婚活で連絡先交換したくない!気まずくならないスマートな断り方

婚活で連絡先交換したくない!気まずくならないスマートな断り方 婚活初心者ガイド

婚活パーティーで「連絡先交換しよう!」と言われたけど、連絡先を交換したくない時、困ってしまいますよね。
どうやって断ったらいいか考えているうちに面倒になり、うっかり教えて後悔したという失敗をしたことのある人も少なくないでしょう。
そこで今回は、連絡先交換をしたくない時、相手を傷つけることなくスマートに断ることができる方法についてご紹介します。

婚活で連絡先(ラインや電話番号)を交換しなくちゃいけない?

婚活で連絡先(ラインや電話番号)を交換しなくちゃいけない?
そもそも婚活では、異性と連絡先を交換しなくてはいけないものなのでしょうか。

無理に交換することはない

婚活で出会った人に「連絡先教えて?」といわれることは頻繁にあります。
「婚活をしている=出会いを求めている」ということですから、異性との連絡先交換は当たり前にするものと思われがち。しかし中には、連絡先交換をしたくない相手というのもいますよね。
連絡先交換は、嫌であれば無理に交換しなくて大丈夫です。
断った後「悪いことしたかな?」と後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、誰にでもいい顔をする必要は全くありません。
気まずい空気が流れても気にせず、しょうがないことだと割り切って考えましょう。

とりあえず交換もありだけど

相手からの「交換して!」攻撃に耐えきれず、しぶしぶ教えてしまう時はあるでしょう。
また、周りの人たちがみんな連絡先を交換しているのに自分だけしないわけにいかなかったなど、やむを得ない状況というのもありますよね。
とりあえず連絡先を交換しておくのはありです。
その後もしかしたらあなたが相手のことを好きになるかもしれないし、恋人関係に発展するチャンスとなるかもしれません。
しかし、そうならなければ、ただの面倒なお荷物となってしまいます。
「とりあえず交換」にはリスクが伴うということを覚えておきましょう。

交換してしまった場合に考えておくべきこと

もしもやむを得ず連絡先交換をすることになってしまったら、どうなるか考えてみましょう。
連絡先交換をすることは、今後のやり取りに合意したということ。交換すると、当然のごとくやり取りが始まります。相手からの連絡をそのまま放置しておくわけにはいきませんよね。仕方なく返信することになった時、毎回のように「またかぁ」と気が重くなるでしょう。
「自分からは連絡しない」と決めていても、相手からどんどんメッセージが来る場合もあります。うやむやにしているとしまいに断るタイミングを失い、どんどん自分の首を絞めていくことになってしまいます。

気まずくならない連絡先交換の断り方は?

気まずくならない連絡先交換の断り方は?
連絡先交換を断る時は、少なからず申し訳なさが頭をよぎるもの。できれば、相手を傷つけず、スマートに断りたいですよね。
できるだけ気まずくならないように断るにはどうしたらいいか、上手な断り方をご紹介します。

1.「LINEが苦手」と言って断る

「LINEでのやり取りが苦手で…」と、交換したくないオーラを出しましょう。
スマホをよく使う人でも、メッセージのやり取りが苦手だという人は意外に多くいます。
ですから、それほど不自然に思われることなく、遠回しに断ることができます。

2.「グループLINEにしませんか?」とやんわり断る

個人間でLINEを交換するのではなく、「グループで交換しましょう!」と言ってみましょう。
これであれば、「連絡先を交換したい」という相手の気持ちをきちんと受け入れながら、それとなく逃げることができ、どちらも心苦しい思いをすることがありません。
また、勘のいい相手であれば、こちらの気持ちをなんとなく察してもらうこともできます。

3.「忙しくてスマホを見る暇がない」と断る

仕事中は誰でも、なかなかスマホをチェックする暇がありませんよね。
仕事場に個人のスマホの持ち込みを禁止されている職場もあるため、「忙しくて見られない」というのは、よくあること。断り文句としても不自然ではありません。
「なかなかチェックできないし、返せないと申し訳ないから」と下手に出ると嫌味なく断ることができます。

4.「会社で禁止されている」と断る

「会社で他人との連絡先交換が禁止されている」というのは、なさそうでありそうな絶妙なシチュエーション。
たいていの人は、たとえ腑に落ちなくても「あ、そうなんだ」と受け入れてくれるでしょう。
中には、「何の仕事しているの?」と聞いてくる人もいると思いますが、「それも言えないいんです」と徹底的にとぼけるのが◎。余計なことは言わず、ひたすら黙っておくといいですよ。

5.「他に気になっている人がいる」と断る

「他に気になっている人がいるんです」という断り文句は、一発で効きます。これを聞けば相手はすぐに引き下がるでしょう。
「さっき他の人と連絡先交換したのでやめておきます」というのもおすすめ。相手に先約がいるとわかれば、しょうがないなとあっさりあきらめてくれるでしょう。

6.とりあえず交換してフェードアウトする

断り切れなかった場合は、とりあえず連絡先を交換してしまいましょう。
ただし前述のように、とりあえず交換する場合にはリスクも伴うことを忘れないでくださいね。
相手からの連絡に何度か返信し、最後に「また今度連絡しますね」と自分から連絡することにして、うまくフェードアウトしましょう。

7.「嫌です~!」と冗談っぽく断る

「連絡先教えて?」と言われたら、「え~、嫌です~(笑)」と、冗談っぽく本音を伝える方法です。
ポイントは、満面の笑みで言うこと。こうすることで、ストレートな発言もいくぶん和らいで聞こえます。
「誰にも教えない主義なんです!」とか「有料ですよ?」など、うまくはぐらかすような言葉でもOK。相手も笑って「えー、そうなんだぁ」と察してくれれば、大成功です。

8.「次に会ってから交換したい」と先延ばしにする

「いいな」とは思っていても、いきなり個人的にやり取りをするのは抵抗があるという人は、次に会う時まで交換することを先延ばしにするのもありです。
ただ、婚活パーティーで次回のデート日時を決めなければならず、デートまで連絡が取れないというアナログ感はデメリット。
とはいえ、相手を知ってから連絡先を交換できる安心感は大きなメリットです。

【番外編】連絡先を「もらった場合」はどうする?

「よかったら連絡して」と相手から連絡先をもらった場合は、そのまま「ありがとうございます」と受け取りましょう。
連絡先を交換したくないなら、その後相手に連絡しなくてOKです。
婚活パーティーで出会った相手は、その後に連絡を取らなければその場限りの関係なので、そこで切れてしまえば後腐れはありません。

こんな断り方はNG!

こんな断り方はNG!
連絡先交換をしたくない人とは、ハッキリ断って大丈夫です。しかし、相手を傷つけたり失礼だったりする断り方は、大人としてよくありません。
ここでは、NGな断り方についてご紹介します。

真顔で「無理です」

これは、言わずもがなですね。
本当の気持ちをあまりにもストレートに態度に表すのは大人げないのでやめましょう。

明らかな嘘

「明日海外に引っ越すからもう連絡をとれない」など、明らかに嘘とわかる理由で断るのはかって相手を傷つけます。
最近は、SNSなどで行動がばれてしまうことも多いので、そうなった時にあなたの人間性も疑われてしまいます。

交換直後にいきなりブロック

相手からの申し出を断り切れず、仕方なく連絡先交換をしてしまった時でも、その直後にブロックをするのは失礼なのでやめましょう。
交換をしたなら数回はやり取りを交わし、そのあとうまくフェードアウトするか、勇気を出して丁寧に断りましょう。

連絡先交換したくないなら無理せず断ろう!

婚活で連絡先交換はよく行われますが、誰とでもむやみに交換すればいいというものではありません。
交換したい人、交換したくない人を自分の中で選別し、本当に「いい」と思った人とだけ交換する方が、効率よく有意義な婚活をすることができます。
断る時には、相手の気持ちを考え、なるべくスマートに伝えることが大切。
口下手でうまく断る自信がないという人は、本当の気持ちを丁寧に伝え、誠実な姿勢を見せましょう。言葉が足りなくても、態度で相手が汲み取ってくれるはずです。
ぜひ参考にして、素敵な出会いに役立ててくださいね。
婚活で連絡先交換したくない!気まずくならないスマートな断り方

都道府県から婚活パーティーを探す 都道府県から婚活パーティーを探す お住まいの都道府県を選択してください
  • お住まいの都道府県を選択してください

婚活パーティー・街コンの前に知っておきたい情報はこちらをチェック!

【オンライン婚活】オミカレLive体験談
街コンの参加理由や注意点
婚活パーティーの選び方
【婚活パーティー】エクシオ体験談
婚活パーティーサイトが怪しい理由
婚活パーティーのトラブルと回避方法

タイトルとURLをコピーしました