婚活期間が長くなると、どんどん後ろ向きな気持ちになってしまいます。
「このまま婚活を続けて、素敵なお相手と出会えるの?」
「お相手に求める条件が厳しすぎ?」
と悩みの種はつきません。

もしも、少しだけ妥協することでスムーズに幸せになれるとしたら、あなたは何を妥協しますか?

この記事では、婚活で妥協すべき点や妥協してはいけない点について解説しています。
間違った妥協をして、かけ離れた結婚相手を選ばないように参考にしてみてください。

婚活では妥協したほうが良いのか

婚活_妥協
婚活期間が長いと、焦ってきてしまいます。

でも、「もっと素敵なお相手に出会えるかもしれない!」と自分で長引かせてしまっている人もいます。

例えば、ちょっといいなと思う人がいても、「○○の条件が合わない」とか「100%理想じゃなければ嫌だ」と意地を張ってしまっていないでしょうか。

この状況は、ますますお相手を見つけるのに時間がかかってしまう状態です。

妥協という言葉を使うと、なんだか諦めている感じ、無理に合わせている感じがして嫌だなと思われるかもしれませんがマイナスなことではありません。

一生懸命頑張っているあなただから、スムーズに素敵な人に出会ってほしいと思います。

だから、そのために条件を緩めてみませんか?

条件を緩めることで、出会える可能性は高くなり、チャンスが巡ってきやすくなるのです。

ただし、何でもかんでも妥協するということではないですので注意してください。

結婚できたらOKではないと思いますし、結婚後も幸せな生活を送りたいです。

そのためには、妥協するところとしないところを知る。

それが重要です!

ここからは、婚活で妥協しても良いポイントについてまとめていきます。

容姿は妥協してOK

婚活_容姿_妥協

容姿じゃなくて中身だから」と言っている人は多いものの、実は無意識に容姿で判断しているところってあります。

俳優さんのような素敵な男性までは求めなくても、ある程度のルックスがいいなと心の奥では感じている人が多いです。

婚活パーティーやお見合いイベントでは、初対面の人と話をしていきますので最初に見るのは顔です。

だから、最初に顔を見てしまうのは仕方ないでしょう。

そこから、プロフィールカードを見て、お相手がどんな人なのか少しずつ知っていきます。

話をして声を聞いたり、こちらの話をどのように聞いてくれるのか見たり・・・

でも、プロフィールカードとわずか数分の会話だけで、お相手のことを深く知ることはできません。

お相手のことは、婚活パーティーだけでつかめないのが当たり前です。

そうなると、判断基準で重きを置いてしまうのは容姿です。

顔だけでなく、服装とか、髪型とか、匂いとかも含まれるでしょう。

もし、あなたが良い出会いが無いと感じているなら、まず容姿について妥協してみましょう。

「ピンとこない容姿だな~」と思っても、趣味があなたと同じかもしれません。

ファッションセンスがイマイチでも、会話していたら落ち着くとか、あなたの話をしっかり聞いてくれるという人かもしれません。

容姿だけでは、人間性は知れません。

容姿って、年齢と共に変化してしまうものなので、一番大切なところではないです。

これから先、何十年と一緒に暮らしていく中で、本当に大切なものって何かな?と考えてみてください。

容姿ってそんなに重要でしょうか?

一緒に過ごしていく時間が、とても心地よいなと感じるお相手の場合、そのうち容姿は気にならなくなっていくことが多いです。

学歴や年収は妥協してOK

婚活_妥協_学歴_年収
あなたは、お相手の年収や学歴をプロフィールカードでチェックしていませんか?

意外とチェックしている人は多いものです。

婚活パーティーで、「年収○○円以上の男性のみ参加可能」とか「男性公務員限定」とか参加者を限定しているパーティーもあります。

このような限定パーティーがあることからも、女性がお相手の年収に注目しているということが分かります。

そして多くの婚活パーティーでは、男性は大学卒業という条件がつけられていたりします。

婚活において、学歴や年収を重要視し過ぎるあまり、婚活期間が長引いてしまうということはよくあります。

しかし、高学歴で高収入=素敵な人とはなりません。

どんなにお金を持っていても、女性に対して優しくない人だったら幸せにはなれません。

高学歴でも、他人に冷たい人だったら一緒にいても良い気分で居られないでしょう。

年収が高いのは、よいことかもしれませんが、実はものすごく仕事がハードで、寝る間もないくらい仕事しているとしたらどうでしょうか?

