飲み放題付きの婚活パーティーは、お酒やジュースを飲みながら出会いを楽しむことができます。今回の記事では、飲み放題付きの婚活パーティーの紹介と、15年間の婚活経験がある筆者の体験談に基づいたリアルな感想をご紹介します。

飲み放題付きの婚活パーティーには、どんな種類があるの?


飲み放題付きの婚活パーティーには、オシャレなレストランなどで開催する立食パーティースタイル、居酒屋などを貸し切って開催する合コンスタイルがあります。

それぞれパーティーのスケジュールは、立食スタイルなら約2時間の中でプロフィールカードの記入~ファーストドリンク注文10分、司会説明10分、自己紹介40分、フリータイム40分、アピールカード記入10分、マッチングの結果発表と連絡先交換に10分という時間配分で進行することが多いです。自由にドリンクを注文することができるのは、自己紹介とフリータイムの80分です。

立食スタイルの婚活パーティーは、ビュッフェスタイル形式の料理とフリードリンク制が多く、飲み物や食べ物を自由に取り合いながら気になる人に話しかけることができます。会場を貸切り大人数で開催するパーティーが多いので、みんなでワイワイ飲食しながら出会いを楽しみたい人にもオススメです。

合コンスタイルだと、約2時間の中にプロフィールカードの記入10分、司会説明10分、自己紹介50分、フリータイム40分、マッチングの結果発表に10分という時間配分で進行することが多いです。自己紹介は、男女4~6人で一つのテーブルを囲む合コン形式で行われます。あらかじめスタッフが定めたテーブルに座る合コン形式に対し、フリータイムでは自由に移動することができます。自己紹介・フリータイム共に、自由にドリンクの注文ができます。

飲み放題付きの婚活パーティーはドコがオススメ?

飲み放題付きの婚活パーティーには、大きく2つに分けて「婚活パーティー企業主催」と「街コン企業主催」のイベントがあります。婚活パーティー企業主催なら、大手のホワイトキーやエクシオが有名です。街コン企業主催なら、街コンアリスや街コンの王様など全国各地で開催しているパーティーが人気です。いずれもネームバリューのある大手企業が運営しているイベントなので、その安心感から人が集まりやすい傾向があります。

婚活パーティーや街コンの中には、毎日パーティーを開催している企業があります。しかし、男女比が悪いため人が集まらないまま開催してしまうことが多々あります。ただ、ネームバリューのある大手企業や全国各地で運営している企業のパーティーだと、常日頃から広告が上がっているので人数が集まりやすく、男女比や人数の集まりに問題がない場合が多いです。

また飲み放題付きのパーティーであれば、飲食店やレストランで開催されることが多いです。もし参加するのであれば、そのお店のことを事前に調べておいて、食事やドリンクの評判が良いところに参加するのがオススメです。

飲み放題付きの婚活パーティーの料金は?

飲み放題付き婚活パーティーの料金は、通常の婚活パーティー(相場は男性5~6,000円、女性2~3,000円)とほとんど変わらないことが多いです。そのため、通常のパーティーに参加するよりも飲食代分お得に感じることが多いでしょう。

とくに街コン企業主催であれば、もともと飲食に力を入れているイベントが多いので、婚活パーティー企業主催よりも食べ物や飲み物の質にお金をかけていることが多いです。街コンの王様では、ビュッフエスタイル付き飲み放題パーティーが、女性なら会費980円と安く気軽に参加することができます。

飲み放題のある婚活イベントって実際どうなの?体験談に基づいてご紹介


飲み放題付きの婚活パーティーのメリットは、お酒の力を借りて話すことができる点です。お酒を飲むときはワイワイ騒ぎながら飲む人が多いため、パーティーが盛り上がりやすくなります。またアルコールのが入り気分が開放的になるため、お互いに話しやすくなります。

話すネタに困ったら「何飲んでいるの?」や「今度飲みに行こうよ」と、お酒も話のネタの1つになります。なかには、お酒に酔ってガードが甘くなる人もいます。もしタイプならば、どんどんアピールをして責めてみましょう。人は酔うとテンションが上がるので、思い切った質問をしても返してくれるかもしれません。

