マッチングアプリの台頭で5年前よりはるかに出会いやすくなった昨今。

でもその分、インスタントな出会いが多いというか「ワンナイトラブ狙い」や「奢られ狙い」の男女もいたりして、そこから真剣な出会いを掴み取るのは至難の業です。

かくいう私も昔から合コンは誘われれば100%行っていたし、なんなら2018年は自分が幹事になった合コンが10件ぐらいある気がします。

しかし、そこから交際に至ったカップルはまさかの1組のみ……! しかも2週間ぐらいで別れてたし!

出会いがインフレしている分、「ダメならまたTinderやろ」なんて思っているので出会いに真剣さが足りないんです。

でも、本当はどんな出会い方でも心がけ次第で交際に発展できます。

今回は出会いがない人の特徴と、真剣な出会いを増やすためにすること、その出会いから結婚につなげるための準備についてお伝えします。

出会いがない人の特徴

駅で腕時計をつけて時間を気にしている女性

社会人になってから女子会をするたびに飛び出すワード、「出会いがない」。

「結婚願望はあるんだけど、出会いがないんだよね……」と飲み会で漏らす人の特徴はこちらです。

出会いを出会いと認めていない

まず一番大きな特徴として、異性と出会ってもそれを「出会い」と認めないところがあります。

そもそも出会いがないってことは物理的にありえないんですよ!

人類の半分は異性なのだから!

コンビニにも職場にも駅にもたくさん異性がいるので、そこを力技で「出会いの場」にするのは可能なんです。

でも「出会いがない」と言う人は、恋愛センサーを閉ざしているので取引先にイケメンがいても「イケメンだなあ」としか思いません。

同じ状況でも、恋人が絶えない人なら、そのイケメンとすぐにFacebookでつながってメッセンジャーから「共通の友人にTくんがいますね!

よければ今度3人で飲みませんか?」ぐらいのメッセージは送ってしまうものです。

これが「ただの出会い」を「恋愛的な出会い」に変える力!

人工的な出会いに抵抗感がある

つづいて、なぜか「自然な出会い」に並並ならぬ思い入れがあるパターンもあります。

職場の同僚、幼馴染、大学の先輩……などがいわゆる自然な出会いでしょうか。

その出会い方に固執して、逆に人工的な出会い方(ナンパ、合コン、婚活パーティー、マッチングアプリなど)に拒否反応を示す人がいます。

私の友人もそのタイプで「アプリとか使ったら?」と言われても「え〜なんかやだ〜」なんて断っていたのですが、27歳を超えてから考えを改めPairsデビュー。

そこで無事に優しい彼氏を作っていました。

出会い方に貴賎はない、と思い知らされます。

行動範囲が狭い

そもそも日常の行動範囲に異性がいなくて、出会うための行動も起こさないパターン。

本当に毎日仕事が忙しくて「今は恋愛より仕事を優先したい!」と思っている人なら仕方ないですが、時間に余裕があるのに何もせず「どこかに良い出会いが落ちてないかなあ」と口をあけて待っているだけの場合があります。

真剣な出会いを増やすためにできること

カフェで待ち合わせして手を振り合う2人の女性

それではどうすれば真剣な出会いを増やすことができるのか、その方法をご紹介します。

友達に誘われたら断らない

まずはとにかく積極的に出会いの場に出向くこと。

出会いの総数を増やしましょう!

友達に「コリドー街にナンパされに行こうよ」と言われたら断っていませんか?

ナンパでも良い人はいるし、もし気に入らなくても合コンを開いてもらえばいいですから!

ということで、異業種交流会でも飲み会でも合コンでも、なにかしら友達に誘われたら断らないルールにするのがおすすめです。

特に友達の紹介は良いですね。

友達つながりなら身元が分かっている場合が多いし、共通の話題もあるので交際に発展しやすいです。

友達との関係性もあるからヤリ捨てがしづらいし、交際後に結婚の話も友達経由で進めてもらえることがあります!

マッチングアプリを積極的に活用する

「自然な出会い」にこだわるのをやめて、いろいろな出会いサービスを試してみましょう。

初心者におすすめなのはマッチングアプリ。

真剣な出会い目的ならPairs、Omiai、ゼクシィ縁結びあたりにまず登録しましょう。

この3つのアプリは会員数が多く、比較的、婚活への意欲が高めです。

いますぐ婚活じゃなく、まずは軽めに食事をしたい人ならDine、Tinder、タップル誕生でしょうか。

Tinderはいま20代を中心に爆発的に流行っているので色んな業種の人に出会えますが、ワンナイトラブ目的の人も多い印象です。

YYCやワクワクメールなどの老舗マッチングアプリもヤリモク男性が多めですが、そのアプリ開発に携わる真面目なエンジニアが登録していることもあります。

実際に知人のエンジニア男性は自社サービスで18歳の彼女を作ったものの、生来の真面目さで彼女が20歳になるまで手を出さなかったそうです。

彼は人柄もよく将来有望。

そんな掘り出し人材がマッチングアプリに眠っていることもあるんです!

