街コンは一度に多くの異性と出会うことができ、婚活パーティーや結婚相談所に比べて気軽に参加できるので、恋人探しが目的の人だけではなく婚活初心者にも人気の出会いの場です。
街コンは参加人数も形式も様々で、友人と一緒に参加することも1人で参加することもできます。

街コンは気軽に参加しやすいというのが魅力ですが、自分に合っていない街コンに自分に合っていない方法で参加すると、お金や時間ばかり消費してしまうことになるので注意が必要です。

自分に合った街コンに、自分にあった方法で参加するために、街コンを選ぶポイントを見ていきましょう。

カップル成立を目指すなら小規模な街コンがおすすめ

カップル成立にこだわるなら小規模な街コンを選ぶようにしましょう。街コンは、参加者が20人程度の小規模なものから、参加者が200人以上の大規模なものまで様々です。小規模な街コンは、大規模なものに比べて出会える異性の人数は少ないのですが、1人と会話する時間を多くとることができるので、気に入った異性がいればしっかりとアプローチできます。

一方、大規模なものは、一度に複数の異性と知り合うことはできますが、1人と会話できる時間が少なくなります。とりあえずできるだけ多くの異性と知り合いたい方は、大規模な街コンを選ぶといいでしょう。

立食形式か着席形式か

街コンには一般的に下記のような形式があります。

  • ひとつのお店で立食形式
  • ひとつのお店で着席形式
  • 複数のお店をまわって立食形式
  • 複数のお店をまわって着席形式

最近は1つのお店だけで完結する街コンが主流になってきました。着席形式の場合は、最初は座席が指定されている場合がほとんどで、一定の時間が過ぎると席替えをして最初とは違う異性とコミュニケーションをとることになります。席替えは参加者が自由に次の席を選べるものと、街コン運営スタッフによって次の席も決められているものがあります。

初対面の異性と話すのが得意な方は立食形式や席替えが自由に行える着席形式の街コンへの参加がおすすめ。気軽に話しかけられる環境があるので出会いのチャンスを広げることができ、気に入った異性がいれば会話を続けてアプローチすることができます。初対面の異性に話しかけるのが苦手だったり会話に自信がなかったりする方は着席形式、かつ、席替え先も指定される街コンに参加しましょう。自分から声をかけなくても複数の異性と会話をすることができます。

友達と参加するか1人で参加するか

街コンには一人でも、友人と一緒にでも、参加できます。1人で参加、2人で参加、と参加条件で決められている場合もあります。友人と一緒に街コンに参加することには、あまり緊張しないで済む、1対1ではないという安心感から次に繋がりやすいというメリットがあるので、初めて街コンに参加する方や恋愛経験の少ない方、異性との会話が苦手な方におすすめです。友人と一緒に街コンに行くなら大規模な街コンがよいでしょう。大規模な街コンでは同性の友達が複数名で参加をしていることが多く、グループ単位で仲良くなっているパターンが多いからです。

一方、街コンに1人で参加することには婚活に集中できるというメリットがあるので、1人でも緊張しにくくて、気に入った異性がいたら友人を気にせずに行動できた方がよいという方におすすめです。
1人で街コンに行くなら小規模の街コンがおすすめです。小規模街コンは一人で参加している人が多く、気に入った人がいたらその人とじっくりと話をすることが出来るからです。

街コンには友人と一緒に参加したいけれど街コンに参加できる友達がいないという方は「1人参加限定」の街コンに参加するのが良いでしょう。全員が1人で参加しているので、他はグループで盛り上がっているのに自分だけ1人で会話に参加できないという心配がなくなります。

友年齢が気になるなら参加条件に年齢指定がある街コンを選択

「街コンは若い人ばかりが参加していて自分は浮いてしまうのではないか」と不安に思っているなら、例えば「30代限定」というような、参加条件に年齢指定がある街コンを選ぶのがおすすめです。参加者が自分と同じ年齢層の人ばかりなので、年齢は気にせずに異性との出会いに集中することができます。

友まとめ

一口に街コンと言っても様々なものがあります。上で紹介したポイントを参考にして自分に合った街コンに参加して、自分と相性の合うお相手を見つけましょう。
たとえば大手街コン会社ルーターズは、一人参加限定のイベントも充実していて、年齢など様々な要素でイベント検索を簡単にかけられるので、一度チェックしてみるといいかもしれません。

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください