ネットサービスを使うことで、世界中のあらゆる人と手軽に交流することができます。

ところが、こうしたネットの利便性を悪用して体目的で女性に近づこうとする不埒な男性も存在します。

ある日突然知らない男性から「どこに住んでいるの?」「会いたいな」などといったメッセージが送られてきたら、その男性はあなたを狙った出会い厨かもしれません。

真面目な出会いを探す女性にとって、目先の欲望のために女心をもてあそぼうとする出会い厨は非常にやっかいな存在です。

今回は、出会い厨の見分け方や撃退方法について解説します。

出会い厨ってなに?目的は?

「出会い厨」は、本来出会いを目的としないSNSなどのネットサービス上で恋愛または性的接触を求めて女性に近づこうとする男性を指すネットスラングです。

もちろんSNSがきっかけで真面目な恋愛が始まることもありますが、出会い厨は友達の段階を飛ばしていきなり恋人関係や肉体関係になろうとするのが特徴です。

暗闇でPCを見る男性

また、婚活パーティーなどの真剣な出会いの場において体目的で女性を探す男性を出会い厨と呼ぶこともあります。

きちんとしたイベント主催会社や結婚相談所は登録時に身分証明書の提出を義務付けていますが、結婚の意思がないにもかかわらず遊び目的で登録する男性が全くいないわけではありません。

真面目に出会いを探している人や純粋にコミュニティの主旨を楽しんでいる人にとって、出会い厨は迷惑以外の何者でもありません。

出会い厨が好き勝手に振る舞うことで多くの女性が被害に遭うのはもちろん、コミュニティの和が乱されることで他のメンバーまで嫌な思いをするためです。

出会い厨の特徴&見分け方

男女が居酒屋で連絡先を交換している

出会い厨ではないものの、比較的早い段階から積極的にアピールし始める男性は存在します。

また、外国人男性と知り合うと挨拶代わりに「今日も君は素敵だね」などとほめ言葉をかけられることもあります。

真面目で積極的な男性と出会い厨を見分けたい場合は、以下に当てはまるかどうか確認してみましょう。

当てはまる項目が多いほど、出会い厨の可能性が高いです。

知り合ってすぐ会いたがる、または個人情報を聞きたがる

ある程度意気投合した後ならともかく、知り合って間もないうちにいきなり1対1でオフ会をしたがる男性は出会い厨の危険性が高いです。

また個人情報(本名・住所・電話番号など)を聞き出そうとする男性や、初めて会うときに「家の近くまで迎えに行くよ」「家まで送っていくよ」などとしつこく言う男性も危険です。

連絡がしつこい

こちらに恋愛感情がないことをアピールしても全く引き下がる気配がなく、しつこくメッセージを送ってくる男性にも要注意です。

日本人女性特有のやんわりした拒絶に気づかない鈍感な男性もいますが、出会い厨でない場合はハッキリ「NO」と言えばたいてい引き下がります。

会ってもないのに「好き」などと言ってくる

相手が有名人ならともかく、会ったこともない普通の人間に恋愛感情を抱く可能性は限りなく低いはずです。

もし会ってもいないうちから「好き」と言われたら、「ただの性的対象として好き」という意味でほぼ間違いないでしょう。

女性が顔写真を公開している場合、むやみに容姿をほめてくる男性にも要注意です。

そのような男性は、女性のことを根掘り葉掘り聞こうとするのに自分のことはなかなか話そうとしない、あるいは嘘をつく傾向があります。

知り合って日が浅いのに、いきなり下ネタを言う

いくらあなたが下ネタ好きでノリが良くても、知り合ってすぐにいきなり下ネタを言ってくる男性には注意すべきです。

さらに「エッチな写真を送って」などと言われたら、100%出会い厨とみて間違いないでしょう。

出会い厨はキケン……!?

フードを被って襲い掛かる男性

実際に出会い厨と関わってしまうと、女性がさまざまなリスクにさらされます。

危険な目に遭わないためには、どのようなことに注意すればよいでしょうか?

散々甘い言葉を言ってきた末に、あっさり捨てられる

出会い厨は、何とか女性と肉体関係を持とうとして歯が浮くような甘い言葉をこれでもかと浴びせかけます。

女性が恋愛慣れしていない場合や失恋などで心が弱っている場合、コロッと騙されてしまうこともあります。

しかし、出会い厨は自分が満足してしまえば「もうこの女には用がない」と言わんばかりにあっさり女性を捨ててしまいます。

中には、女性がただ捨てられるだけでなく望まぬ妊娠までしてしまうという悲しいケースもあります。

ストーカーになる

出会い厨と接触した後に女性側から接触を断とうとした場合、ストーカー問題に発展する場合があります。

ストーカーに付きまとわれると命の危険にさらされる恐れがあるので、ストーカーから受けた被害の証拠を集めてすぐに警察に相談しましょう。

メッセージのやりとりをした後に相手がネットストーカー化して個人情報を暴かれる恐れもあるので、実際に顔を合わせていなくても油断は禁物です。

個人情報の流出や、リベンジポルノの危険性も

出会い厨は、嫌がらせ目的で女性の個人情報をわざと流出させることがあります。

自宅から見える景色の写真から住所を特定された例や、自宅の鍵の画像を公開したために勝手に合鍵を作られた例もあります。

何気ない画像投稿に思わぬ危険が潜んでいることもあるので、投稿ボタンを押す前によく確認しましょう。

スマホ画面で何かを選ぶ女性

また、女性がリベンジポルノの被害に遭うこともあります。

2014年にリベンジポルノ防止法が施行されましたが、それでもリベンジポルノが完全になくなったわけではありません。

仲良くなった男性をどれだけ信用していても、自分の性的画像を撮らせることは避けましょう。

出会い厨の撃退方法

胸の前で両腕バツ印を作る女性

いくら女性側が気を付けていても、出会い厨に目をつけられる確率はゼロではありません。

実際に出会い厨につきまとわれてしまったら、以下の方法で撃退しましょう。

無視し続ける

相手が一方的にメッセージを送りつけてくるだけなら、ひたすら無視し続けましょう。

こちらから何もリアクションを起こさなければ、相手がすんなり諦めることもあります。

迷惑だとハッキリ伝える

男性は女性に比べて鈍感なことが多く、女性が男性を傷つけないようやんわり拒絶の意思を伝えても全く伝わらないこともあります。

また「いやよいやよも好きのうち」と都合よく解釈されてしまうこともあります。

やんわり意思表示しても伝わらないようであれば、心を鬼にして「あなたと深い関係になるつもりはない」とハッキリ伝えましょう。

その際に不愉快な言葉をかけられるかもしれませんが、さんざんもてあそんだ末に捨てられたりリベンジポルノの被害に遭ったりするよりはずっとマシです。

相手をブロックするか、SNSの運営者に通報する

はっきり「NO」と伝えても効果がなければ、相手をブロックするか自分のSNSアカウントを変更・削除しましょう。

その際、新たな被害者が増えないようSNS運営者に通報しておくとよいでしょう。

恋する相手選びは慎重に!

窓辺のダイニングテーブルでスマホ片手に座る女性
SNSなどのネットサービスを使うことで、普段なかなか出会えないような相手と手軽に出会うことができます。

しかし、ネットの危険性についてきちんと知識をつけておかないと出会い厨にひっかかって痛い目にあうかもしれません。

男性にほめられ慣れていない女性や、失恋のショックで判断力が低下している女性は、特に出会い厨に目をつけられやすくなります。

出会い厨の被害を避けるためには、出会い厨の見分け方や撃退方法を知ることはもちろんしっかりと自分に自信を持つことも大切です。