とくに立食パーティーはカウンターに飲み物が用意されることが多く、飲み物を取るために並ぶ最中に声をかけられる可能性があります。ちなみに筆者は、立食パーティーで誰とも仲良くなれず、フリータイムで1人になったことがあります。結局、パーティーの隅で1人お酒を飲んで寂しさを紛らわしていました。

「ああ、このまま出会いもないまま終わってしまうのかな」と思いつつ、飲み物を注文するためカウンターに並ぶと、突然後ろの男性に「いま1人?」と話しかけられたのです。どうやら1人でお酒を飲んでいた姿を見て、声をかけやすいと思ったようです。友達と一緒に参加したとしても、あえて別れて1人で飲んで隙を作るのも一つの手かもしれませんね。

飲み放題付きの婚活パーティーにはどんな人が来るの?参加者の年齢層は?

飲み放題付きの婚活パーティーは、年齢制限がなければ20代後半~30代前半の男女が多いです。参加者の特徴は、それぞれのイベントによって異なります。

例えば、ホワイトキーやエクシオのような大手婚活パーティー企業が主催であれば、真面目な雰囲気の男性が多いです。婚活パーティー企業主催だと「年収500万円以上の男性限定」「公務員限定」など、参加者の男性に制限を求めていることが多いので大手企業勤務や有名大卒の参加者が多くなるようです。

街コン企業が主催のイベントでは、ややチャラい雰囲気の男性が多く、喫煙者もチラホラいました。どうやら男性のスティタスに制限がないイベントが多いので、他の制限のあるイベントに行けない男性が多く参加する傾向があるようです。男性にスティタスを求める女性には不向きかもしれません。

飲み放題付きの婚活パーティーの飲み物、食べ物の質は?

料理や飲み物の質を求めるのであれば、オシャレなレストランやBARで開催されることが多い立食パーティーがオススメです。美味しい料理を作る環境が揃っている場所で開催されるので、質の高い料理が用意されることが多いです。

オシャレなレストランで開催されるイベントの中には、「サラダ・前菜・スープ・メインディッシュ」とコースさながらの料理がでるパーティーもありました。料金も女性は3~4,000円と少し通常の婚活パーティーより値段が高くなる程度だったので、満足感もひとしおでした。

美味しい料理のでるイベントの見極め方は、案内文のメニューのチェックと、開催場所のお店を一度ネットで調べておくことです。食べログ高評価なお店で開催される婚活パーティーなら、当たりハズレが少ないです。

合コンタイプだと、居酒屋で開催されることが多いのでお酒の種類は豊富です。ただ、溶けた氷でお酒が薄く感じ、サイドメニューもポテトフライやサラダ、唐揚げのような定番のものしか出てこないことが多いです。料理自体も冷めていることも多く、味はあまり期待できないことが多かったように感じます。

注意すべきポイントとは?

飲み放題付き婚活パーティーを選ぶ時に注意すべきポイントは、2つあります。まず1つ目は、案内文の中にお酒が入っているかどうかをチェックすることです。2つ目は、タイトルだけじゃなく案内文にもお酒やフリードリンクサービスの記載があるかどうかをチェックして下さい。

イベントの中には、記事のタイトルにしか「飲み放題付き」の文字が入っておらず、案内文の詳細に記載がないものがあります。そういったイベントの場合、自社のイベントを目立たせるために「飲み放題」をタイトルにつけている可能性があります。

以前「フリードリンク付き!20代からの婚活パーティー」というタイトルのついたイベントに参加すると、会場つくなり紙コップを渡されてビックリしたことがあります。なんと、そのパーティーのフリードリンクとは隣に乱雑に置いてあるペットボトルジュースを自ら紙コップに入れるというセルフサービスだったのです。

ちなみに、飲み放題付きイベントの他に「デザート付き!20~30代婚活パーティー」というイベントにも参加したことがあるのですが、イベント終了時に市販のプリンを1人1個ずつ配布されるなんてこともありました。もはや、デザート付きというよりお土産付きの婚活パーティーですよね。

飲み物や食べ物を満足にアピールできるイベントなら、必ず案内文に食べ物や飲み物についての詳細が記載されています。必ず案内文には全て目を通し、イベントタイトルだけ見て申し込むようなことはしないように注意しましょう。

飲み放題のイベントが気になった方はコチラ!

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください