コロナ禍によって全世界で自粛ムードが漂っているものの、「幸せな結婚がしたい」という気持ちまで抑え込む必要はありません。

国内では、実際に顔を合わせる婚活イベントの代わりにZoom婚活(オンライン婚活)が注目されています。

今回はZoom婚活の現状や体験談、そしてZoom婚活をスムーズに進めるコツなどについて解説します。

Zoom婚活に興味がある人やまったく新しいスタイルの婚活に対して不安を抱えている人は、ぜひご一読ください。

コロナの影響で婚活業界はどう変わった?

Q&Aを模った木材コロナ禍によって全国各地で外出自粛要請が出たため、ほとんどの婚活イベントが中止・延期を余儀なくされました。

そのため婚活そのものをストップした人もいますが、年齢などが理由であまりのんびりしていられないと焦る人が少なくありません。

そうしたニーズにこたえるべく、婚活業界ではZoomなどのビデオチャットツールなどを使ったオンライン婚活サービスが人気です。

婚活パーティー事業者はもちろん、婚活アプリでもビデオチャット機能の導入が進んでいます。

従来の婚活アプリでは、まずメッセージやテキストのみのチャットを通じて意気投合してからデートする流れが基本でした。

しかしビデオチャット機能があれば、外出が難しい状況でも気軽にオンラインデートを楽しめます。

Zoom婚活は、「外出できずひとりで過ごす心細さを癒せる」「直接会って話せるわけではないが、そのぶん余計な問題に気を取られず相手の本質を見極められる」として多くの婚活男女に注目されています。

また、会員登録やカウンセリングのために実店舗へ行く手間がかからないことも大きなメリットです。

暫くはオンラインでのイベント開催が主流になる?

PCとスマホコロナ禍が収束するまでは、オンラインでのイベント開催が主流になると予想されます。

直接顔を合わせないことでさまざまなメリットを得られるので、コロナ禍がおさまった後もスタンダードな婚活スタイルとして定着するかもしれません。

3密を避けた状態で婚活できる

3密(密集・密接・密閉)を避けることで、コロナウイルスだけでなくインフルエンザウイルスや風邪のウイルスなどへの感染リスクも下げられます。

自宅から出ずに婚活できるのでマスクをする必要がなく、人ごみが苦手な人もリラックスしやすいでしょう。

コストを抑えやすい

Zoom婚活は会場設営などにコストがかからないため、オフライン婚活よりも参加費が安めです。

加えて、移動の必要がないため交通費を節約できます。

また家から出ない限り靴やカバンなどが必要ないため、オフライン婚活ほど被服費がかからないでしょう。

ただし、異性によい印象を与えられるよう服装や身だしなみを整えることは大切です。

気軽に参加できる

スケジュールや体調の関係でオフライン婚活に参加しにくい場合も、Zoomを使って簡単に参加できます。

さらに遠方のイベントにも気軽に顔を出せるため、地元に戻って結婚したい人や遠方の人と結婚してもよいという人にもおすすめです。

婚活パーティーに参加していた人って今はオンライン参加している?

partyで乾杯する複数人の男女Zoom婚活のしやすさはネット環境などによって左右されますが、以下に当てはまる人は比較的スムーズにZoom婚活に移行しているようです。

  • 一人暮らし
  • 実家暮らしの場合は自室がありプライバシーをしっかり確保できる、または婚活について家族から理解を得ている
  • 以前からネット環境を活用して在宅で働いていた、またはコロナ禍をきっかけにテレワークに切り替えた
  • 遠距離恋愛などでビデオチャットを使った経験がある

オフライン婚活→Zoom婚活に切り替えた人の体験談

ここで、Zoom婚活に切り替えてよかったという人の体験談を少しご紹介します。

【周囲を気にせず、目の前の相手に集中できる】
気が合う相手とは大笑いしながら盛り上がれるし、同性のライバルに対して勝手に劣等感を抱くこともないので、普通の婚活よりも気軽に進められました。また、自宅なのである程度リラックスできるのもうれしいですね。

【相手の人となりや話のきっかけを掴みやすい】
この前のZoom婚活で話した男性の部屋にギターが立ててあったので「バンドとかやってるんですか?」と聞いたら、少しだけ弾いて見せてくれました!

話のネタを増やしたいなら、背景に趣味のものや好きなアーティストのCDジャケットなどを映り込ませるといいかもしれません。

ただ、部屋が散らかっていたり生活感がありすぎたりする人は背景を変えましょう(笑)

Zoom婚活とは?

PCを眺めて悩んでいる女性ここで、あらためてZoom婚活について説明しましょう。

ほとんどのオンライン婚活には、「Zoom」というビデオチャットツールが使用されています。

そのため、オンライン婚活そのものが「Zoom婚活」と呼ばれることもしばしばです。

ZoomとSkypeのおもな違い

Zoomは、映像と音声を使って離れた場所にいる相手とコミュニケーションできるツールです。

ビデオチャットツールとしてはSkypeも有名ですが、ZoomはSkypeにはない以下のような特徴を持っています。

  • アカウントを作らなくても利用できる
  • 一度に参加できる人数が多い(Skype…25人まで、Zoom…50人まで)
  • データ通信量が少なく、音声や画像が乱れにくい
  • URLをクリックすると自動的に起動し、通話に参加できる(自分で相手のIDを探す必要がない)
  • スマホやタブレットでも画像を共有できる(Skypeはパソコンのみ)
  • 背景を好きな画像に変えられる
  • 外見補正機能がある

実際Zoomを使ってどう婚活しているの?

PCに映る男性の画像とPCの前に座っている女性「Zoom婚活」というと、多くの人はまず「Zoomを使ったオンライン婚活パーティー」を思い浮かべるでしょう。

そのほかにも、マッチングアプリで会うことを承諾してくれた人やさまざまな事情で会うことが難しくなった人とのオンラインデートにもZoomが活用されています。

また、1対1のお見合いにZoomを活用する「Zoomお見合い」も普及しています。

一般的なお見合いではホテルのラウンジなどで待ち合わせてからお見合い会場に向かいますが、Zoomお見合いなら待ち合わせの手間を省きながら3密を避けられます。

なお、男性側には「お見合い後のお茶代を負担しなくてもよい」というメリットもあるようです。

Zoom婚活をスムーズに進めるコツ

まず、端末をすぐ充電できるよう準備を整えておきましょう。

もし通話中に端末のバッテリーがなくなってしまうと、その場で即退出となってしまいます。

Zoom婚活では全身が見えないので、そのぶん顔周りや話し方に注目されます。

Zoomの外見補正機能を使うと肌の色合いをきれいに見せることができ、印象アップにつながるでしょう。(ただし、しわやシミなどを隠すことはできません)

カメラの角度と照明の設定

カメラに映る顔がきれいに見えるよう、事前にカメラの角度や照明の明るさをチェックしておくことも大切です。

太陽光に近い昼白色の照明を使うと、美しく健康的に見せることが可能です。

暗くなりがちな電球色や青白い昼光色の照明を使っている人は、昼白色の照明に替えてみましょう。

顔色を明るく見せようとして光源でじかに顔を照らすと眩しくなってしまい、さらに顔がテカって見えることもしばしばです。

白い壁やシーツなどに光を反射させて、間接光を利用しましょう。

メイク

普段ナチュラルメイクが好きな人も、Zoom婚活では少しだけ濃いめのメイクがおすすめです。

カメラに映った顔は実物よりのっぺりした印象になりやすく、メイクが薄いとノーメイクに見えることも少なくありません。

カメラ越しの見え方をチェックするため、一度カメラの映像を見ながらメイクしてみるとよいでしょう。

自分にマッチしそうならZoom婚活を取り入れてみよう

PCを眺めている女性

一部の地域では緊急事態宣言が解除されたものの、引き続き一人ひとりが3密を避けて慎重に行動することが求められています。

こうした社会の変化に対応するため、Zoom婚活は今後ますます普及していくでしょう。

安心して婚活を進めたい人はまずZoom婚活について知り、自分に合いそうだと感じたらぜひチャレンジしてみましょう。

 

オンライン婚活パーティーを探す

合わせて読みたい!オンライン婚活初心者におすすめするノウハウ記事