寝る間も惜しんで仕事をしているなら、健康管理ができているのか気になります。

おそらく、結婚しても激務のままでしょうから、子供が生まれた場合、子育てに協力してもらえるかどうか分からないです。

激務の男性と結婚した場合、幸せな家庭をイメージするって難しい気がしませんか?

もちろん、激務の男性すべてがそうというわけではないのですが・・・

そのような確率が高いのです。

そう考えると、高学歴や高収入ってそんなに大事な条件ではないかもしれないと思います。

住んでいるところは妥協してOK

婚活_妥協_家
容姿、学歴、年収などは、妥協したいと思ってもできないよって人もいると思います。

でも、住んでいる場所なら、妥協できるのではないでしょうか?

最近は、オンライン婚活パーティーが開催されることが増えているので、遠方に住んでいる人と出会うことも多いです。

オンライン婚活は、北は北海道から、南は沖縄まで、とにかくあちこちから参加されています。

お見合いアプリを使っているなら、外国人との出会いだってあるでしょう。

会場で行われる婚活パーティーでも、地方だと出会える人数に限りがあるので、地方から都会の会場まで足を延ばして参加している人もいます。

地方から出たことが無い人は、うしても近くで出会いを求めがちです。

でも、遠くてもよいかなと妥協できれば、出会いのチャンスがあるかもしれません。

実家が近いほうが安心という気持ちもあるかもしれませんが、視野を広げてみることで素敵な出会いが待っている可能性がありますよ。

婚活では妥協してはいけないことがある

婚活_妥協してはいけないこと
先程までは、妥協しても良いことについてご紹介しましたが、ここからは妥協してはいけないことについてまとめていきます。

妥協しても良い点を、妥協したくないと思ってしまったがゆえに、本当は素敵な出会いだったのにチャンスを逃していたという人もいるかもしれません。

妥協してはいけないポイントを知っていくことで、お相手を見る目も変わってきます。

性格や居心地の良さは妥協しちゃNG

婚活_妥協_性格

婚活で妥協してはいけないのは、お相手と一緒に居る時に心地よいかどうかです。

結婚したら、一緒に生活しますので、居心地がよいかはとても大事です。

いつもイライラしているようなお相手だと、ちょっとしんどいですし、なんでもかんでも指示してくるような人だと疲れます。

お互い違いがあるのは当然なので、そこを妥協し合えるのか、お互いに心地よく話し合いができるのかというところは見ておきたいです。

ここは、一度や二度会ったくらいでは分からない部分でもあるので、慎重にみていきたいです。

価値観の違いは妥協しちゃNG

婚活_妥協_価値観

離婚動機の多くは「価値観の違い」といわれています。

これ、「結婚前に分からなかったの?」と思ったりします。

婚活中に少しでも違うなって思ったのなら、あなたに合わないお相手かもしれません。

分かることもありますが、分からないこともあるというのが正解でしょう。

結婚生活を送っていく中で、価値観の違いに気づく事もあります。

例えば、お子さんができた後に、価値観の違いから離婚を選択される人もいます。

婚活中だけで分かるものではないのですが、少なくともお金に関する価値観とか確認できるところはしておきたいです。

幸せな結婚には、多少の妥協も必要

あなたの婚活が思うように進まないのは、自分で決めている条件に自分が縛られているからなのかもしれません。

お相手に求める条件を、少しでも緩めることができれば状況も変化していくでしょう。

だけど、「結婚相手を選ぶのに妥協なんて必要ない!妥協したくない!」そう思う人もいるでしょう。

ただ、そうやって意地を張ることで、結婚がどんどん遅れて疲れ果ててしまうことと、妥協があってもスムーズに幸せな結婚ができるのとだったらどっちが良いでしょうか。

あなただって早く幸せになりたいって思っているはずです。

妥協しても幸せになれるって分かっていたら、それもありかもしれないなって思えませんか?