婚活意欲が高いなら結婚相談所や婚活パーティー

できるだけ早く結婚がしたい!

真剣な出会いが欲しい!

と思っているなら、一番確かなのは結婚相談所や婚活パーティーですね。

参加料金や参加ハードルが高いものほど、婚活意欲の高い異性が登録しています。

特に結婚相談所は入会時に収入証明や独身証明を求められることがあるので、ただのマッチングアプリより身元が確かな人物に出会えます。

コストはかかりますが、自分からグイグイ押せるタイプでもなく安全性にこだわりたいならおすすめの出会い方です。

良い人に出会ったらとにかく誘う

先ほどの「ただの出会い」を「恋愛的な出会い」に変える気合いというか、なんでも出会いにつなげる積極性が大切です。

職場の同僚でも取引先でもよく行くカフェの店員さんでも、良いなと思ったら食事に誘ってみましょう。

口頭で誘うのは勇気がいるので、まずはTwitterやFacebookなどでつながってメッセージを送ってみるのもアリですよ。

断られることもありますが、断られる耐性をつけておくと今後の婚活にも役立ちます。

キラーフレーズ「本気になっちゃうから」を放つ

必殺技なので秘密にしたいのですが、どんなに軟派な出会いでも真剣な出会いに変える人ことがあります。

それが「本気になっちゃうからやめてください……(照れながら)」です。

Tinderで出会った女性にはワンナイトラブを狙う男性も、職場の気になる同僚には本命としてアタックしたりします。

それは「Tinderで出会う女なんて、どうせ向こうも本気じゃないだろうし」と思う気持ちがあるからです。

出会い方によって遊びと本気を使い分ける人って、少なからずいるんですよね。

しかし!

たとえTinderで出会って「君って目がキラキラしててすごくかわいいね」と下心ありきで口説かれたとしても、照れながら、しかし毅然と「本気になっちゃうからやめてください」と言うんです。

そうすると「えっ本気になる可能性があるんだ……しかもそれを言うって俺のことけっこう好きじゃん」と相手に考えを改めてもらえます。

本気になられると困る人はそこで退くでしょうが、運が良ければ本命候補に上がれます。

これは男性も同じですよ。

まったく脈がない相手でない限り、誰かが自分を本気で好きになってくれるのって嬉しいものです。

真剣な出会いから結婚につなげるための準備

3つ横に並ぶいちご

最後に、しかるべき出会いから結婚につなげるために今できる準備を3つお伝えします。

結婚相手に求める条件を3つに絞る

いくらたくさんの異性に出会っても、自分の中で判断基準がないと「悪い人じゃないけど決め手に欠けるなあ〜」で終わってしまいます。

だから結婚相手に求める条件を3つに絞りましょう。

いきなり3つにはできないと思うので、思いつく限り条件をあげて、そこから上位3つを選んでください。

あとは出会う異性に対し、その条件を基準にして判断していくだけ。

「3つが揃ったらまたデートする」「条件が揃わなくてもピンと来たらデートする」など、自分の中でルールを持っておくと出会いを効率化できますよ!

自分のトラウマに向き合う

相手と結婚に向けて真剣に向き合うと、自分の嫌なところが見えて落ち込むことがあります。

逆に相手の「なぜかここが許せない!」という部分が見つかって苦心することも。

結婚前に四苦八苦しないために、今から自分の内面やトラウマと向き合っておくことも大切です。

私にとって意外と良かったのが催眠療法(ヒプノセラピー)でした。

催眠療法は催眠状態になって自分の前世を見たり幼少期を見たりして、今の自分のルーツを辿るというものです。

いかにもスピリチュアル的なところもあるのですが、私が受けた催眠療法はカウンセリング寄りのところで、幼少期のどんな体験が今の悩みにつながっているのかを解き明かしてくれました。

私は「催眠にかかってみたい!」というミーハーな気持ちだったのですが、思わず心が軽くなったし、自分のパートナーシップ構築における弱点もわかって良い体験でした。

パーソナルカラー診断を受ける

自分の見せ方をブラッシュアップする方法として効果的なのが、パーソナルカラー診断を受けることです。

パーソナルカラー診断では、その人が一番イキイキと見える似合う色の傾向を見つけてくれます。

自分に合った色味の服を着ると本当に顔色が良く見えるので、デート服のコーディネートがとても楽になります!

女性はメイクの色選びにも役立つので、ぜひ婚活の前に診断を受けてみてください。

真剣な出会いのために行動しよう

スマホを見ているOL

「なんでもない出会い」を「真剣な出会い」に変えるためには、今回ご紹介したような気合いとテクニックが必要です。

特に今は出会う方法が増えているので「ネットで出会うのはなんか嫌だな〜」と毛嫌いせずにチャレンジしてみましょう。

その「なんか不安だな〜」という恐怖心もそれはそれで大切なので、怪しい人は避けて大丈夫ですから!

あまり好きではない人は断ってしまっていいので、まずはいろんな人と出会って素敵な出会いを掴んでくださいね。