医者との出会いは医者限定の婚活パーティーがおすすめ!

婚活のコツ

医者といえば高学歴、高収入、そして社会的信用もあることで人気の職業です。
もちろん婚活市場でも大変人気が高く、「医者と結婚したい」と考えている女性がたくさんいらっしゃいます。

そんな方にオススメしたいのが、「医者限定」の婚活パーティーです。
医者限定の婚活パーティーであれば、結婚を見据えた医者との出会いが期待できるでしょう。

医者とはどこで出会える?

医者とはどこで出会える
医者との結婚を考えるなら、まず医者と出会う必要があります。
医者と出会うためには、どんな方法があるでしょうか。

医療関係の仕事に就いて出会う

もっとも出会いやすい方法といえば、医者と同じ医療機関で働くことでしょう。医者の多くは病院で働いています。

普通のサラリーマンが仕事関係で出会った人と結婚するパターンが多いように、医者も病院で出会った人と結婚する場合があります。

つまり自分も医者になれば、医者と出会える確率が高まります。
とはいえ、医者になるのはハードルが高いので、医療事務といった病院で勤務する職業を目指しましょう。

こういった資格は身につけておいて損はないので、本気で医者との結婚を考えているのであれば目指してみるというのも選択肢としてありでしょう。
医療とは関係なくても、受付や職員用食堂、清掃といった病院内の施設で働くことでも医者との出会いが期待できます。

マッチングアプリを使う

マッチングアプリには、登録している異性の中から自分の条件に合う人を検索することができます。

職業も検索することができるので、マッチングアプリで「医者」と検索すれば、医者と出会える可能性があります。
ただしマッチングアプリや出会い系サイトでは、プロフィールに嘘の情報を記載して女性と出会おうとする危険な人物が潜んでいることもあります。

マッチングアプリで検索すると、プロフィールに医者と記載している人がたくさんいますが、そのうち何人が本物の医者かはわかりません。

冷静に考えれば、社会的ステータスもあり、女性に人気の職業の医者がマッチングアプリにこんなにもいるはずがないことがわかるはずです。

もちろん中には純粋に出会いを求めている医者もいますが、マッチングアプリで医者との出会いを探す場合には相手を見極める力が必要になります。

結婚相談所に入会して探す

マッチングアプリのように身元が不明な人がおらず、安心して利用できるのが結婚相談所です。

結婚相談所の多くは、入会前に身分の証明が必要なので、ここで出会う医者は本物の医者です。

中には、医者との出会いに特化した結婚相談所もあります。
ただし、結婚相談所を利用するためには、高額の費用がかかります。

普通の結婚相談所でも入会して利用するまでに20〜30万円ほどかかってしまい、そこからさらにコンサルタント料、紹介料などがかかってくるケースもあり、婚約が成立した場合には成婚料が必要です。

婚活パーティーで医者と出会う

結婚相談所ほど費用を用意できないという場合には、婚活パーティーに参加して見ましょう。
医者限定の婚活パーティーも多数あるので、この方法であれば気軽に医者と出会うことができます。

参加する際は、その婚活パーティーが「本当に医者限定なのか」「医者であることを主催者側が確認しているのか」という点をチェックしましょう。
「医者限定」と書かれていても、開催概要を細かく読んでいくと「医者 or それに準ずる職業」といった風に、医者以外が参加できる場合もあります。

概要を確認し、不安な点がある場合は主催者に確認しましょう。
なお、医者限定の婚活パーティーの参加費用は、参加資格のない一般的な婚活パーティーに比べると少し割高になっています。

一般的な婚活パーティーの参加費用は2000円〜5000円が相場ですが、医者限定の婚活パーティーでは1万円以上することも。
男性よりも女性の参加費用の方が高くなっていることもあります。

とはいっても結婚相談所よりは費用がかかりませんし、婚活パーティーであれば気軽に参加することができます。

医者と結婚するための心構え

医者_結婚
婚活パーティーで実際に医者と出会うことができたら、次は結婚に向けてのお付き合いがスタートします。
ただし医者と幸せな結婚をするまでには、いくつか注意したいポイントがあります。

医者は忙しい

開業医なのか勤務医なのかなど、勤め先にもよりますが、基本的に医者は忙しい仕事です。
夜勤があることもありますし、緊急の場合には休日でも呼び出しがあります。

しかもその仕事は人の命に関わることですから、プレッシャーも大きく、精神的にも大変です。
医者とお付き合いする場合には、このことをしっかりわきまえておかなければなりません。

婚活パーティーで出会った後にはLINEなどで連絡を取りあい、デートを重ねていきますが、なかなか予定が決まらないこともあるでしょう。
お付き合いをすることになっても、休みの日に会えないということもあるはずです。

こういったときに自分が会いたいからといって、わがままを言ってしまうようであれば、医者との結婚は向いていないかもしれません。

相手のことを尊重し、寛容な心で見守りましょう。

高学歴ゆえの考え方の違い

医者になるためにはかなりの勉強が必要です。
医者として成功している方の多くは学生時代、学校行事や部活よりも学業を優先し、勉強一筋で頑張ってきたはずです。

このため学生時代に女性とお付き合いした経験がない場合も、医者になってから急激に女性にモテて困ってしまうといったケースもあるようです。
同じ医者同士や、難関の国家資格を持って働いている女性であれば、この気持ちもわかるかもしれませんが一般的な生活を送ってきた女性にはなかなか理解できないこともあるはずです。

これまでお付き合いしてきた男性のようにデートでスムーズなエスコートができなかったり、流行のお店や話題に疎いといったことも、これが女性にとってはつまらないと感じてしまうことがあります。

「普通の男性ならこうしてくれる」といったように、人と比べないようにしましょう。
女性の方からデートプランを提案するなど、「一緒にいて楽しい」と思わせられるようになりましょう。

金銭感覚へのギャップ

医者は高収入の職業です。
そのため一般的なお仕事をしている女性にとっては、金銭感覚に違いを感じてしまうことがあります。

もちろんその人自身の収入なので口を出すことではありませんが、結婚するのであれば金銭感覚は近しい人がベストです。
同じ環境にいて幸せだと思えるか、同じものを食べて美味しいと思えるかは、結婚において非常に大事なことです。

しかも、医者になるためには高額の学費が必要ですし、塾や予備校といった勉強にも高額の費用がかかります。
ですから親も医者、祖父も医者、といったように代々医者の家系であることも多いでしょう。

この生まれつきの金銭感覚はなかなか変えられないので、一般的な家庭で育ってきた女性にとっては、その価値観が苦痛になってしまうことがあります。
結婚してからではお互いしんどくなってしまうので、お付き合いする段階でしっかりお金の使い方については話しておくことをオススメします。

まとめ

高学歴で高収入、社会的信用もバッチリの医者という職業は、婚活市場でもトップを争う人気の職業です。
そんな医者と結婚したいと考えているのであれば、まずは医者限定の婚活パーティーに参加してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました