特に女性にとって人生の大きなターニングポイントになる30歳は、ライフスタイルが最も多様化する時期でもあります。

今まで仕事一筋でいた人も、将来の結婚について考えいる機会が増えたかもしれません。

しかし「いい人と巡り会えない」「カップリングしてもすぐ自然消滅」と婚活に疲れてしまった人も多いのではないでしょうか。

これからの人生に影響する結婚に対し慎重になるのは当然ですが、30代の女性ならではの悩みは複雑に見えて意外と簡単に解決できるのです。

そんな、こじらせてしまった婚活地獄から抜け出す方法について紹介していきます。

自分だけじゃなかった!? 30代婚活のお悩み

頑張って婚活しているけど、なかなか上手くいかない…と悩むことってありますよね。

特に30代になると周囲の影響もあり、焦ってしまう人もいるでしょう。

将来子どもを望むのであれば、妊娠や出産へのリスクを考え、できるだけ早くと考えている女性も多いはず。

そういった理由から20代の婚活女子に負けてしまうという声も多く聞かれます。

また、自分では相手に求める条件を妥協しているつもりでも、高望みをしているなんてこともあるかもしれません。

その中でも男性の年収に関し、理想を高くしてチャンスを逃している女性が多くいます。

たとえば「同世代である程度収入があればいい」と年収400万円以上の相手を望んでいる場合でも、現在の婚活市場では結婚へのハードルを上げてしまう結果になるのです。

明治安田総合研究所の調査によると、未婚男性で年収400万円以上ある割合は20代が15.2%、30代で37.0%と、非常に少ないのが現実。

このように、女性の望む年収と大きなギャップが婚活をこじらせ、晩婚化の一因と考えられています。

多くの男性は20代の女性を選ぶ傾向にあるので、年収にこだわるのであれば40代以降の男性を狙って婚活するとよいでしょう。

しかし、その場合は容姿や性格などに難ありの可能性もあるので注意が必要です。

婚活女性に対する男性の本音

男性の胸の内
婚活男性がこじらせ女子に対して抱いている本音についても見てみましょう。

多く聞かれるのは、理想が高すぎるという意見です。

収入だけでなく「親との同居や介護は嫌だ」「転勤は嫌だ」「専業主婦がいい」という条件を挙げる人も多くいるのではないでしょうか。

自分の希望だけで判断せず、もっと広く相手男性について考えることが大切です。

もちろん婚活に対する考え方は人それぞれで、恋愛と結婚は別と割り切っている人もいるでしょう。

しかし、そのような理想や一方的な価値観にこだわったままだと、さらに婚活をこじらせてしまうかもしれません。

たとえば年収だと、自分の希望より100万円下げるだけで出会いの幅はグッと広がるはずです。

また男性はいつだって、美しく優しく包み込んでくれる女性を好みます。

自分磨きを怠らず、内面だけでなく外見にも気を遣い20代女性に差をつけましょう。

30代の女性には若い女の子がもっていない、大人の色気や包容力、落ち着きある言動や精神的に自立した一面などを武器にします。

「もう30代だから…」「売れ残ってる自分なんて…」と思わず、ポジティブに考え婚活しましょう。

自分に信をもち、積極的に出会いを楽しむと相手にもあなたの魅力が伝わり、ステキな男性との出会いに繋がるかもしれません。

そして「チャンスがあったらでいいや」「趣味や仕事に忙しいから」「勇気がもてなくて…」と考えていると、結婚するのはさらに厳しくなります。

容姿に自信ありだと話は別ですが、一般的な30代の女性であれば、積極的に婚活をしてこそ早く確実にいい相手と巡り会えるのです。

ガツガツした様子を男性に見せるのはよくありませんが、受け身にならず自ら行動をとるよう心がけましょう。

男性が結婚相手に選びたい女性の条件

ソファーに座り会話する男女
女性が理想の相手を望むように、男性も結婚相手に求める条件があります。

特に30代の男性であれば結婚を意識し始めるので、家事や育児に取り組める家庭的な女性を求める声は多いです。

さらに将来設計や貯蓄にも関心があるため、金銭感覚が似ている相手を望む傾向にあります。

また「一緒にいて楽だな」「素の自分でいられる」といった内面的な要素も大切な条件です。

気を遣うことなく自然体でいられたり、明るく前向きな性格の女性を好みます。

これらは、男性が家庭に癒しを求める証拠であり、仕事のストレスを忘れさせてくれる和やかな家族を作りたいと考えているからです。

もちろん、人間ですから全て兼ね揃えた存在になることは難しいでしょうが、努力することはできます。

自分ではできないと思っていても、挑戦してみたら案外簡単にできたという話もよくあることです。

特に、料理ができない女性は「実家暮らしだから機会がない」「不器用だし」「面倒くさい」といって努力しない人も多くいます。

しかし男性は、好きな人の手料理を食べたいと期待するはずです。

たとえ普段は家族が作ってくれていても、毎日のお弁当や休みの日は率先して作るなど工夫しましょう。

最初は不器用で上手にできなくても、練習を重ねれば少しずつ上達していくものです。

料理上手な友だちと一緒に教わりながら作ってみたり、レシピ動画を見ながら慣れていく訓練が必要です。

婚活地獄を脱出し、理想の結婚をする方法

洞窟の様子
先の見えない婚活に焦ったり疲れてしまう人は、次の4つのポイントを意識して行動してみましょう。

結婚するために必要な要素を考える
結婚相手として選んでくれている人を選ぶ
男性の本質を見抜き相手を選ぶ
自分磨きを怠らず自信をもって前向きに

まずは結婚するために、現在のあなたに何が必要なのか自分なりに分析してみます。

男性になったつもりで自分と結婚したいかどうか考えてみましょう。

整理してみると努力や対策が必要だと感じる部分も出てくるかもしれません。

そして自分なりに自分磨きをしつつ、結婚や相手男性の本質について考えることも意識しましょう。

多くの人は、ただ結婚したいのではなく「幸せな結婚」を望んでいるはずです。

そのためには相手に多くを求めず、避けるべきリスクを回避することが最も大切になります。

分かりやすく説明すると「あなたを不幸にする相手なのかどうか」という基準で考えることです。

そうすることで、お互いに変な期待や高望みがなくなり、より自然体で過ごせる相手と結婚できるでしょう。

また、男性が結婚に対し真剣ではない、この人と結婚はないな判断した場合は、早めに見切りをつけ次の出会いを探します。

相手の本質を見抜き、あなたを不幸にしない結婚相手を選びましょう。

特に30代の婚活女性にはスピードが大切です。

歳を重ねるごとに極めて結婚が難しくなると覚悟しておいたほうがよいでしょう。

もちろん年齢を気にしない男性もいますが、それはごく少数です。

ムリのない程度に、積極的な婚活をする必要があります。

このポイントを押さえながら活動していくと、理屈抜きでお互いを愛し、支え合える最良のパートナーと出会えるはずです。

楽しんで婚活できる!? おすすめの婚活パーティー

近年の婚活パーティーは、さまざまな内容のイベントが毎日開催されています。

直接、相手の男性と会って話ができるので、連絡先交換やデートの約束がしやすい婚活方法です。

それなのに「なかなかカップル成立にならない…」「交際まで発展しない、してもすぐ自然消滅…」と悩む女性もいるのではないでしょうか。

このようになかなか成果が出ない場合、婚活に必死になりすぎて余裕がなくなっている可能性もあります。

ステキな出会いを求めるのはもちろんですが、あまりにも必死な様子や疲れきった表情だと誰だって引いてしまうはずです。

婚活パーティーは出会うためのツールとはいえ、せっかくなのでイベントを楽しみながら参加しましょう。

オミカレでは全国のバラエティ豊かなパーティーが紹介されており、いつでも参加手続きが可能です。

おすすめは特集ページにも掲載されている「趣味コン」や「季節のイベント」で、純粋に楽しみながら自然と交流ができます。

いつもは地元のパーティーしか参加しないという人も、気になるイベントがあれば観光ついでに他の地域へ足を運んでみてもいいかもしれません。

趣味でつながる出会いであれば、話も弾み楽しい時間を過ごせるので、男性も結婚の本質に気づきやすいです。

年齢や容姿だけでなく、あなた自身の魅力を感じられる機会が多いので、チャンスが広がるでしょう。

また、婚活やパーティーに参加するのが初めてという初心者さんにも「趣味コン」や「季節のイベント」はおすすめです。

初めてだと慣れずに緊張することも多いですが、興味のあるイベントであればきっとリラックスして楽しめるでしょう。

オミカレで紹介してある婚活パーティーは、どれも安心して利用できるイベントばかりです。

楽しそう!と思ったイベントがあれば、積極的に参加してみるのが成功の秘訣です。

早速明日から婚活を頑張ってみよう!

スマホ片手に明日を見る女性
なかなか成果が出なくて焦ったり、不安になると出会いに気づけなかったり、婚活イベントを楽しめなくなります。

しかし、そのままでは男性から引かれたり、候補から除外される危険性も。

そんな婚活地獄で疲れたときは、自分磨きしてみたり、純粋に自分が楽しめるイベントに参加してみて気分転換してみましょう。