしれませんが、好きな人と幸せな恋愛をした上で結婚に発展したいのであれば、自分の直感を大切にすることも大切です。せっかく感性が合いそうな男性がいたのに、その他の条件にこだわりすぎてチャンスを失ってしまうケースは多いのです。

恋愛モードに入るためには恋愛系のドラマや映画等をみて気持ちを高めるのが、簡単にできる有効な方法です。身の回りに恋愛にまつわることを意図的に増やしていきましょう。

運命の相手と出会うために、自分で準備できる事

ベッドで読書をする女性
男性に恋をするために恋愛モードになることに加えて、自分の魅力を高めることも重要です。運命の相手と出会うために自分でできる準備には、どのようなものがあるのでしょう。

自分の魅力を棚卸ししよう

笑顔の女性
「自分に自信がない」という女性も多いかもしれません。いざ素敵な男性と出会っても「どうせ私なんて」「他の女性にかなうわけがない」「上手に関係を続ける自信がない」など、恋愛に踏み込むことができないのではもったいないです。いざという時に自信をなくさないように、普段から自分の魅力、長所、できることを棚卸ししておきましょう。恋をするのをやめたくなった時に、「でも私にはこういう魅力があるはず」ということを思い起こせれば、先に進むことができます。

男性に求める条件を整理する

考え中の女性
条件とは言っても「年収1000万、六大学卒、身長180cm以上」ということを言っているのではありません。男性に求める性格的なものやライフスタイルを整理するのです。例えば、穏やか・子供好き・動物好き・ギャンブルしないというような感じ。これがないとダメというよりは、「こういう人ならまあいいかな」という条件くらいにしておきましょう。もっというと「これなら我慢できる」というラインを決めておくと、付き合える男性の幅が広がります。

恋人が欲しいなら、出会いを求めて即行動!

パーティーで会話をする男女
恋人を探すなら実際に出会いを求めている男性が集まる場所に顔を出すことが手っ取り早いです。オミカレが紹介している婚活イベントに参加すれば、そのまま恋人ができる出会いに繋がります。

「趣味コン・オタコン」のような婚活パーティーであれば、アニメやゲームなど特定の趣味を持った男性と交流するチャンスがあります。初対面の男性と何を話したらいいか困る女性は多いはずですが、お互いの趣味が共通であれば打ち解けやすいはず。付き合ってからも価値観が近いので安心です。

明確に結婚したいというゴールを定めている方は、「婚活バスツアー」のような婚活パーティーがオススメ!具体的に結婚という目標がある男性だけが集まるので、ミスマッチの可能性が低いです。出会った男性とも結婚後の家庭像についての話もしやすいでしょう。バスツアーなので時間もたっぷりありますし、観光や美味しい食事も楽しむことができます。

ライトな雰囲気で恋人や男友達を見つけたいという方は「街コン・出会い」ジャンルがオススメです。婚活パーティーの中でも比較的カジュアルで年齢層が若いのが特徴。「絶対ここで出会った異性と結婚したい」という雰囲気ではないので、まずは恋人からという考えの男女に人気があります。

「ハイステータス」のジャンルの婚活パーティーに参加すれば、高学歴・高収入な男性と出会えるチャンスがあります。性格や容姿も大切ですが、やはりハイスペ男子に魅力を感じる女性が多いのは事実です。結婚後の収入や子どもへの教育のことを考えると、安心度が高いということで、パーティーの中でも人気のジャンルです。

シングルマザーや離婚経験がある女性なら「バツイチ・再婚」の婚活パーティーが安心。来る男性も女性側の事情をわかって参加するので、シンママや初婚でないことを理由に袖にされる事はありません。理解のある男性と出会いたい方にオススメです。

恋人が欲しいなら、行動あるのみ!

パーティーで談笑する女性
恋人をゲットするには、恋愛に対して積極的になる必要があります。恋人が欲しいという気持ちを大切に育てて、恋愛モードで婚活パーティーに飛び込みましょう。出会いの場に参加すればするほど恋人ができる可能性は高まります。恋人が欲しいという気持ちを強く持って行動することが大切です。